Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

相互運用するように VXLAN およびレイヤー 3 論理インターフェイスを構成する方法の理解

メモ:

このトピックで説明するユースケースと追加設定は、QFX5110スイッチにのみ適用されます。

図1(前)に示すEVPN-VXLANネットワークセグメント例では、ホストAとBがトラフィックを交換する必要があります。ホスト A がホスト B にパケットを送信する場合、またはその逆の場合、パケットは次のネットワーク エンティティを通過する必要があります。

  • QFX5110スイッチ上:または set interfaces interface-name unit logical-unit-number family inet address ip-address/prefix-length set interfaces interface-name unit logical-unit-number family inet6 address ipv6-address/prefix-length コマンドを使用して構成された純粋なレイヤー3論理インターフェイス。

  • QFX5110 スイッチとQFX10002スイッチ間の VXLAN トンネル。

  • QFX10002スイッチ上:最初の箇条書きで説明したように構成された純粋なレイヤー3論理インターフェイス。

図 1:VXLAN とレイヤー 3 論理インターフェイス間のルーティング トラフィックが無効(変更前)および有効(変更後) Results When Routing Traffic Between a VXLAN and a Layer 3 Logical Interface Is Disabled (Before) and Enabled (After)の場合の結果

デフォルトでは、VXLAN とレイヤー 3 論理インターフェイス間のトラフィックのルーティングは無効になっています。この機能を無効にすると、QFX5110 スイッチ上の純粋なレイヤー 3 論理インターフェイスは、ホスト A からのレイヤー 3 トラフィックと、QFX10002 スイッチからの VXLAN カプセル化トラフィックをドロップします。QFX5110スイッチ上の純粋なレイヤー3論理インターフェイスがこのトラフィックをドロップしないようにするには、スイッチで追加の設定を実行します。

QFX5110スイッチの追加設定では、物理インターフェイスに次の処理が伴います(図1 (変更後))。

  • 純粋なレイヤー 3 論理インターフェイスをレイヤー 2 論理インターフェイスとして再設定し、このインターフェイスをダミー VLAN およびダミー VXLAN ネットワーク識別子(VNI)に関連付けます。

  • ダミー VLAN 内でレイヤー 3 機能を提供する IRB インターフェイスを作成する。

例えば:

元の純粋なレイヤー 3 論理インターフェイスの代わりに、新しく作成されたレイヤー 2 - レイヤー 3 論理インターフェイスで、ホスト A からのレイヤー 3 トラフィックと QFX10002 スイッチからの VXLAN カプセル化トラフィックを処理できるようになりました。