Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

EVPN用VLANサービスの概要

データ センター センター ネットワークサービス プロバイダ一般的な物理ネットワーク上で複数の顧客のデータ センターをホストします。各顧客(テナントとも呼ばれる)では、サービスは、4,094 の VLAN とすべてのプライベート サブネットに拡張できる本格的なデータ センターのように見えます。DCSP は、災害復旧、高可用性、リソース利用の最適化を実現するために、データ センターをまたがって複数のサイトに広がるのが一般的です。データ センター サービスを導入する際、DCSP は以下の主な課題に直面します。

  • レイヤー 2 ドメインを複数のデータ センター サイトに拡張する。これには最適なサブネット内トラフィック転送が必要です。

  • 仮想マシン(VM)が発生した場合の、最適なサブネット間トラフィック転送と最適なルーティングをサポートします。

  • 独立したVLANおよびサブネットスペースを持つ複数のテナントをサポートします。

DCSP では、1 つの EVPN インスタンス(EVI)を備えた WAN 上でイーサネット VLAN サービスを拡張する必要がある場合があります。Junos OS、VLAN ベースのサービス、VLAN バンドル サービス、VLAN 対応バンドル サービスをサポートすると同時に、データとサービスの分離コントロール プレーンします。以下の図は、VLAN と EV の関係を示しています。

  • 図 1は、VLAN ID と EVI の間に 1 対 1 のマッピングを行う VLAN ベースのサービスを示しています。

  • 図 2 は、単一のブリッジ ドメイン内の多数の VLAN ID に 1 つの EVI をマッピングできる VLAN バンドル サービスを示しています。ブリッジ テーブルは VLAN 間で共有されます。

  • 図 3 は、1 つの EVI を多数の VLAN ID にマッピングできる、VLAN 対応バンドル サービスにおける VLAN と EVIS の関係を示しています。各 VLAN には異なるブリッジ テーブルがあります。

図 1:VLANベースのサービス VLAN-Based Service
図 2:VLANバンドル サービス VLAN Bundle Service
図 3:VLAN対応バンドル サービス VLAN-Aware Bundle Service