Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

EVPN-MPLSカプセル化を使用したEVPNタイプ5ルートMPLS

EVPN は柔軟なソリューションで、レイヤー 2 オーバーレイを使用してデータ センター内の複数のエッジ(仮想マシン)を相互接続します。従来、データセンターはフラットなレイヤー2ネットワークとして構築され、フラッディング、冗長化やプロビジョニングの制限、学習した多くのMACアドレスの数といった問題が発生し、ノード障害が発生します。EVPNは、フラットなMAC接続を妨げることなく、これらの問題に対処するように設計されています。

MPLSにより、Junos オペレーティング システム(Junos OS)が提供する MPLS 機能(高速再ルート、ノードとリンクの保護、スタンバイ セカンダリ パスなど)を活用できます。

Junos OSリリース17.1から、EVPN/MPLSを使用してメトロサービスアプリケーションでEVPN Type 5ルートを介した相互接続をサポートするには、VXLANトンネルの代わりにMPLSトンネルが必要です。

メモ:

オーバーレイのネクスト ホップを使用しない、純粋なタイプ 5 に基づいた L3VPN 転送はサポートされています。

そのコントロール プレーンEVPN Type 5を使用して、メトロピアリングポイント間のサブネット間接続のIPプレフィックスをアドバタイズします。EVPN タイプ 5 プレフィックス ルートが提供する接続を通じてエンド ホストに到達するには、データ パケットはメトロ ピアリング ポイントをまたがって MPLS にカプセル化された IP パケットとして送信されます。