Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ソフトウェアを以前のバージョンにロール バック

まとめJunos OS Evolvedは、ソフトウェアと設定ファイルの複数のバージョンを、RE(プライマリソリッドステートドライブ)上にルーティング エンジンしています。動作モード コマンドを発行 request system software add する度に、前のソフトウェア イメージと設定が自動的に保持されます。最後に実行されるソフトウェア イメージと対応する設定ファイルは、デフォルト ロールバック イメージです。古い画像と、古いイメージが実行された現在の設定も保持されます。

デフォルトで保持されたロールバック イメージと設定を使用して、現在のイメージと同じディスク上の以前のイメージに戻します。

アップグレードまたはロール バック後に、ソフトウェアが現在の設定を使用できない場合でも、多くの場合、現在の管理インターフェイスの設定を使用して RE に到達できます。管理インターフェイスが表示されない場合は、コンソールを使用してデバイスに接続し、ソフトウェアと設定をロール バックします。

アップグレード後、初期起動時にインストールが失敗すると、REはスナップショットが保存されているセカンダリSSDからの起動に自動的に戻します。その後、セカンダリSSDに保存されているスナップショットを使用して、REを再起動できます。その後、特にスナップショット バージョンが最新バージョンのソフトウェアおよび設定ではない場合は、ソフトウェア バージョンをロール バックできます。

デュアル RE デバイスの場合、動作モード コマンドは両方の RE をロールバック request system rollback ソフトウェア バージョンに戻します。すべてのデバイスで、 コマンドは、同様にFPC上のソフトウェアバージョンをロール バックします。

  • ロールバックに使用できるソフトウェア イメージを確認するには、 動作モード コマンド show system software list を使用します。
  • 現在の設定(スナップショット設定)を持つ任意のイメージにロール バックするには、動作モード request system software rollback package-name コマンドを使用します。
  • ソフトウェアが最後に実行された時の対応する設定を使用して、最後に実行中のイメージにロール バックするには、 request system software rollback with-old-snapshot-config operational mode コマンドを使用します。
  • 任意のイメージとその対応する設定にロール バックするには、 動作モード request system software rollback package-name with-old-snaphot-config コマンドを使用します。