Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

source-threshold

構文

階層レベル

説明

デバイスがソースからの接続要求をドロップし始める前に、デバイスが単一の送信元IPアドレス(宛先IPアドレスとポート番号に関係なく)から1秒あたりに受信できるSYセグメントの数を指定します。

オプション

number —デバイスが接続リクエストのドロップを開始する前に、1 秒あたりに受信する SYN セグメント数。

  • 範囲 :4~500,000/秒

  • デフォルト :4,000/秒

メモ:

一SRX シリーズデバイスの場合、該当する範囲は 4~1,000,000/秒です。

必須の権限レベル

セキュリティ — このステートメントを設定で表示するには。

security-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

Junos OS 9.2 で変更されたステートメント。