Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

IEEE 802.1ad 分類子の構成と適用

IEEE 802.1 分類子を論理インターフェイスに適用すると、この分類子が優先され、他の分類子タイプと互換性がありません。ジュニパーネットワークス MX シリーズ 5G ユニバーサル ルーティング プラットフォーム インターフェイス、または IEEE 802.1ad フレーム 形式または EX シリーズ スイッチを備えた IQ2 PIC の場合、3 つの IEEE 802.1p ビット(内部仮想 LAN(VLAN)タグまたは外部 VLAN タグの 3 ビット)とドロップ適格インジケータ(PIC)ビットに基づいて、トラフィックの転送クラスと損失優先度を設定できます。デフォルト マップを適用することも、1 つ以上のデフォルト値をカスタマイズすることもできます。

次に、IEEE 802.1ad フレーム形式を設定するインターフェイスに分類子を適用します。

次の例では、設定階層のさまざまなレベルに移動する必要があります。その方法の詳細については、『CLI ユーザー ガイド』の「設定モードでの CLI エディターの使用」を参照してください。

  1. カスタム IEEE 802.1ad マップを定義します
    1. 分類子を作成するには、名前を指定し、IEEE-802.1ad(EIS)分類子として定義します。

    2. 転送クラスと損失の優先度をコード ポイント エイリアスに割り当てます。

  2. 分類子を論理インターフェイスに適用します。
    1. 分類子を適用するインターフェイスを指定します。

    2. インターフェイスに適用する分類子の名前を指定します。

  3. カスタム IEEE 802.1ad マップ設定を検証します