Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

例:アグリゲート インターフェイスでの CoS の設定

この例では、CoS スケジューラ パラメータをアグリゲート インターフェイスに設定して適用する方法を示しています。

絶対レートへのスケーリング計算式の適用

メンバー リンク インターフェイスの合計速度が 100 Mbps(使用可能な帯域幅が 100 Mbps)の場合は、次のようにキューを設定します。

アグリゲート インターフェイスの合計設定送信レートは 10m ++ 20m + 80m 30m = 140 Mbps で、送信レートは 40% 過剰に設定されています。そのため、ソフトウェアは、次のように、使用可能な帯域幅の 100 Mbps に合わせて設定をスケール ダウンします。

パーセントと絶対レートの混合にスケーリング計算式を適用

パーセントと絶対レートの以下の混合を設定します。

300 Mbps の使用可能な帯域幅を想定すると、設定された割合は次の絶対レートと相関します。

ソフトウェアは、帯域幅の割り当てを次のように拡張します。

アグリゲート イーサネット インターフェイスの設定

次のスケジューラ マップを使用してアグリゲート イーサネット インターフェイスを設定します。

この場合、メンバー リンク スケジューラ マップの送信レートは次のようになります。

  • be—7%

  • af—14%

  • ef—57%

  • nc—21%

アグリゲートにファスト イーサネット インターフェイスを追加すると、集約帯域幅は 200 Mbps になり、メンバー リンク スケジューラ マップの伝送レートは次のようになります。

  • be—10%

  • af—20%

  • ef—40%

  • nc—30%