Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ACX シリーズ ルーターのストーム制御の概要

メッセージがネットワーク上でブロードキャストされ、各メッセージが受信ノードに対して、ネットワーク上で独自のメッセージをブロードキャストして応答するよう求めるプロンプトが表示されると、トラフィック ストームが生成されます。さらに応答を求めるプロンプトが表示され、スノーボール効果が生まれます。LANは突然パケットであふれ、不要なトラフィックが発生し、ネットワークパフォーマンスが低下したり、ネットワークサービスが完全に失われることさえあります。ストーム制御により、ルーターはトラフィック レベルを監視し、設定された制限を超えるとブロードキャスト、不明なユニキャスト、マルチキャスト(BUM)パケットをドロップできます。

ストーム制御は、次のトラフィック タイプに適用されます。

  • レイヤー 2 ブロードキャスト パケット

  • レイヤー 2 マルチキャスト パケット

  • レイヤー 2 未登録マルチキャスト パケット

  • レイヤー 2 登録済みマルチキャスト パケット

  • レイヤー 2 不明なユニキャスト パケット

ACXシリーズルーターのストーム制御機能は、他のジュニパーネットワークスルーターと比較して若干異なります。ACX シリーズ ルーターでは、ストーム制御は物理インターフェイス レベルでのみ適用可能です。ACX シリーズ ルーターにトラフィック ストームが発生しても、イベントはログに記録されません。また、インターフェイスはどのデフォルト プロファイルにもバインドされません。デフォルトのアクションは、設定された帯域幅を超えるパケットをドロップすることです。

ストーム制御の構成は、2 つのステップで行われます。最初のステップは、ストーム制御プロファイルを作成することです。ACX シリーズ ルーターでストーム制御プロファイルを作成するには、次の設定を使用します。

ストーム制御の設定の 2 番目のステップは、プロファイルを物理インターフェイスにバインドすることです。次の設定は、ストーム制御プロファイルをバインドする方法を示しています。