Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

階層型スケジューリングにおける優先度の伝搬

優先度の伝搬は、拡張キューイングDPC、MIC、MPC上のMXシリーズルーター出力インターフェイス、およびIQ2E PIC上のMシリーズおよびTシリーズルーター出力インターフェイスに対して実行されます。たとえば、ある顧客の音声トラフィックが他の顧客のデータ トラフィックによって損なわれるのをしないようにする場合など、混合トラフィック環境では優先度の伝搬が便利です。ノードとキューは、優先度の順に処理されます。キューのデフォルトの優先度は低く、ステートメントを階層レベルに含 priority めて明示的にキューの優先度を [edit class-of-service schedulers scheduler-name] 設定できます。

すべての階層型スケジューリング要素の優先度を直接設定することはできません。たとえば、内部ノードの優先度は次のように決定されます。

  • アクティブな子の最も高い優先度は、現在トラフィックを含む子です。(インターフェイス セットは、アクティブな子の優先度が最も高い場合にのみ設定されます)。

  • ノードが設定されたCIR(保証レート)を上回っているかどうかにかかわらず(これは物理インターフェイスがCIRモードの場合にのみ関連します)。

各キューには、設定された優先度とハードウェアの優先度があります。設定済みの優先度とハードウェア優先度の通常のマッピングを 表1に示します。

表 1:キューの優先度

設定済み優先度

ハードウェアの優先度

厳しい

0

0

中高

1

中低

1

2

MPC には、 および の CLI 優先度excess-priority highexcess-priority medium-highexcess-priority medium-lowexcess-priority lowも設定可能です。これらの優先度は、保証レートを上回る場合にのみ有効です。

CIRモードでは、各内部ノードの優先度は、最も高いアクティブな子ノードが保証レートを上回っているか下回っているかによって異なります。最も高いアクティブな子の優先度と、保証レート以下のハードウェア優先度との間のマッピングを 表 2 に示します。

表 2:CIR モードの内部ノード キューの優先度

最大アクティブ子ノードの設定済み優先度

ハードウェアの優先度が保証レートを下回る

ハードウェアの優先度が保証レートを上回る

厳しい

0

0

0

3

中高

1

3

中低

1

3

2

3

優先度超過高*

N/A

3

優先度超過中高*

N/A

3

優先度超過中低*

N/A

4

優先度を超える低*

N/A

4

* MPC のみ

PIR のみのモードでは、ノードが設定されたシェーピング レートを上回っている場合、ノードは送信できません。設定済みの優先度とハードウェアの優先度の間のマッピングは、PIR のみのモードを 表 3 に示しています。

表 3:PIR 専用モードの内部ノード キューの優先度

設定済み優先度

ハードウェアの優先度

厳しい

0

0

中高

1

中低

1

2

階層型スケジューラを設定した物理インターフェイスを 図 1 に示します。設定済みの優先度は、図の上部にある各キューに対して示されています。各ノードのハードウェア優先度を括弧で囲んで示します。各ノードは、設定済みのPIR(シェーピングレート)またはCIR(保証レート)、およびキューがCIRを上回っているか下回っているかも示します。ノードは、CIR(クリア)の上、CIR(ダーク)の下、またはCIRが重要ではない状態(灰色)の3つの状態のいずれかで表示されます。

図 1:階層型スケジューラと優先度 Hierarchical Schedulers and Priorities

この図では、顧客VLAN 0(cvlan 0)のストリクトハイキューは、顧客VLANが設定されたCIRを上回っていても、最初にサービスを受信します(理由は 表2 を参照してください:絶対高は常にCIR状態に関係なくハードウェア優先度0を持ちます)。そのキューがドレインされ、ノードの優先度が0ではなく3になりました(厳密に高いトラフィックがないため)、システムは次の中程度のキュー(cvlan 1とcvlan 3)に移動し、ラウンドロビン方式でドレインします(空のキューはハードウェアの優先度を失います)。cvlan 4(優先度 2)の低いキューは、そのモードが CIR を下回るため、次に送信されます。次に、cvlan 0とcvlan2の高いキュー(どちらも優先3)がラウンドロビン方式でドレインされ、最後にcvlan 0の低いキューが排出されます(svlan 0の優先度3のおかげで)。