Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

アグリゲート インターフェイスのスケジューラについて

サービス クラス(CoS)設定をアグリゲート イーサネットおよび集約 SONET/SDH インターフェイスに適用できます。CoS 設定は、集約インターフェイスに含まれるすべてのメンバー リンクに適用されます。個々のメンバー リンクに異なる CoS 設定を適用することはできません。

ギガビット イーサネットIQ2 PICから発生するインターフェイスを使用するアグリゲート イーサネット インターフェイスのシェーピングを設定できます。ただし、同じバンドル内でIQ(インテリジェントキューイング)とIQ2(インテリジェントキューイング2)PICのポートが混在している場合、アグリゲート イーサネット インターフェイスでシェーピングを有効にすることはできません。

IQまたはIQ2 PIC上のメンバーインターフェイスを備えたアグリゲートイーサネットインターフェイスで、シェーピングレートと保証レートを設定することはできません。コミットは失敗します。これらのステートメントは、メンバー インターフェイスが拡張キューイング DPC ギガビット イーサネット インターフェイスである場合にのみ許可されます。

アグリゲート インターフェイスのメンバー リンクのキュー統計の合計を表示するには、コマンドを show interfaces queue 発行します。各メンバー・リンクのキュー統計を表示するには、コマンドを show interfaces queue aggregated-interface-name 発行します。