Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

EVPN VXLAN の CoS サポート

VXLANインターフェイスでCoS(サービスクラス)機能を設定できます。異なるテナントからのVXLANトラフィックは、同じ物理アンダーレイネットワーク上でネットワーク境界を通過します。VXLAN内のすべてのテナントでトラフィックを公平に処理し、優先度の高いトラフィックに優先度を設定するには、VXLANインターフェイスにCoS機能を適用します。

VXLANインターフェイスのCoSについて

このセクションでは、VXLAN インスタンスのパケットに分類および書き換えルールを適用する方法について説明します。 図1は、 2つのリーフノードと1つのスパインノードを備えたシンプルなVXLANを示しています。

図 1:VXLAN の分類子と書き換えルール Classifiers and Rewrite Rules on VXLANs

VXLAN の DSCP/ToS フィールドを使用したパケット フローについて理解するには 、図 1 を参照してください。

  1. CE 1 は、リーフ 1 ノードにプログラムされたレイヤー 3 DSCP/ToS ビットを持つパケットを送信します。

  2. リーフ1は元のパケットを受信し、元のパケットの上にVXLANヘッダーを追加します。外側の VXLAN レイヤー 3 ヘッダーは、元のパケット DSCP/Tos ビットを使用します。元のパケット DSCP/802.1p ビットに基づいて分類子を作成できます。イングレスリーフのイングレスインターフェイスは、DSCPと802.1p分類子をサポートしています。

  3. リーフ1で書き換えが設定されている場合、内部ヘッダーはCE 1でDSCP/802.1pビットを設定し、外側ヘッダーは書き換えビットを持つことになります。DSCP 書き換えルールのみがサポートされます。

  4. スパインノードはVXLANパケットを受信し、これらのDSCPビットを使用してイングレス分類を使用し、適切な転送クラスを使用してパケットをエグレスインターフェイスに転送できます。

  5. スパインエグレスインターフェイスは、ルールの書き換えを使用してこれらのビットを書き換えることができます。これらのスパイン書き換えルールは、外側のレイヤー3 DSCPフィールドにのみ影響します。内部/元のパケットは、CE 1 によって設定された DSCP/802.1p ビットを保持します。

  6. リーフ2はパケットを受信し、トンネル終端を処理し、外側のVXLANヘッダーを削除します。

  7. リーフ2の分類と書き換え機能は、内部ヘッダーで機能します。

  8. 元のパケットは CE 2 に到着します。

メモ:

リーフ ノードでは、パケットがマルチキャストの場合、分類を使用 multi-destination して適切なマルチキャスト分類とルールの書き換えを作成できます。

VXLAN インターフェイスでの CoS の設定

このセクションでは、 図1 を参照として、VXLANのリーフおよびスパインノードの分類子と書き換えルールの設定例を示します。各ノードの分類子に対して、通常のスケジューラを作成できます。

リーフ1の分類子と書き換えルールの設定例。

  1. の DSCP/ToS ビットに基づいて分類子を作成します
  2. イングレスインターフェイスにクラスを適用します。
  3. 外部 VXLAN DSCP/ToS ビットの書き換えルールを作成します
  4. エグレスインターフェイスに書き換えルールを適用します。

スパインの分類子と書き換えルールの設定例。

  1. 外側の VXLAN DSCP/ToS ビットに基づいて分類子を作成します。

  2. イングレスインターフェイスにクラスを適用します。

  3. 外部 VXLAN DSCP/ToS ビットの書き換えルールを作成します。

  4. エグレスインターフェイスに書き換えルールを適用します。

リーフ2の分類子と書き換えルールの設定例。

  1. 転送クラスが適用される前に、VXLAN ヘッダーがトンネルの終端で削除されるため、 の DSCP/ToS ビットに基づいて分類子を作成します。

  2. イングレスインターフェイスにクラスを適用します。

  3. の DSCP/ToS ビットの書き換えルールを作成します。

  4. エグレスインターフェイスに書き換えルールを適用します。

インターフェイスの1つでCoS設定を確認するには:

インターフェイスの1つでキュー統計を確認するには、

VXLAN インターフェイスでの CoS の実装(Junos OS Evolved)

EVPN VXLAN トラフィックの CoS は、分類子、スケジューラ、書き換えルールの組み合わせを使用してサポートされています。このセクションでは、EVPN VXLAN トラフィックに CoS を適用するために、Junos OS Evolved実行しているデバイス上のさまざまなノードにこれらのコンポーネントを実装する方法について説明します。

  • UNI(ユーザー ネットワーク インターフェイス)/イングレス PE での分類 — IEEE 802.1p および DSCP(差別化サービス コード ポイント)に基づくトラフィック分類は、EVPN VXLAN トンネルが開始されるイングレス PE でサポートされています。BA と MF の分類子は、エンタープライズ スタイル(EP)またはサービス プロバイダ(SP)スタイルのアクセス インターフェイスに適用できます。
  • ネットワークノードインターフェイス(NNI)/Egress PEでの分類 — IEEE 802.1pおよびDSCP(差別化サービスコードポイント)に基づくトラフィック分類は、EVPN VXLANトンネルが終了するエグレスPEでサポートされています。BA 分類子は、基盤となる論理インターフェイスまたはユニットに適用できます。MF 分類子はトンネル終端ではサポートされていません。
  • NNIでの書き換え — VXLANトンネルのカプセル化後、外部/トンネルヘッダーの書き換えは、基礎となる論理インターフェイスまたはユニットの書き換えルールを使用して設定されます。設定された書き換えルールに基づいて、VXLANトラフィックはスパイン/ネットワークに分類されます。

    VXLANパケットの外側/トンネルヘッダーでのDSCP書き換えは、NNIインターフェイスでサポートされています。

    書き換えルールは、以下のEVPN VXLANシナリオでサポートされています。
    • VNI 内 L2 ゲートウェイ — 書き換えルールは、ユニキャストとブロードキャスト、不明なユニキャスト、マルチキャスト(BUM)トラフィックの両方に適用されます。
    • VNI 間 L3 ゲートウェイ — 中央ルーティングされたブリッジング(CRB)とエッジルーテッド ブリッジング(ERB)。
    • EVPN タイプ 5 ルート。
  • UNIでの書き換え — VXLANトンネルの終了後、内部ヘッダーの書き換えは、エンタープライズスタイル(EP)またはサービスプロバイダ(SP)スタイルのアクセスインターフェイスで書き換えルールを使用して設定されます。設定された書き換えルールに基づいて、カプセル化解除されたパケットはCE側のネットワークに分類されます。カプセル化解除されたパケットの UNI インターフェイスでは、以下の書き換えルールがサポートされています。
    • 内部 IPv4/IPv6 ヘッダーでの DSCP 書き換え
    • 内部イーサネット ヘッダーでの IEEE 802.1p 書き換え(タグ付きの場合)
    書き換えルールは、以下のEVPN VXLANシナリオでサポートされています。
    • VNI 内 L2 ゲートウェイ — 書き換えルールは、ユニキャストとブロードキャスト、不明なユニキャスト、マルチキャスト(BUM)トラフィックの両方に適用されます。
    • VNI 間 L3 ゲートウェイ — 中央ルーティングされたブリッジング(CRB)とエッジルーテッド ブリッジング(ERB)。
    • EVPN タイプ 5 ルート。
  • スケジューリング — スケジューラーを使用して、トラフィックの優先度と帯域幅の予約を実現します。スケジューラーは、分類子によって設定された転送クラスに関連付けられています。

制限

PTX ルーターには、以下の制限が適用されます。

  • DSCP 書き換えルールは、IRB(統合型ルーティングおよびブリッジング)(L3 ゲートウェイ シナリオ)ではサポートされていません。
  • IEEE 802.1p書き換えルールは、NNIインターフェイスではサポートされていません。
  • 明示的輻輳通知(ECN)書き換えは、UNIまたはNNIインターフェイスではサポートされていません。
  • プライオリティベースのフロー制御(PFC)はサポートされていません。
  • IPv6 または IRB アンダーレイの CoS 分類および書き換えメカニズムはサポートしていない。

EVPN VXLAN の CoS 機能は、QFX5K プラットフォームと同じです。QFX5120ですでにサポートされているすべてのVXLAN CoS機能は、QFX5130およびQFX5700プラットフォームでもサポートされています。

QFX5130およびQFX5700プラットフォームには、以下の制限が適用されます。

  • ハードウェアの制限によりHQoSはサポートされていません。
  • IRB インターフェイスでの分類子、書き換え、スケジューラはサポートされていません。
  • NNI ポートの DOT1P 書き換えと分類子はサポートされていません。
  • UNI ポートでの DOT1P および DSCP 書き換えはサポートされていません。
  • NNIポートでのDSCP書き換えは、以下の制限でサポートされています。
    • DSCP 書き換えは、VXLAN カプセル化ノードで TOS コピーを無効(階層レベルで[edit forwarding-options]設定vxlan-disable-copy-tos-encap)した後にのみ有効になります。TOS コピーが無効になっている場合、ECN ビットは内側から外部ヘッダーにコピーされないため、パケット外部ヘッダーには、定義された書き換え DSCP 値と ECN 値 が00設定されます。
    • DSCP 書き換えは、外部ヘッダーと内部ヘッダーの両方を書き換えます。そのため、内部ヘッダー DSCP 値を保持することはできません。

  • PFC 設定では、一瞬のトラフィックが最大 10 ミリ秒のドロップを引き起こします。
  • DSCP IPV6 分類子と書き換えはサポートされていません。DSCP 分類子を使用し、代わりに書き換えます。
  • TYPE-5 EVPN VXLANでは、TOSコピー機能は機能しません。