Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

shaping-rate (CoS Interfaces)

構文

階層レベル

説明

パケット スケジューリングを設定する論理インターフェイスの場合、論理インターフェイスに割り当てる帯域幅トラフィック シェーピングを指定して、パケット の設定を行います。

論理インターフェイスと物理インターフェイストラフィック シェーピングを一緒に設定できます。つまり、 階層レベル shaping-rate と階層レベル [edit class-of-service interfaces interface interface-name] に ステートメント [edit class-of-service interfaces interface interface-name unit logical-unit-number] 含めできます。論理インターフェイス トラフィック シェーピング両方のインターフェイス を設定すると、論理インターフェイス シェーピング クレジットがチェックされ、物理インターフェイス シェーピング クレジットの前に更新されます。

または、論理インターフェイスのシェーピング レートを設定し、ステートメントを階層レベルに含めて物理インターフェイス shaping-rate をオーバーサブスクリプション [edit class-of-service traffic-control-profiles] することもできます。この設定アプローチでは、遅延バッファ レートを個別に制御できます。

物理インターフェイスで、エグレスのシェーピング レート計算にレイヤー 2 オーバーヘッド調整を設定できます。

既定

階層レベルにこのステートメントを含めない場合、デフォルトの論理インターフェイスの帯域幅は、デフォルトの帯域幅処理を必要とする論理インターフェイス数の未使用帯域幅の平均 [edit class-of-service interfaces interface interface-name unit logical-unit-number] です。階層レベルにこのステートメントを含めない場合、デフォルトの物理インターフェイスの帯域幅は、デフォルトの帯域幅処理を必要とする物理インターフェイス数の未使用帯域幅の平均 [edit class-of-service interfaces interface interface-name] です。

オプション

ピーク レート(bps)ビット/秒の値は、完全な 10 進数として指定するか、次の k 10 進数(1000)、(1000,000)、(1,000,000,000)の後に付く値として指定できます。 m g

  • 範囲 :1000~6,400,000,000 bps

オーバーヘッド

エグレス(バイト)に適用するレイヤー 2 シェーピング オーバーヘッド調整。

  • 範囲 :-62~192

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 9.2 Junos OSで発表されたステートメント。

overhead オプションは、Junos OS 18.1 で導入されました。