Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show class-of-service forwarding-table rewrite-rule mapping

構文

説明

各論理インターフェイスに対して、コード ポイント タイプごとに書き換えルール マップのテーブル識別子を表示します。

オプション

このコマンドにはオプションはありません。

必要な権限レベル

ビュー

出力フィールド

表 1 では、 コマンドの出力フィールド show class-of-service forwarding-table rewrite-rule mapping について説明します。出力フィールドは、概して表示される順序で一覧表示されます。

表 1:show-of-service forwarding-table rewrite-rule mapping 出力フィールド

フィールド名

フィールドの説明

インターフェイス

論理インターフェイスの名前。このフィールドには、物理インターフェイス(QFXシリーズ)も表示できます。

インデックス

論理インターフェイス インデックス。

テーブル インデックス

テーブル インデックスの書き換え。

分類子のタイプ: DSCPEXP (QFX シリーズではなく)、 EXP-PUSH-3 (QFX シリーズではない)、 EXP-SWAP-PUSH-2 (QFX シリーズではなく)、 IEEE 802.1IPv4 の優先度 (QFX シリーズではない)、 IPv6 DSCP、または 固定

サンプル出力

show class-of-service forwarding-table rewrite-rule mapping

リリース情報

Junos OS リリース 7.4 より前に導入されたコマンド。