Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

レスキュー設定

レスキュー設定は、既知の作業設定です。アクティブな設定が破損している場合、デバイスはレスキュー設定ファイルをアクティブな設定として自動的にロードします。

レスキュー設定の作成と復帰

レスキュー設定を使用すると、必要に応じて、既知の稼働中の設定または復旧用の既知の状態を持つ設定を定義できます。これにより、コマンドでロールバック番号を覚える必要が rollback 軽減されます。レスキュー設定は、デバイスを既知の設定にロールバックするか、デバイスの設定とバックアップ設定ファイルが修復以外に破損した場合の最後の手段として機能します。

最後にコミットされた設定をレスキュー設定として保存し、いつでもその設定に戻されるようにするには、次のコマンドを request system configuration rescue save 発行します。

レスキュー設定に戻る場合は、設定モード コマンドを rollback rescue 使用します。レスキュー設定をコミットしてアクティブにするには、コマンドを commit 使用します。

注:

レスキュー設定が存在しない場合、またはレスキュー設定が完全で実行可能な設定でない場合、コマンドが失敗すると rollback 、エラーメッセージが表示され、現在の設定はアクティブなままです。

既存のレスキュー設定を削除するには、次のコマンドを request system configuration rescue delete 発行します。