Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

設定ファイルの自動インストールの概要

自動インストールとは、手動による設定を含む手動操作を行うことなく、ネットワーク上のデバイスを自動的に設定することです。ユーザー(ネットワーク管理者)は、自動インストールを使用して時間を節約し、デバイス間で同じ設定を一貫して実装します。

設定ファイルの自動インストール — 概要

自動インストールは、既存の設定ファイルからネットワーク経由でデバイスを自動設定し、設定サーバー(通常は TFTP(Trivial File Transfer Protocol)サーバー)に作成して保存します。自動インストールを使用して、新しいデバイスを自動的に設定したり、ネットワーク内の一元的な場所から複数のデバイスを導入したりできます。

ネットワーク デバイスの電源オン時に自動インストールを実装できるように、自動インストールを有効にします。自動インストールを設定するには、設定サーバー、自動インストール インターフェイス、IP アドレス取得用のプロトコルを指定します。

注:

QFX5200スイッチは、自動インストール用のHTTPでのみ動作します。TFTP または FTP プロトコルはサポートされていません。機能としての自動インストールは、すべてのデバイスでサポートされていません。具体的な詳細については、ハードウェア情報を参照してください。

自動インストールの一般的な用途

ソフトウェアの自動インストールには、次の一般的な用途があります。

  • ネットワーク内の一元的な場所から複数のデバイスを導入および更新します。

  • 電源をオンにすると、デバイスを自動的に更新します。

自動インストール設定ファイルと IP アドレス

自動インストール プロセスを機能させるためには、ネットワーク内の構成サーバーに 1 つ以上のホスト固有またはデフォルトの構成ファイルを格納する必要があります。さらに、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)などのサービスがデバイスに IP アドレスを割り当てるために使用できるようにしておく必要があります。

デバイスに自動インストールするために、次の設定ファイルを設定できます。

  • network.conf— 自動インストール用のデフォルト設定ファイルで、ネットワーク上のデバイスに IP アドレスと関連するホスト名を指定します。

  • switch.conf— スイッチへの自動インストール用のデフォルト設定ファイル。このファイルには、デバイスに Telnet 接続して手動で設定するための十分な設定情報が含まれています。

  • hostname.conf—デバイスに自動インストールするためのホスト固有の設定ファイル。このファイルには、デバイスに必要なすべての設定情報が含まれています。ファイル名で、 ホスト名 をデバイスに割り当てられたホスト名に置き換えます。

自動インストール設定ファイルを持つサーバーが新しいデバイスと同じ LAN セグメント上にいない場合、またはネットワークで特定のデバイスが必要な場合は、中間デバイスを設定する必要があります。この中間デバイスを新しいデバイスに直接接続して、新しいデバイスが TFTP、ブート プロトコル(BOOTP)、ドメイン ネーム システム(DNS)要求を中間デバイスから送信できるようにする必要があります。この場合、TFTP 自動インストール要求を受信する場所として中間デバイスの IP アドレスを指定します。

新しいデバイスでの一般的な自動インストール プロセス

自動インストール用に設定されたデバイスの電源がオンの場合、次の自動インストール タスクが実行されます。

  1. デバイスは、接続された各インターフェイスで DHCP または BOOTP 要求を同時に送信して、IP アドレスを取得します。

    DHCP サーバーは、これらの要求に応答すると、デバイスに次の情報の一部またはすべてを提供します。

    • 自動インストール インターフェイスの IP アドレスとサブネット マスク。

    • 設定ファイルが格納されている(通常は)TFTPサーバー、HTTPサーバー、またはFTPサーバーの場所。

    • TFTP サーバーから要求される設定ファイルの名前。

    • TFTP サーバーの IP アドレスまたはホスト名。

      DHCP サーバーがサーバーのホスト名を提供する場合、名前を IP アドレスに解決するには、DNS サーバーがネットワーク上で使用可能である必要があります。

    • 設定サーバーがデバイスから別の LAN セグメント上にある場合の中間デバイスの IP アドレス。

  2. デバイスが IP アドレスを取得した後、デバイスの自動インストール プロセスは、次の方法で設定ファイルのダウンロードを試みます。

    1. DHCP サーバーでホスト固有の設定ファイル hostname.confが指定されている場合、デバイスはそのファイル名を TFTP サーバー要求で使用します。新しいデバイスの自動インストール プロセスでは、3 つのユニキャスト TFTP リクエストが hostname.conf作成されます。これらの試行が失敗した場合、デバイスは 3 つのリクエストをそのファイルの使用可能な TFTP サーバーにブロードキャストします。

    2. デバイスがファイルを hostname.conf 見つけられない場合、自動インストール プロセスは、デバイスのホスト名から IP アドレスへのマッピング情報を network.conf 含むファイルに対して、3 つのユニキャスト TFTP 要求を送信します。これらの試行が失敗した場合、デバイスは 3 つのリクエストをそのファイルの使用可能な TFTP サーバーにブロードキャストします。

    3. デバイスがデバイスのホスト名エントリを network.conf 含むファイルの検索に失敗した場合、自動インストール プロセスは DNS 要求を送信し、デバイスの IP アドレスをホスト名に解決しようとします。

    4. デバイスがホスト名を決定した場合、そのファイルに対してTFTPリクエストを hostname.conf 送信します。

    5. デバイスが IP アドレスをホスト名にマッピングできない場合、デフォルト設定ファイル device.confに対する TFTP リクエストを送信します。TFTP 要求手順は、ファイルの場合 network.conf と同じです。

  3. デバイスが TFTP サーバー上の設定ファイルを検索した後、自動インストール プロセスでファイルがダウンロードされ、デバイスにファイルがインストールされ、設定がコミットされます。

設定ファイルの自動インストールの設定(CLI プロシージャ)

自動インストールは、設定サーバーに作成して保存する既存の設定ファイルから、ネットワーク上のデバイスの自動設定です。通常、構成サーバーは TFTP(Trivial File Transfer Protocol)サーバーです。自動インストールを使用して、ネットワーク内の一元的な場所から複数のデバイスを自動的に導入できます。

自動インストールを設定する前に、ネットワークにすでにインストールされているデバイスの電源をオンにしたときに自動インストールを実行できるようにする必要があります。これを有効にするには、自動インストールに使用する 1 つ以上のインターフェイス、プロトコル、設定サーバーを指定します。

自動インストールを実行するには、次の手順を実行します。

  1. DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)などのサービスが、デバイスに IP アドレスを割り当てるために使用されていることを確認します。

  2. ネットワーク要件を満たすように、ネットワーク上の DHCP サーバーを構成します。DHCP サーバーとして動作するようにスイッチを設定できます。

  3. 次のいずれかの設定ファイルを作成し、ネットワーク内のTFTPサーバー(またはHTTPサーバーまたはFTPサーバー)に保存します。

    • 自動インストールを受ける各デバイスの名前 hostname.conf を持つホスト固有のファイル。デバイスの名前に置き換えます hostname 。通常、この hostname.conf ファイルには、このホスト名を持つデバイスに必要なすべての設定情報が含まれています。

    • 追加の設定のために新しいデバイスに telnet 接続するために必要な最小設定を含む、という名前 device.conf のデフォルト設定ファイル。

  4. ギガビット イーサネット ポートを使用して、デバイスをネットワークに物理的に接続します。

  5. TFTP サーバーのホスト名のみを指定するように DHCP サーバーを設定した場合は、TFTP サーバーの IP アドレスからホスト名へのマッピング エントリを追加します。TFTPサーバーホスト名を、ネットワーク内のDNS(ドメインネームシステム)サーバー上のDNSデータベースファイルにマッピングします。

  6. デバイスがDHCPサーバー(またはIPアドレス解決を提供する他のデバイス)と同じネットワークセグメント上にいない場合は、既存のデバイスを中間デバイスとして設定してTFTPとDNSリクエストを受信し、TFTPサーバーとDNSサーバーに転送します。TFTP および DNS サービスを提供するホストの IP アドレスを使用して、中間デバイス上の LAN またはシリアル インターフェイスを設定する必要があります。このインターフェイスをデバイスに接続します。

  7. 自動インストールにファイルを使用 hostname.conf する場合は、以下のタスクも実行する必要があります。

    • 各デバイスにファイル名を hostname.conf 指定するように DHCP サーバーを設定します。各デバイスは、その hostname.conf ファイル名を使用してTFTPサーバーから設定ファイルを要求します。必要な hostname.conf 設定ファイルをTFTPサーバーにコピーします。

    • という名前 network.confのデフォルト設定ファイルを作成し、TFTPサーバーにコピーします。このファイルには、IP アドレスからホスト名へのマッピング エントリが含まれています。DHCP サーバーが新しいデバイスにファイル名を hostname.conf 送信しない場合、デバイスは IP アドレスに基づいてホスト名を解決するために使用 network.conf します。

      または、デバイスの IP アドレスからホスト名へのマッピング エントリを DNS データベース ファイルに追加することもできます。

      デバイスはホスト名を使用してTFTPサーバーからファイルを要求 hostname.conf します。

デバイスに自動インストールを明示的に有効にして設定する前に、ネットワーク設定に必要に応じて以下のタスクを実行します。

自動インストールを設定するには、以下の手順に応じる必要があります。

  1. 構成ファイルを取得する 1 つ以上のサーバーの URL アドレスを指定します。
    注:

    次のような ftp://user:password@sftpconfig.example.comFTP アドレスを使用することもできます。

  2. 1 つ以上のイーサネット インターフェイスを設定して、自動インストールを実行し、各インターフェイスに対して 1 つまたは 2 つの調達プロトコルを実行します。スイッチは、次のプロトコルを使用して、インターフェイスの IP アドレスに対するリクエストを送信します。

自動インストールを確認するには、CLI からコマンドを show system autoinstallation status 入力します。

例: