Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

commit activate

Syntax

Hierarchy Level

Description

事前に準備されたコミットをアクティブにします。検証が成功すると、有効化ステージで、以前に準備されたコミットがアクティブになります。また、このステージでは保留中のアクティベーションファイルがチェックされます。保留中のアクティベーションファイルがある場合は、データベースデータ構造に必要なファイルとデーモンマップが存在するかどうかがチェックされます。何らかの障害が発生した場合、コミットが失敗したことを知らせるログメッセージが生成されます。

Options

アンド終了

ナ構成をコミットし、構成にエラーがなければコミットが成功した場合は、設定モードから終了します。

no synchronize

ナコミットを同期しないでください。同期せcommit prepareずに文を実行するように設定します。

ピア-同期

ナリモートピアのコミットを同期します。

同期

ナ両方のルーティングエンジンのコミットを同期します。

Required Privilege Level

設定 — 設定モードにします。

system — このステートメントを設定に表示するには。

system-control— このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 17.3 R1 で導入された文。