Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

rollback

Syntax

Description

以前にコミットした構成に戻ります。ソフトウェアは、ロールバック番号、日付、時刻、およびcommit設定コマンドを発行したユーザーの名前など、最後の50のコミット済み構成を保存します。

現在動作している設定がファイルに保存され、最後の 3 つのコミットされた設定が ファイル 、 に juniper.confjuniper.conf.1juniper.conf.2 格納されます juniper.conf.3 。これらの 4 つのファイルは、ルーターのフラッシュ ドライブ上のディレクトリ /config にあります。残りの 46 のコミット済み設定では、 を通るファイルが、ルーターのハード ディスク上のディレクトリ juniper.conf.4juniper.conf.49/var/db/config に格納されます。

ロールバック時には、指定した構成が関連ファイルから読み込まれます。以前に読み込まれた構成とは異なるロールバック構成内のオブジェクトだけが、変更済みload updateとしてマークされます (これと同様です)。

Options

なし

ナ直前に保存した設定に戻ります。

桁数

ナに戻るように設定します。値の範囲は、0 ~ 49 です。最後に保存された設定は番号0であり、最も古い構成の設定は番号49です。デフォルトは0です。

まず

ナレスキュー構成に戻ります。

改訂 履歴文字列

(オプション)設定履歴識別子を使用して、特定の設定にロールバックします。show system commit include-configuration-revision コマンドを使用して、各改訂の設定改訂識別子を表示します。

Required Privilege Level

rollback — 最近コミットされた設定以外の設定にロール バックします。

Release Information

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド

Evolved Release Junos OS revision リリース20.4R1 Junos OSオプションが20.4R1。