Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

commit

構文

説明

変更のセットをデータベースにコミットし、変更が運用の影響を受けないようにします。

注:

この fast-synchronize オプションは、このQFX シリーズ バーチャル シャーシ。

この peers-synchronize オプションは、複数のデバイスSRX シリーズサポートされていません。

注:

12.3 Junos OS から、動作モード CLI コマンドを使用してオフラインにした FPC は、設定コミットまたは電源装置の交換手順中にオンラインに設定できます。 request chassis fpc slot fpc-slot offline 別の方法として、階層レベルで configuration-mode コマンドを使用して set fpc fpc-slot power off[edit chassis] 、FPC がオフラインの状態を維持します。

発展Junos OS FPCまたはPICがオフラインにされた場合、オフラインのFPCまたはPICの要素を設定するコマンドを入力すると、どちらも開始されません。 commit

オプション

なし

設定変更を設定データベースにコミットするオプションなしで、commit コマンドを実行します。

アクティブ化(オプション)

コミットに必要な設定を準備し、後で設定をアクティブ化するための 2 つの手順でコミットを完了します。これにより、複数のデバイスを設定し、複数のデバイスの設定を同時にアクティブ化できます。

- 終了(任意)

設定をコミットし、設定にエラーが含がおり、コミットが成功した場合は、設定モードから終了します。

文字列

(オプション)ソフトウェア設定の変更を保存して、後でまたは再起動時に設定をアクティブ化します。変数文字列 は、reboot 設定変更をアクティブ化する将来の時間です。文字列値( を含reboot )を引用符( )で囲みます “ ” 。時刻は次の2つの形式で指定できます。

  • フォーム [ ] の時間値(時間、分、オプションで秒)—設定コマンドが発行された日の午後 hh:mm:ss 11:59:59 以前に、将来である必要がある特定の時刻に設定をコミットします。 commit athh値に24時間の時間を使用します。たとえば、 04:30:00 4:30:00 AM、 20:00 8:00 PM になります。時刻は、デバイス上のクロックおよびタイム ゾーン設定に関して解釈されます。

  • [ ] という形式の日付と時刻の値(年、月、日付、時間、分、および(オプションで、秒 yyyy-mm-dd hh:mm:ss )) — コマンドが発行された後の必要がある指定した日時に設定をコミットします。 commit at hh値に24時間の時間を使用します。たとえば 2003-08-2112:30:00 、2003 年 8 月 21 日の午後 12 時 30 分です。  この時間は、ルーターのクロックとタイムゾーンの設定に関して解釈されます。

    たとえば、 commit at "18:00:00"のようになります。日付と時刻については、同じ引用符のセットに両方の値を含めます。たとえば、 commit at "2018-03-10 14:00:00"のようになります。

  • 設定モード コマンドを発行すると、コミット チェック commit at が実行されます。チェックの結果が成功した場合、現在のユーザーは設定モードからログオフされ、構成データは読み取り専用の状態のままになります。スケジュールされたコミットが完了するまで、その他のコミットは実行できません。

    注:

    構成変更がアクティブになる前に Junos OS が失敗した場合、すべての設定変更は失われます。

    再起動を保留中 commit at の場合、設定モード コマンドを入力することはできません。

    今後特定の時刻request system rebootにコミット操作をスケジュールした場合、このコマンドを入力することはできません。

    スケジュールされたコミットが保留中の場合、設定をコミットすることはできません。コマンドを使用してスケジュールされたコミット設定をキャンセルする方法について、詳しくは クリア clear system commit システム コミット を参照してください

チェック

(オプション)設定の構文を検証しますが、アクティブ化は行います。

コメント コメント文字列

(オプション)コミットされた設定について説明するコメントを追加します。コメントには、512 バイトの長さがある場合と、1 行で入力する必要があります。コマンドにコメントを含 commit check めすることはできません。引用符 comment-string (" ")で囲みます。例えばcommit comment "Includes changes recommended by user".

数分 で確認済み

(オプション)指定した時間内にコミットを確認する必要があります。

  • コミットを確認するには、 または コマンド commit を入力 commit check します。

  • 制限時間内にコミットが確認されなかった場合、設定はプリコミット設定に自動的にロール バックされ、ブロードキャスト メッセージがログに記録されたすべてのユーザーに送信されます。ロールバックがスケジュールされた日を表示するには、 コマンドを入力 show system commit します。許可される範囲は数分 165,535 で、デフォルトは分 10 です。

  • コマンドのタイムアウトは、コマンドが発行されたシステム時間に基 commit confirmedcommit confirmed づいて計算されます。保留中の間にシステム時間が変更された場合、コミットの実行までの残りの時間(古いシステム時間が遅い場合)または長引く(古いシステムの時刻が先の場合)、意図した間隔から長引く場合があります。 commit confirmed

  • Junos OS リリース 11.4 以降では、設定モードで commit confirmed コマンドを [edit private] 使用することもできます。

no synchronize

(オプション)同期せずに commit 実行するコマンドを設定します。これは、例えば、ルーチン エンジンの設定が壊れている場合、コミットの同期ができない、またはコミットをブロックするなどの状況で便利です。

  • このオプションを使用すると、設定されている場合でもルーティング エンジンのサーバーにのみ set system commit synchronize コミットできます。

  • このオプションは、設定 commit peer-synchronize も上書きします。commit synchronize を使用して設定した後 で コマンドを使用した場合、コミットは コマンドを発行しているデバイス set system commit synchronizecommit no-synchronize でのみ実行されます。

  • を使用 commit synchronize すると、コミットは最初に別の ルーティング エンジン、次に現在のコミットで実行されます。他のルーティン エンジンが破損すると、コミットは失敗します。このような場合は、 を使用できます commit no-synchronize 。このコマンドは、 を使用して設定 set することはできません。実行のみ可能です。

ピア-同期

(オプション)commit コマンドを設定して、ピア間でピア同期アクションを自動的に実行します。peers-synchronize ステートメントがコピーを有効にし、その設定をリモート(または応答する)ピアにロードするローカル ピア(または要求ピア)。次に、各ピアは、コミットされている設定ファイルに対して構文チェックを実行します。エラーが見つからなかった場合は、設定がアクティブになり、両方のピアで現在の運用設定になります。

同期

(オプション)ルーターに 2 つのルーティング エンジンがある場合、コマンドを発行することで、1 つのルーティング エンジンルーティング エンジンを手動で指示して、もう一方のルーティング エンジンと設定を同期 commit synchronize できます。このルーティング エンジン(リクエストルーティング エンジン)を実行したサーバーが、その受験者の設定を別のデバイス(応答側ルーティング エンジンロードルーティング エンジン。その後、両方のルーティングエンジンが、コミットされる候補設定ファイルの構文チェックを実行します。エラーが見つからない場合は、構成がアクティブ化され、両方のルーティングエンジンで現在の運用構成になります。

synchronize オプションには、次の 2 つの追加オプションがあります。

  • force —(オプション) オプションを使用してルーティング エンジンでコミット同期を適用 force します。

    応答commit synchronizeルーティングエンジンによって設定変更がコミットされていない場合、このコマンドは機能しません。オプションを使用して、ルーティング エンジンでコミット同期を適用 force できます。1 つの ルーティング エンジン から オプションを指定して コマンドを発行すると、別の ルーティング エンジン 上の設定セッションが終了し、コマンドを発行した ルーティング エンジン 上の設定と同期されます。 commit synchronizeforce

  • スクリプト —(オプション)要求する ルーティング エンジン から応答する ルーティング エンジン まで、すべてのコミット、イベント、lib、op、SNMP スクリプトを同期し、設定をコミットして同期します。

    要求要求に対して操作がルーティング エンジンすると、プロセスは停止し、スクリプトは応答側のサーバー commit check にルーティング エンジン。応答サーバーで操作が失敗した場合ルーティング エンジンは、応答側で操作が行われる前に同期が実行ルーティング エンジン、スクリプトは引き続き同期 commit checkcommitcommit check ルーティング エンジン。

  • ステートメントが要求 ルーティング エンジン に対して階層レベルで設定されている場合、デバイスは、要求中の ルーティング エンジン 上のフラッシュ メモリから、応答側のフラッシュ メモリにスクリプトを同期 load-scripts-from-flash[edit system scripts] ルーティング エンジン。それ以外の場合、デバイスは、要求ルーティングエンジンのハードディスクから、応答ルーティングエンジンでハードディスクにスクリプトを同期します。このデバイスは、構成で有効になっているか、最後の同期後に更新されたかにかかわらず、すべてのスクリプトを同期します。

注:

コマンドが両方のルーティング エンジンから同時に開始されると、プロセスが停止 commit synchronize する可能性があります。Junos OS リリース 15.1 の時点では、これは一時的な(20 秒)の異常で、その後ユーザーはコマンドを再び commit sychronize 試みます。

注:

コマンドを発行する場合、 および コマンドを使用する必要があります。 グループの使用方法に関する情報については、 構成グループの継承を無効にする commit synchronizeapply-groups re0re1 . を参照してください

応答側のルーティング エンジン リリース 5.0 以降Junos OS使用する必要があります。

準備

(オプション)後の段階でアクティブ化する設定を準備します。準備段階では、すべての必要なファイルとデータベースが生成され、設定が検証されます。コミットがアクティブ化待ちになっているかどうかを示すファイルが作成されます。準備段階で障害が発生した場合、ログ メッセージのコミット準備に失敗しました。

スクリプト

(オプション)コミット操作中に新しく有効にしたスクリプトをコミットし、他のスクリプトにプッシュルーティング エンジン。

|配管

(オプション)次の機能を|(パイプ))オプションを使用して、 コマンドの出力をフィルタリング commit します。

その他の情報

注:

12.3 Junos OS から、動作モード CLI コマンドを使用してオフラインにした FPC は、設定コミットまたは電源装置の交換手順中にオンラインに設定できます。 request chassis fpc slot fpc-slot offline 別の方法として、階層レベルで configuration-mode コマンドを使用して set fpc fpc-slot power off[edit chassis] 、FPC がオフラインの状態を維持します。

| display detail—(オプション)コミット プロセスを監視します。

注:

Junos OS リリース 10.4 以降では、パイプ オプションと一緒に使用した場合に、コミットの詳細またはメッセージの数がページを超えると、画面で検索オプションを使用できなくなりました。 | display detailmore コマンドとパイプ オプションを使用する場合と同様に、デフォルトでメッセージ commit が画面に | no more ロール アップします。

必須の権限レベル

設定 — 設定モードにします。

注:

共通の条件環境で Junos OS を使用している場合は、 secret属性が変更されるたびにシステムログメッセージが作成されます (たとえば、パスワードの変更や RADIUS 共有シークレットの変更など)。これらの変更は、以下の構成ロード操作中にログに記録されます。

詳細については、「 Common Criteria 」および 「Junos-FIPS」の「セキュア構成ガイド」を参照してください。

リリース情報

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド

Junos OS synchronize scriptsリリース13.2 で導入されたオプションです。

リリース no-synchronize Junos OSで導入されたオプション17.2R1