Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

動作コマンド出力のフィルタリング

パイプ 記号 | を使用すると、(ネットワーク管理者)、動作モードと設定モードの両方でコマンド出力をフィルタできます。

パイプの使用について ( | )コマンド出力をフィルタする記号

コマンドを入力するときにパイプ( )記号を追加して、コマンド | 出力をフィルタできます。

例:

次の例では、パイプ記号( と一緒に使用できるフィルタ|しています。

コマンド専用には、パイプ記号と疑問マークを組み合わせて、追加 show configuration の比較フィルタを表示できます。

パイプ フィルターは、任意に組み合わせて入力できます。例えば:

メモ:

このトピックでは、 動作モード コマンド出力に使用できる フィルターのみについて説明 します。

例: 正規表現をパイプ( パイプ ) で|)コマンド出力をフィルタする記号

、 、および フィルタとパイプ記号を使用して except find 、正規表現 match を使用して出力をフィルタします。ジュニパーネットワークス POSIX 1003.2 で定義されている正規表現を使用します。正規表現にスペース、演算子、またはワイルドカード文字が含まれている場合は、式を引用符で囲みます。

表 1:動作モード コマンドの一般的な正規表現演算子

演算子

関数

|

一致する条件が、パイプのいずれの側でも 2 つの条件のいずれかである場合を示します。

^

式の先頭で使用して、一致の開始点を示します。

$

式の最後に使用して、条件が $文字のポイントまで正確に一致する必要であることを示します。

[ ]

一致する文字または数字の範囲を指定します。範囲の開始および終了を分離するには、ハイフン( )を使用します  - 

( )

一致する条件のグループを指定します。

たとえば、コマンドによって次の出力が生成された場合、

パイプ フィルタのパイプ フィルタ | match "PIC" には、次の出力が表示されます。

パイプ フィルタのパイプ フィルタ | except "PIC" には、次の出力が表示されます。

例:パイプ( | )コマンドライン インターフェイスのフィルタ機能

このトピックでは、| Evolved がサポートするパイプ( | )フィルタ機能の例Junos OS説明CLIします。

設定例とテキストの違い

フィルタ compare は、受験者の設定を現在のコミットされた設定または設定ファイルと比較します。また、テキスト文字を使用した 2 つの設定の違いも表示されます。

設定ファイルを比較するには、次 compare のようにパイプ( | )記号の後に入力します。

変数 rollback n は、以前にコミットされた設定のリストへのインデックスです。直近で保存された設定は 0 です。引数を指定しない場合、候補の設定がアクティブな設定ファイル(/config/juniper.conf)と比較されます。これはインデックス0と比較した場合と同 rollback じです。

設定ファイルへの完全なパス(または URL)は filename です。

比較出力では、次の表記規則を使用しています。

  • 受験者の設定にのみ含むステートメントには、プラス記号(+)が付いた。

  • 比較ファイル内にあるステートメントには、マイナス記号( – )が付いたプレフィックスがあります。

  • 変更されないステートメントには、1 つの空白( )がプレフィックスされます。

例:

コマンドからの出力を強化 show | compare して、設定の変更をより正確に反映するようにしています。この拡張機能では、リストの注文変更に対するよりインテリジェントな処理が可能です。たとえば、次のように並べ替えられるグループ名を検討します。

初期リリースでは、コマンドからの出力 show | compare は次のように表示されました。

コマンドからの出力 show | compare は次のようになります。

設定例と XML の違い

フィルターは、受験者の構成を現在のコミット済み設定と比較し、2 つの構成間の違いを compare | display xml XML で表示します。設定を比較するには、動作モードまたは設定モードでパイプ( | compare | display xml )記号の後に入力します。

動作モードの例:

設定モードの例:

コマンドを使用する前に、特定の設定階層を入力 | compare できます。設定モードでは、コマンドが適用された階層に移動できます。

出力行数のカウントの例

コマンド出力の行数をカウントするには、パイプ記号( の後に) count を|。例えば:

XMLタグ形式で表示される出力例

コマンド出力を XML タグ形式で表示するには、パイプ 記号( タグ display xml 付け )の後に|。

次の例では、コマンド出力 show cli directory を XML タグとして表示しています。

設定データまたはコマンド出力に7ビットASCII文字セットの外部にある文字が含まれている場合、CLIには、XML出力にそれらの文字に相当するUTF-8 10進文字リファレンスが表示されます。

静的設定データの表示例

静的構成データベースに関して、構成が継承されたソース グループに関する継承された構成データと情報を表示できます。このデータを表示するには、 コマンドを発行 show configuration | display inheritance します。

JSON形式で出力を表示する例

設定またはコマンド出力をJSON(JavaScript Object Notation)形式で表示するには、パイプ記号( の後に) display json を入力|。

次の例では、コマンド show cli directory 出力を JSON 形式で表示します。

動作コマンドの出力に 7 ビット ASCII 文字セットの外部にある文字が含まれている場合、CLI には JSON 出力のこれらの文字に対応する UTF-8 10 進文字リファレンスが表示されます。

YANG変換スクリプトを適用した設定の表示例

Junos OS Evolvedを実行しているデバイスに YANGモジュールをロードして、Junos OS Evolvedがネイティブでサポートしていないデータモデルを使用して設定階層を強化できます。Junos OS Evolvedはこれらのモデルの変換をサポートしています..アクティブな設定と受験者の構成には、そのモデルで定義された構文に、ネイティブではない YANG データ モデルの設定データが含まれている。これらの設定には、一時的な変更としてコミットJunos OS対応するEvolved構文が明示的に表示されません。

このフィルターは、継承後の完全な設定を表示し、すべての有効な変換スクリプトの変換された設定データを出力に明示的に | display translation-scripts 含める必要があります。有効なすべての YANG 変換スクリプトが適用された設定を表示するには、動作モードでコマンド、または設定モードのコマンドにフィルタを | display translation-scripts show configuration show 追加します。例えば:

変換後の非ネイティブ設定データだけ表示するには、動作モードまたは設定モードで | display translation-scripts translated-config フィルタを使用します。

設定モードでは、変換スクリプトを適用する前または適用した後に、非ネイティブの YANG データ モデルに対応する階層の設定の違いだけ表示できます。これらの違いを表示するには、 、または のキーワードを それぞれ コマンド configured-delta translated-config translated-delta に追加 show | display translation-scripts します。この場合、XML 出力には削除された設定データが表示され、その後に新しい設定データが続きます。

次の例は、変換スクリプトが適用されている、または適用しない設定のサンプルを示しています。コマンドは、YANG データ モデルが定義する構文に非ネイティブ設定データを含む設定 show を表示します。このフィルターは、YANG データ モデルによって定義された構文と、変換されたデータの両方に非ネイティブ設定 | display translation-scripts データJunos OS表示 します。どちらのコマンドも設定全体を表示しますが、これは簡単さのために切り捨てされています。ただし、 コマンドは事前のインヒーレンス設定を返し、コマンドは継承後の設定 show show | display translation-scripts を返します。

コマンドに RPC タグを表示する例

動作モード コマンドのリモート プロシージャ コール(RPC)XML タグを表示するには、パイプ 記号( プロトコル)の後 display xml rpc に|。

次の例では、 コマンドの RPC タグを表示 show route します。

正規表現と一致しない出力を無視する例

正規表現に一致するテキストを無視するには、パイプ記号( の後にコマンド) except を指定|。正規表現に任意のスペース、演算子、またはワイルドカード文字が含まれている場合は、引用符で囲みます。

次の例では、ユーザーを除き、ルーターにログインしているすべてのユーザーを表示します root

正規表現の最初の照会からの出力を表示する例

正規表現に一致するテキストが初めて出現した出力を表示するには、パイプ記号( |) find の後に入力します。正規表現に任意のスペース、演算子、またはワイルドカード文字が含まれている場合は、引用符で囲みます。

次の例では、IPアドレスで始まるルーティング テーブルを表示します 208.197.169.0

次の例では、転送テーブルの最初の CCC エントリーを表示します。

最後の画面の後の出力を保持する例

出力を保持するか、最後の出力画面を表示した後に CLI プロンプトに戻すのではなく、 を保持してスクロールまたは検索できます。出力を保持するには、パイプ記号 hold ( [パイプ記号] ) の後に|します。次の例では、コマンドからの出力の最後の画面を表示したCLI、CLIプロンプトに戻 show log log-file-1 っては使用されません。

最後のエントリーで始まる出力を表示する例

ファイルの最後に最新のエントリが含まれているログ ファイルを表示できます。出力の最後から始まるテキストを表示するには、パイプ記号( [パイプ last < lines > 記号])の後に|。

次の例では、ログ ファイル -1 ファイルの最後のエントリーを表示 します。

メモ:

要求された行の数が、画面の長さの設定で表示できる行数よりも少ない場合、システムはサブセットを返します。システムは、画面の長さの設定で許可されている限り多くの行を返します。つまり、画面の長さが 20 行に設定され、最後の 10 行のみ要求された場合、システムは最後の 10 行ではなく、最後の 19 行を返します。

正規表現に一致する出力を表示する例

正規表現に一致する出力を表示するには、パイプ 記号( [パイプ記号] )の後 match regular-expression に|。正規表現に任意のスペース、演算子、またはワイルドカード文字が含まれている場合は、引用符で囲みます。

次の例は、設定内のすべての10ギガビット イーサネット(xe)インターフェイスを一致しています。

出力の高次設定を防止する例

デフォルトでは、出力が端末画面の長さよりも長い場合は、残りの出力を表示するメッセージ ---(more)--- を受信します。残りの出力を表示するには、Space を押します。

出力が付いた付きを防ぐには、パイプ記号( の下)の後 no-more に|。

次の例では、コマンドからの出力 show configuration を一度に表示します。

この機能は、出力全体をコピーして電子メール メッセージに貼り付ける場合に便利です。

コマンド出力を他のユーザーに送信する例

ルーターにログインした特定のユーザーの端末、またはルーターにログインしているすべてのユーザーの端末にコマンド出力を表示するには、パイプ 記号( [パイプ記号] )の後 request message (all | user account @ terminal ) に |入力します。

ルーターのトラブルシューティングを行い、カスタマー サービス担当者と電話で連絡を取る場合、コマンド出力を共有できます。コマンドを request message 使用して、現在表示されているコマンド出力を担当者に送信します。

次の例では、端末に入力した コマンドからの出力を show interfaces ユーザーの端末に送信します root@ttyp1

ユーザーは root@ttyp1 、端末画面に次の出力が表示されます。

IPアドレスの解決例

動作モードでのみ、コマンドの出力に未解決の IP アドレスが表示されている場合は、 コマンドの後に入力して、IP アドレスに関連付けられた名前を | resolve 表示できます。この resolve フィルターにより、システムは IP アドレスのリバース DNS ルックアップを実行できます。DNS が有効になっていない場合、ルックアップが失敗し、代替処理は実行されません。

未解決の IP アドレスのリバース DNS ルックアップを実行するには、パイプ 記号 resolve <full-names> ( |)の後に入力します。オプションを指定しない場合、IP アドレスに適用されるフィールド幅の制限に合わせて名前が切り full-names 捨てされます。

次の例では、 コマンドからの出力で未解決のIPアドレスでDNSルックアップを実行 show ospf neighbors します。

出力をファイルに保存する例

コマンドの出力が長い場合、出力を保存または分析する必要がある場合、または電子メール メッセージまたは FTP で出力を送信する必要がある場合は、出力をファイルに保存できます。デフォルトでは、ファイルはルーターのホーム ディレクトリに配置されます。

コマンド出力をファイルに保存するには、パイプ 記号( [パイプ save filename 記号])の後に|。

次の例では、コマンドからの出力 request support informationmy-support-info.テキストというファイルに保存します。

出力をファイルに追加する例

コマンド出力が表示されている場合は、出力をファイルに保存してそのファイルの既存のコンテンツを上書きするか、出力テキストを特定のファイルに追加できます。

コマンド出力をファイルに追加するには、パイプ 記号( [ パス append filename ])の後に|。

次の例では、コマンドからの出力を request support information my-support-info.テキストという名前のファイルに追加します。

画面に出力を表示してファイルに書き込む例

コマンド出力が表示された場合は、出力をファイルに書き込むすることもできます。出力を表示し、ファイルに書き込むには、パイプ 記号(パイプ 記号 tee filename )の後に|。

次の例では、 コマンドからの出力を表示し(デバイス上のギガビット イーサネット インターフェイスのステータスに関する情報を表示します)、出力を show interfaces et-* terse et-interfaces.テキストというファイルに流用します。

UNIX コマンドとは異なり、ファイルを開けできない場合(出力を表示してからエラー メッセージを表示するのではなく)、エラー メッセージ tee だけが表示されます。

開始列を指定して出力を削除する例

行と列の観点から、端末画面に出力が表示されます。画面左側の最初の英数字は列 1、2 つ目の文字は列 2 にあるなどです。特定の列から始まる出力を表示するには(出力の最も左部分を切り取ります)、パイプ 記号( [ コマンド])の後 trim columns に|。この trim フィルターは、システム ログ メッセージの先頭から日付と時刻を切り離す場合に便利です。

次の例では、 コマンドからの出力 show system storage を表示し、最初の10列をフィルタリングしています。

メモ:

コマンド trim は負の値を受け入れてはいらない。

コマンドの出力を更新した例

パイプ オプションを使用して動作モード コマンドを実行し、画面に表示された出力 | refresh を定期的に更新できます。デフォルトの更新は 1 秒ごとに実行されます。ただし、1~604,800 秒の更新間隔を明示的に指定できます。たとえば、コマンドの出力を 5 秒ごとに更新するには、 show interfaces 次のコマンドを実行します。