Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

global-weight

構文

階層レベル

説明

IP 監視のグローバル ウェイトを定義します。これは、監視対象のすべてのホストの冗長グループの重み付けから減算される重み付けです。この番号は、冗長グループの操作における IP アドレス監視対象オブジェクトの相対的重要性を指定します。

監視対象のすべての IP アドレスに重みが割り当てられます。監視対象アドレスが到達不能になった場合、そのオブジェクトの重みは、その冗長グループ内の IP 監視オブジェクトのグローバルしきい値から差し引かれます。グローバルしきい値が 0 に達すると、グローバルウェイトは冗長グループから差し引かれます。すべての冗長グループのデフォルトしきい値は 255 です。しきい値が 0 に達すると、フェイルオーバーがトリガーされます。冗長グループが手動フェイルオーバー モードで、プリエンプションが有効になっていない場合でも、フェイルオーバーがトリガーされます。

オプション

number — 監視対象のすべての IP アドレスに割り当てられた結合重量。重み値が大きいほど、重要度が高くなります。

  • 範囲: 0~255

  • デフォルト: 255

必須権限レベル

interface—このステートメントを設定で表示します。

interface-control —このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

Junos OS リリース 10.1 で導入されたステートメント。