Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

シャーシ クラスタを形成するための機器の準備

シャーシ クラスタ を形成するには、サポートされる同じタイプの SRX シリーズ デバイスのペアが、同一の全体的なセキュリティを適用する単一のシステムとして機能するために組み合わされています。SRX シリーズは、シャーシ クラスタに含める必要がある次の要件を満たす必要があります。

シャーシ クラスタ を形成するには、サポートされる同じタイプの SRX シリーズ デバイスのペアが、同一の全体的なセキュリティを適用する単一のシステムとして機能するために組み合わされています。

  • ネットワーク ノードの冗長性を実現するには、サポートされるデバイスと同じ種類のデバイス のペアSRX シリーズをグループ化します。

  • SRX シリーズは同じモデルである必要があります。

  • Junos OS: 両方のデバイスが同一のバージョンJunos OSしている必要があります

  • ライセンス要件: ライセンスは各デバイス固有ので、デバイス間で共有できません。両方のデバイス(シャーシ クラスタを形成する)では、同じ機能とライセンス キーが有効またはインストールされている必要があります。両方のデバイスに同一のライセンス セットが存在しない場合、フェイルオーバー後に、そのライセンスされた特定の機能が機能しない、または設定がシャーシ クラスタ形成で同期されない可能性があります。

  • 該当する SRX シリーズ デバイス上のすべてのサービス処理カード(SPC)、ネットワーク処理カード(NPC)、入出力カード(IPC)は、同じスロット配置で、同じタイプである必要があります。例:

    • SRX5400、SRX5600、SRX5800 の各シャーシ クラスタでは、サービス処理カード(SPC、SPC2、SRX5K-SPC3)、入出力カード(IOC1、IOC2、IOC3、IOC4)の配置とタイプは、2 つのデバイスで一致する必要があります。サポートされているのは SCB4 SRX5400。このアプリケーションでは、他のすべてのコンポーネントがSRX5400。

    • SRX3400 と SRX3600 シャーシ クラスタでは、スPC、入出力カード(IIOC、NPC)、NPC(ネットワーク処理カード)の配置とタイプは、2 つのデバイスで一致する必要があります。

    コマンドを使用 show chassis hardware して、カードのタイプを識別できます。

    次の例は、シャーシ クラスタの設定で使用されるカードの配置とタイプを示しています。

  • SRX1500—互換性ない各種類のカード用に専用のスロットがあります。

  • SRX4600:互換性ない各種類のカード用の専用スロットがあります。

  • SRX300、SRX320、SRX340、SRX345、SRX380、SRX550M など、デバイスのタイプは同じでも、異なる物理インターフェイス モジュール(PIM)を含む場合があります。

  • それぞれのノードの制御ポートは接続され、コントロール プレーン を形成して、設定とカーネルの状態を同期して、インターフェイスとサービスの高可用性を促進します。

  • 各データ プレーンノード上のスイッチがファブリック ポートを越って接続され、統合型ファイアウォールがデータ プレーン。ファブリック リンクを使用すると、クロスノード フロー処理を管理し、セッションの冗長性を管理できます。