Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

シャーシ クラスタの耐障害性

Junos OSは、レイヤーモデルを使用して、シャーシクラスタ設定にあるSRXシリーズデバイスの障害回復力を提供します。ソフトウェアまたはハードウェア コンポーネントに障害が発生した場合、レイヤーモデルにより、システム パフォーマンスに影響を与える可能性はありません。

ハードウェアの障害とソフトウェア障害を検出するレイヤー 1

レイヤー 1 は、ソフトウェアの障害の原因でシステム パフォーマンスに影響を与えるコンポーネントを特定して検出します。障害に関する通知を提供するために、アラーム、syslog、または SNMP トラップがトリガーされます。

Probing Critical Path のレイヤー 2

レイヤー 2 は、システムの重要なパスをプローブして、レイヤー 1 で検知されないハードウェア障害とソフトウェアの障害を検出します。

ハートビート通信によって、パスの 2 つのエンドポイント間のパスの状態が検証されます。パス内のコンポーネントが失敗すると、通信は失われ、パスの一方の端からもう一方の端に送信されたハートビート メッセージを使用してシステムの正常性ステータスが通信されます。

制御リンクとファブリックのリンク障害を検出するレイヤー 3

レイヤー 3 は、レイヤー 1 とレイヤー 2 からのシステムの正常性情報を判断し、制御リンクとファブリック リンクを使用して 2 つのノード間で正常性ステータスを共有し、2 つのノードの正常性ステータスと、コントロール リンクとファブリック リンクのハートビート ステータスに基づいてフェイルオーバーを決定します。障害に関する通知を提供するために、アラーム、syslog、または SNMP トラップがトリガーされます。

レイヤー 3 は、次のソフトウェア問題に取り組まれます。

  • em0 フラッピング

  • 制御パスのハードウェアまたはソフトウェア コンポーネントに障害が発生

  • ファブリックのリンクがダウンし、制御リンクが利用できる

  • 制御リンクがダウンし ファブリックリンクが利用されている

  • 制御リンクとファブリックリンクはダウンしています

利点

  • フェイルオーバーの時間と安定性を改善します。

  • 障害または障害の正確な場所を特定します。