Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ホスト上のレイヤー 2 ブリッジ ドメインについてACX シリーズ

ブリッジ ドメインは、同じフラッディングやブロードキャストの特性を共有する論理インターフェイスのセットです。レイヤー 2 論理インターフェイスは、カプセル化により物理インターフェイス上の 1 つ以上の論理ユニットをまたは として定義することで作成 ethernet-bridge されます vlan-bridge 。ブリッジ ドメインのメンバー ポートはすべて、レイヤー 2 の学習と転送に参加します。レイヤー 2 ブリッジングを実行するには、ACX シリーズブリッジ ドメインを設定できます。ACX シリーズ のレイヤー 2 ブリッジング機能には、同じインターフェイス上のレイヤー 2 ブリッジングおよびレイヤー 3 IP ルーティングに対する IRB(統合型ルーティングおよびブリッジング)のサポートが含まれます。IRB では、パケットを別のルーティング インターフェイスまたはレイヤー 3 プロトコルが設定された別のブリッジ ドメインにルーティングできます。

メモ:

ACX シリーズ ルーターは、アクセス ポートとトランク ポートを使用してブリッジ ドメインの作成をサポートしません。

ブリッジ ドメインを使用して E-LAN および E-LINE サービスを設定できます。

リモート ACX シリーズでは、以下の方法を使用してブリッジ ドメインを設定できます。

  • ステートメントを使用しないブリッジ vlan-id number ドメイン

  • 次の値を vlan-id 設定したブリッジ ドメイン none

  • 単一のブリッジ ドメイン vlan-id

  • ブリッジ ドメインと vlan-id-list

メモ:

レイヤー 2 インターフェイスCLI ACX5048 および ACX5096 ルーターの show コマンドは、他のゲートウェイ ルーターとACX シリーズされます。詳細については、「 レイヤー 2 次世代モード for ACX シリーズ 」 を 参照してください

ステートメントを使用しないブリッジ ドメインを使用して E-LAN および E-LINE サービスを設定する場合、論理インターフェイスの下で入力 VLAN マップを設定することで、ブリッジ ドメインをサービス VLAN ID および TPID に明示的に正規化する必要があります。 vlan-id number 論理インターフェイスの外部 VLAN ID と TPID が、ブリッジ ドメインを使用して設定されているサービスのサービス VLAN ID および TPID と同じではない場合、明示的正規化が必要です。

次の入力 VLAN マップ機能は、複数のルーター ACX シリーズされています。

  • push—新しい VLAN タグを VLAN スタックの一番上に追加します。

  • swap—フレーム内の VLAN スタックの外部 VLAN タグを交換します。

  • pop—VLAN タグ スタックの一番上から VLAN タグを削除します。

  • swap-swap—フレームの外部および内部 VLAN タグの両方を交換します。

  • push-push—VLAN スタックの上に 2 つの VLAN タグをプッシュします。

    メモ:

    push-push 受信パケットにVLAN ACX シリーズがある場合、パケットルーターでは機能しません。

以下の VLAN マップ機能は、一部のルーター ACX シリーズサポートされていません。

  • swap-push—フレームの外部 VLAN タグを置き換え、VLAN スタックの一番上に新しい VLAN タグを追加します。

  • pop-swap—フレームの外部 VLAN タグを削除し、フレームの内部 VLAN タグを交換します。

  • pop-pop—フレームの外部および内部 VLAN タグの両方を削除します。

メモ:

Q-in-Q トンネリングは、イングレス論理インターフェイス上の機能を使用して、入力 VLAN マップを明示的 push に設定することで設定できます。

ブリッジ ドメインは、アグリゲート イーサネット インターフェイスを使用して作成することもできます。アグリゲート イーサネット インターフェイスは、ブリッジ ドメインの論理インターフェイスと見なされます。

次の手順では、レイヤー 2 論理インターフェイスで受信したパケットをブリッジングするプロセスについて説明します。

  1. 物理ポートでパケットを受信すると、パケットのVLAN識別子が、そのポートに設定された論理インターフェイスの1つのVLAN識別子と一致する場合にのみ受け入れされます。

  2. ブリッジ ドメインがステートメントなしで設定されている場合、論理インターフェイスで設定された入力 VLAN マップに基づいて VLAN タグが書き換され、サービス VLAN ID に正規化 vlan-id number されます。

  3. ブリッジ ドメインがvlan-id number ステートメントを使用して正規化された VLAN 識別子で設定されている場合、受信したパケットの VLAN タグと正規化された VLAN 識別子が比較されます。パケットの VLAN タグが正規化された VLAN 識別子と異なる場合、VLAN タグは表 1 に記載されたとおりに書き換てられます

  4. 受信したMAC アドレスの送信元パケットのアドレスが送信元MACテーブルに存在しない場合、正規化されたVLAN識別子に基づいて学習されます。

  5. その後、パケットは、宛先インターフェイスに基づき、1 つ以上のアウトバウンド レイヤー 2 論理インターフェイスにMAC アドレス。既知のユニキャスト宛先を持つMAC アドレスは、1 つのアウトバウンド論理インターフェイスにのみ転送されます。

  6. ブリッジ ドメインがステートメントなしで設定されている場合、各アウトバウンド レイヤー 2 論理インターフェイスに対して、VLAN タグは、その論理インターフェイスに設定された出力 VLAN マップに基づいて書き換まれます vlan-id number

  7. 各アウトバウンド レイヤー 2 論理インターフェイスについて、vlan-id number ステートメントを使用して、ブリッジ ドメインが正規化された VLAN 識別子で設定されている場合、ブリッジ ドメインに設定された正規化 VLAN 識別子が、その論理インターフェイスで設定された VLAN タグと比較されます。アウトバウンド論理インターフェイスに関連付けられた VLAN タグがブリッジ ドメインに設定されている正規化された VLAN 識別子と一致しない場合、VLAN タグは表2に記載されたとおりに書き換てられます。

表 1 は 、設定に応じてブリッジ ドメインに送信されたパケットの VLAN タグがどのように処理、変換されるのかの特定の例を示しています。「–」とは、ステートメントが指定された論理インターフェイス VLAN 識別子でサポートされていません。「動作しない」とは、受信パケットのVLANタグが、指定された入力論理インターフェイスに変換されないという意味です。

識別子に対するステートメントの使用と入力書き換え操作
表 1:ブリッジドメインの VLAN

論理インターフェイスの VLAN 識別子

ブリッジ ドメインの VLAN 設定

vlan-id なし

vlan-id 200

なし

動作なし

push 200

200

pop 200

動作なし

1000

pop 1000

スワップ 1000~200

vlan タグ 外部 2000 内部 300

pop 2000、pop 300

pop 2000、swap 300~200

vlan タグ 外部 100 内部 400

pop 100、pop 400

pop 100、swap 400~200

vlan-id-range 10~100

表 2 は 、設定に応じてブリッジ ドメインから送信されたパケットの VLAN タグを処理および変換する方法の特定の例を示しています。「–」とは、ステートメントが指定された論理インターフェイス VLAN 識別子でサポートされていません。「ノーオペレーション」とは、指定された出力論理インターフェイスに対して、アウトバウンド パケットのVLANタグが変換されないという意味です。

識別子に対するステートメントの使用と出力書き換え操作
表 2:ブリッジドメインの VLAN

論理インターフェイスの VLAN 識別子

ブリッジ ドメインの VLAN 設定

vlan-id なし

vlan-id 200

なし

動作なし

pop 200

200

push 200

動作なし

1000

プッシュ 1000

スワップ 200~1000

vlan タグ 外部 2000 内部 300

push 2000、push 300

swap 200~300、push 2000

vlan タグ 外部 100 内部 400

プッシュ 100、プッシュ 400

swap 200~400、 プッシュ 100

vlan-id-range 10~100

Limitations on Layer 2 bridging:ユニバーサル メトロ ルーターのレイヤー 2 ブリッジングにはACX シリーズが適用されます。

  • ブリッジ ドメインに、同じ物理インターフェイスに属する 2 つ以上の論理インターフェイスを持つすることはできません。

  • デュアル VLAN ID タグを持つブリッジ ドメインはサポートされていません。

  • TPID を使用してサポートされる入力 VLAN マップの最大数 swap は 64 です。

  • 論理インターフェイス レベルでは、MAC 学習を無効にすることはできません。

  • 論理インターフェイス当たりの MAC 制限は設定できません。