Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

traceoptions (Protocols BGP)

Syntax

Hierarchy Level

Description

プロトコルレベルトレースオプションを構成 BGP ます。1つ以上のトレース操作を指定するには、複数の flag ステートメントを含めます。

注:

このtraceoptionsステートメントは、qfabric システムではサポートされていません。

Default

デフォルトの BGP プロトコルレベルのトレースオプションは、 traceoptions[edit routing-options]階層レベルに含まれるルーティングプロトコルステートメントから継承されます。デフォルトのグループレベルのトレースオプションは、BGP プロトコルレベルtraceoptionsのステートメントから継承されます。デフォルトのピアレベルのトレースオプションは、グループレベルtraceoptionsのステートメントから継承されています。

Options

disable—(オプション)トレース操作を無効にします。このオプションを使用すると、さまざまなトレース操作 (など) を定義したときに、1つallの操作を無効にすることができます。

file name—トレース操作の出力を受け取るファイルの名前。名前は二重引用符で囲みます。すべてのファイルがディレクトリ/var/logに配置されます。BGP トレース出力をファイルbgp-logに配置することをお勧めします。

files number—(オプション)最大トレース ファイル数。トレースファイルの名前trace-file.0が最大サイズに達すると、トレースファイルtrace-file.0の数trace-file.1が上限に達するまで、名前が変更されてから、その後、その後になります。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。最大ファイル数を指定する場合は、 sizeオプションを使用して最大ファイルサイズも指定する必要があります。

  • 2~1000ファイル

  • 10 ファイル

flag:動作を追跡して実行します。複数flagのトレース操作を指定するには、いくつかのステートメントを含めます。

BGP トレースフラグ

  • 4byte-as—4 バイトのASイベントをサポートします。

  • bfd:BFD プロトコル イベント。

  • damping:ダンピング操作。

  • graceful-restart—グレースフルリスタートイベント。

  • ipsec—IPsec が設定されている場合BGPピアに対する IPsec サポートに関連するイベント。

  • keepalive—BGPメッセージを送信します。BGP updateフラグのみを有効にした場合、受信した keepalive メッセージでトレースメッセージが生成されるわけではありません。

  • nsr-synchronization:ノンストップ ルーティング同期イベント。

  • open—パケットを開きます。これらのパケットは、接続を確立している間にピア間で送信されます。

  • packets—すべてのパケットBGPパケットを転送します。

  • refresh—BGPパケットを更新します。

  • update:パケットを更新します。これらのパケットは、BGP システムにルーティングの更新を提供します。このフラグのみを有効にした場合、受信したキープアライブメッセージはトレースメッセージを生成しません。このフラグkeepaliveを使用して、keepalive メッセージのトレースメッセージを生成します。

グローバルトレースフラグ

  • all—すべてのトレース操作

  • general—and trace 操作 normalroute 組み合わせ

  • normal:通常の運用すべて

  • このオプションが指定されていない場合、異常な操作や異常動作のみがトレースされます。

  • policy—ポリシーの運用とアクション

  • route—ルーティング テーブルの変更

  • state:状態の移行

  • task—ルーティング プロトコルタスクの処理

  • timer—ルーティング プロトコル タイマー処理

flag-modifier—(オプション) トレース フラグに対する変更以下の修飾子を1つ以上指定できます。

  • detail—詳細なトレース情報を提供します。

  • filter—フィルター トレース情報を提供します。は、 routedamping、、 updateトレースの各フラグにのみ適用されます。

  • receive—受信したパケットをトレースします。

  • send—送信されるパケットをトレースします。

no-world-readable—(オプション) ユーザーによるログ ファイルの読み取りを防止します。

size size—(オプション)各トレース ファイルの最大サイズ(KB)、メガバイト(MB)、ギガバイト(GB) トレースファイルの名前trace-fileがこのサイズに達すると、名前trace-file.0が変更されます。trace-fileこれが最大サイズに達すると、 trace-file.0名前がtrace-file.1変更trace-fileされtrace-file.0、名前が変更されることになります。このスキームの名前は、トレースファイルが最大数に達するまで続けられます。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。最大ファイルサイズを指定する場合は、 filesオプションを使用して最大数のトレースファイルを指定する必要があります。

  • 構文xk を使用して KB を xm 指定し、MB を指定するか xg 、GB を指定します。

  • システムでサポートされる最大ファイル サイズまで 10 KB

  • 128 KB

world-readable—(オプション) 任意のユーザーにログ ファイルの読み取りを許可します。

Required Privilege Level

routing and trace — このステートメントを設定に表示します。

routing-Control と trace-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。

4byte-as ステートメントは、Junos OS 9.2 で発表されました。

4byte-asEX シリーズスイッチの Junos OS リリース9.2 で導入された文。

ipsec のステートメントJunos OS Evolvedリリース21.3R1で紹介されています。