Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ルーティングインスタンス (複数のルーティングエンティティ)

構文

階層レベル

説明

ルーターの追加のルーティングエンティティを構成します。ルーターの BGP、IS-IS、OSPF、OSPFv3、RIP の複数のインスタンスを作成できます。また、複数のルーティングインスタンスを作成して、レイヤー3卸売ネットワーク内の各卸売加入者 (小売店) のルーティングテーブル、ルーティングポリシー、インターフェイスを分離することもできます。

各ルーティングインスタンスは、以下の要素で構成されています。

  • ルーティングテーブルのセット

  • これらのルーティングテーブルに属する一連のインターフェイス

  • 一連のルーティングオプション構成

各ルーティングインスタンスは、固有の名前とそれに対応する IP ユニキャストテーブルを持ちます。たとえば、名前my-instanceを使用してルーティングインスタンスを設定した場合、対応する IP ユニキャストテーブルはマイインスタンスであるということになります。のすべてのmy-instanceルートは、個人用インスタンスにインストールされています。 inet. 0.

ルーティングインスタンスが指定されていない場合、ルートはデフォルトのルーティングインスタンス inet にインストールされます。

Junos OS リリース 9.0 以降では、プライマリ、デフォルト、または bgpのルーティング インスタンス名を指定したり、ルーティング インスタンスの名前に特殊文字を含めることはできません。

Junos OS リリース9.6 以降では、論理システムが構成されていない場合にのみ、ルーティングインスタンス名にスラッシュ (/) を含めることができます。つまり、デフォルト以外の論理システムが明示的に設定されている場合は、ルーティングインスタンス名にスラッシュ文字を含めることはできません。ルーティングインスタンス名は、さらにフォーム__.*__の作成が制限されています (先頭と末尾はアンダースコアで始まります)。MTR ( :マルチトポロジールーティング) が有効になっている場合、コロン文字は使用できません。

ルーターのルーティングインスタンスが無効になっています。

オプション

routing-instance-name

—ルーティング インスタンスの名前。この値は、128文字以下の文字列である必要があります。

remote-vtep-list

静的なリモート VXLAN トンネルエンドポイントを構成します。

remote-vtep-v6-list

静的な IPv6 リモート VXLAN トンネルエンドポイントを構成します。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。

remote-vtep-v6-listJunos OS リリース17.3 で、MPC および MIC インターフェイスを使用した MX シリーズルーター向けに導入されたステートメント。