Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

routing-instances (Multiple Routing Entities)

構文

階層レベル

説明

ルーターの追加ルーティングエンティティを設定します。ルーターに対して、BGP、IS-IS、OSPF、OSPFv3、RIP の複数のインスタンスを作成できます。また、レイヤー3ホールセールネットワーク内の個々の卸売加入者(小売業者)のルーティングテーブル、ルーティングポリシー、インターフェイスを分離するための複数のルーティングインスタンスを作成することもできます。

各ルーティング インスタンスは、以下で構成されています。

  • 一連のルーティング テーブル

  • これらのルーティング テーブルに属する一連のインターフェイス

  • 一連のルーティング オプション設定

各ルーティング インスタンスには、一意の名前と対応する IP ユニキャスト テーブルがあります。例えば、名前 my-instanceでルーティングインスタンスを設定すると、対応するIPユニキャストテーブルはmy-instance.inet.0になります。のすべてのルート my-instance が my-instance.inet.0 にインストールされています。

ルーティング インスタンスが指定されていない限り、ルートはデフォルトのルーティング インスタンス inet.0 にデフォルトでインストールされます。

Junos OSリリース9.0以降では、 プライマリデフォルト、または bgp のルーティングインスタンス名を指定したり、ルーティングインスタンスの名前に特殊文字を含めたりすることはできません。

Junos OSリリース9.6以降では、論理システムが設定されていない場合にのみ、ルーティングインスタンス名にスラッシュ(/)を含めることができます。つまり、デフォルト以外の論理システムが明示的に設定されている場合、ルーティング・インスタンス名にスラッシュ文字を含めることはできません。さらに、ルーティングインスタンス名は、フォーム __.*__ (アンダースコアで終わる開始および終了)を持つことは制限されています。MTR(マルチポロジー ルーティング)が有効になっている場合、コロン : 文字を使用できません。

既定

ルーターのルーティング インスタンスは無効になっています。

オプション

routing-instance-name

- ルーティングインスタンスの名前。これは、128 文字以下の非予約文字列である必要があります。

remote-vtep-list

静的リモートVXLANトンネルエンドポイントを設定します。

remote-vtep-v6-list

静的 IPv6 リモート VXLAN トンネル エンドポイントを設定します。

必要な権限レベル

ルーティング—設定でこのステートメントを表示します。

ルーティング制御—設定にこのステートメントを追加します。

リリース情報

Junos OS リリース 7.4 より前に導入されたステートメント。

remote-vtep-v6-list MPCおよびMICインターフェイスを持つMXシリーズルーターのJunos OSリリース17.3で導入されたステートメント。