Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

route-monitoring

Syntax

Hierarchy Level

Description

BMP でポリシー適用前にルート監視メッセージを送信する必要があるかどうか、またはポストポリシールート監視メッセージ、両方のタイプのメッセージ、なしのいずれかを指定できます。事前ポリシーを設定して、判断プロセスに適さないルート (ルートループなど) を除外することができます。事後ポリシーを設定して、決定プロセスの対象外となるルート (たとえば、プロトコルのネクストホップが解決されていないなど) を除外することができます。

また、さまざまな階層レベル (たとえば、 [edit protocols bgp group group-name]または[edit protocols bgp group group-name neighbor address]など) で BMP ルート監視を選択的に有効または無効にすることもできます。

注:

最初はポリシー以前のルート監視を設定していて、後で初期構成を削除し、ポリシー後のルート監視を設定している場合、事前にアドバタイズされたポリシーより前のルートが引き出されます。反対に、最初のポリシーのルート監視を設定し、後でポリシーの適用前にルート監視を変更した場合は、事前にアドバタイズされたポストポリシールートが取り消しられます。

Options

none

BMP ルートの監視を明示的に無効にします。

  • 階層レベルでroute-monitoring明細書を設定した場合、デフォルトオプションは[edit routing-options bmp]が使用されます。 pre-policy

    注:

    明示post-policypre-policyに設定した場合は、デフォルトモードpre-policyが適用されます。

    route-monitoringオプションpre-policypost-policy, rib-out pre-policy、およびrib-out post-policyは、相互に排他的なものではありません。任意の組み合わせ、なし、またはすべてを設定できます。どのオプションも設定されていpre-policyない場合は、デフォルトのままになります。

    いずれroute-monitoringかの[edit protocols bgp]階層レベルで明細書を設定した場合、デフォルトのオプションは、 route-monitoring[edit routing-options bmp]階層レベルで設定されたステートメントからコンフィギュレーションを継承します。

各リブ

ローカルリブのルート監視メッセージを送信します。

ポストポリシー

BMP を使用する場合は、決定プロセスに適合しないルート (たとえば、プロトコルのネクストホップが解決されていないなど) を除外できます。これは、インポートポリシーを実行した後の BGP ルートのビューを表します。インポートポリシーによって BGP ルートが拒否された場合、そのルートは post ポリシーの表示には存在しません。

注:

ポストポリシーが設定されている場合、デバイスは受信したルートにインポートポリシーを適用します。これにより、BMP はルートを以下のように表示できます。

  • インポートポリシーによってルートのパラメーターが変更されると、ルートは BMP によって新しい値とともに示されます。

  • インポートポリシーがネクストホップを変更し、ネクストホップがローカルデバイスによって解決されなかった場合、ルートは BMP によって到達可能として表示されます。

  • インポートポリシーによってルートが拒否された場合は、BMP の更新で到達不能として表示します。

  • 到達不能なネクスト ホップでルートを受信したが、インポート ポリシーによってルートが拒否されていない場合、BMP はそのルートを到達可能として表示します。

  • 指定非適格なルートを除外 — 決定プロセスから非適格なルートを除外します。

    [除外] オプション付きでポリシーを適用すると、次のような場合に、到達できない BMP 更新が行われます。

    • インポートポリシーが next-hop を変更し、ネクストホップがローカルルーターによって解決されない場合、ルートは BMP によって到達不能として表示されます。

    • 到達不可能なネクストホップを使用してルートが受信された場合、このルートがインポートポリシーによって拒否されなければ、BMP によって到達不能として表示されます。

ポリシー適用前

BMP ルート監視決定プロセス (ルートループなど) から非実行のルートを除外します。これは、インポートポリシーを実行する前の BGP ルートのビューを示しています。

  • 指定非実現可能なルートを除外 — 決定プロセスから実現不可能なルートを除外します。

リブアウト

「形容詞の送信」-「リブのルート監視メッセージ」

  • 指定

    • post-policy — ポリシー後の adj-ribs-out ルート監視メッセージを送信します。

    • pre-policy —事前ポリシーの adj-ribs-out ルート監視メッセージを送信します。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース前のリリースでJunos OSされた13.2X51-D15。

rib-outJunos OS リリース 19.1 R1 で導入されたオプションです。

loc-ribJunos OS リリース19.2 で導入されたオプション