Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

remove-private

Syntax

Hierarchy Level

Description

リモート システムASパスを広告する場合は、ローカル システムにプライベート パスAS番号を削除ASします。番号は、as path の左端 (パスが最後に追加された場所) から始まるパスから削除されます。ルーティングデバイスは、最初の非プライベートASまたはピアのプライベートAS場合、プライベートATEの検索を停止AS。AS path に外部 BGP (EBGP) 近隣ノードの AS 番号が含まれている場合、BGP はプライベートを番号として削除しません。

注:

Junos OS 10.0 R2 以降では、as 番号と as をパス内の as number と一致させるプレフィックスを EBGP ピアに送信する必要がある場合、 as-overrideremove-privateステートメントの代わりにステートメントを使用することを検討してください。

この操作は、該当する場合、コンフェデレーションメンバーの複数の複数のパスASした後に実行されます。

Junos OS は、「IANA (IANA) 割り当てられた番号ドキュメントに定義されている範囲として、プライベートとみなされる番号のセットを認識します。

予約された番号AS 64,512から65,535の範囲です。32ビットプライベート ASN スコープは、42億 ~ 4294967294 の範囲内にあります。

Options

すべての

元のパスからすべてのプライベートを数字として削除します。プライベートが番号として公開されている場合でも、秘密を数字として削除するプロセスを停止しないでください。

近似

all And replaceオプションを使用する場合、as path が左から右に処理されるので、置換後の値として、オリジナルに検出された番号 as last (一番右) を選択します。パブリックではない数値が検出された場合は、デフォルトの置換値が使用されます。(デフォルトのreplace置換値に関する情報については、オプションを参照してください)。

交換

このallオプションを使用する場合は、プライベートを番号として削除するのではなく、置換の操作を実行します。プライベートな秘密度のデフォルト置換値は、BGP ピアの BGP グループレベルでの番号としてローカルになります。置換値について確信が持てない場合は、 show bgp group group-nameコマンドの出力に表示される値としてローカルをチェックしてください。

ピアループなし-チェック

ピアループチェックが削除されます。デフォルトでは、 remove-privateこの文はピアループチェック制約を持っています。AS path のプライベート AS が、近隣ノードの設定peer-asと同じ値を持つ場合、 remove-privateこのプライベートを番号として削除または置換しません。この制限により、ピアとしてのループ防御が可能になります。ただし、この制限はno-peer-loop-checkオプションを使用して削除できます。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。

no-peer-loop-checkJunos OS リリース15.1 で追加されたオプションです。