Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

preserve-nexthop-hierarchy (SRv6 TE)

Syntax

Hierarchy Level

Description

ソース パケット ルーティングに対して、preserve-nexthop 階層のサポートを有効にします。有効 preserve-nexthop-hierarchyにすると、SRv6 TE トランスポートが正しく設定され、サービス解決が適切に実行されます。階層レベルの[edit protocols source-packet-routing]ステートメントはpreserve-nexthop-hierarchy、SR-TE SRv6 トンネルを設定するための前提条件です。ただし、グローバル設定ステートメント set routing-options resolution preserve-nexthop-hierarchyを有効にした場合、次 preserve-nexthop-hierarchy[edit protocols source-packet-routing] ステートメントは必須ではありません。さらに、SR-TE によって設定されたトランスポートに対して、特定のデータ プレーンに対してのみ有効にする preserve-nexthop-hierarchy オプションがあります。次のオプションが有効になっている場合は、そのデータ プレーンの preserve-nexthop-hierarchy 無効化を無効にします。

Options

sr-mpls

sr-mpls の保持-nexthop 階層を無効にします。

srv6

srv6 の保持-nexthop 階層を無効にします。

Required Privilege Level

routing —このステートメントを設定で表示します。

routing-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 21.3R1 で導入されたステートメント。