Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

除外-エクスポート (BGP ヘルパー用のグレースフルリスタート)

構文

階層レベル

説明

エクスポートなし BGP コミュニティが、外部の BGP CE 隣接ルーターにアドバタイズされたルートに自動的に追加するのを防止します。このコミュニティー名を含む非エクスポートルートは、BGP コンフェデレーション境界の外部で通知されません。たとえば、VPN 導入では、BGP は PE CE プロトコルとして使用されることがよくあります。このような導入では、このような仕様をサポートするために簡単にアップグレードできない CEs との相互運用に対応することが、実際的であると考えられます。この要件によって、「古くなった」ルーティング情報が、1つ以上の IBGP ルーターがアップグレードされていない、これらの手順をサポートするルーターの境界を超えてリークしていないことを確認します。VPN PE CE の場合、使用されているプロトコルは EBGP で、LOCAL_PREF は IBGP 専用パス属性を使用しています。

「古い」ルーティング情報の伝搬を制限する主な目的は、コンフェデレーションの境界 BGP を超えても、制限なしに拡散しないようにすることです。通常、VPN の導入には topologically 制約があり、この問題は排除されます。このため、実装では、明示的に設定されたときに、PE CE セッションで古いルートをアドバタイズすることがあります。このようなシナリオでは、実装は、NO_EXPORT コミュニティーを問題のあるルートにデフォルトで接続する必要があります。これは、制限なしに古いルートを追加保護することを目的としています。NO_EXPORT コミュニティーの添付ファイルは、例外的なケースに対応するために明示的に無効にすることができます。CE がこの仕様をサポートしていない場合でも、一部の VPN 導入では、古くなったルートを CE に通知することが必要になる場合があります。そのような場合、PE ルーターを構成してルートをアドバタイズする場合は、ルートを受信する CE のオペレーターに通知する必要があります。また、CE はルートを使用しないように設定する必要があります。典型的な BGP 実装では、この運用を LLGR_STALE コミュニティーに対応させることによって実行し、ルートのマッチングに LOCAL_PREF をゼロに設定します。

このomit-no-exportオプションが追加または削除されると、セッションがリセットされます。このセッションの残りの部分では、エクスポートポリシーの外側に追加されるエクスポート以外のコミュニティーに対して、LLGR の古いルートを readvertised することができます。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定に表示します。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 15.1 Junos OSで発表されたステートメント。