Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

long-lived (Graceful Restart for BGP Helper)

Syntax

Hierarchy Level

Description

長期的なグレースフル再起動メカニズムを構成して、BGP のグレースフルリスタート機能を使用してルーティング情報が維持される期間よりも、失敗した BGP ピアから長期間にわたって BGP ルーティングの詳細を維持することができます。通常のグレースフル再起動レシーバーまたはヘルパーモードが無効になっていない限り、寿命の長いグレースフル再起動受信者またはヘルパーモードはデフォルトで有効になっています。

long-lived receiver enable 、設定の上位レベルから継承された disable オプションをオーバーライドします。すべてのファミリーに対して長い稼働時間のグレースフル リスタート リスタート モードを有効にしません。各ファミリーに対してリスタート モードを明示的に設定する必要があります。LLGR レシーバーまたはヘルパーモードが有効または無効になっている場合、セッションはリセットされます。この動作により、新しい機能の値が近傍に送信されます。

注:

BGP セッションが確立された後で正常な再起動を構成すると、BGP セッションが再起動し、ピアーはグレースフルリスタート機能をネゴシエートします。

機能を有効にするに[edit routing-options][edit routing-instances instance-name routing-options] 、階層レベルでグローバルな再起動を設定します。フルリスタートがグローバルにも有効になっていない限り、特定のプロトコルに対してグレースフルリスタートを有効にすることはできません。オプションとして、個々のプロトコルレベルでグローバル設定を変更することもできます。

残りのステートメントは個別に説明されています。CLI エクスプローラーを参照してください。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース 15.1 Junos OSで発表されたステートメント。