Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

グレースフルリスタート (BGP Restarter)

構文

階層レベル

注:

各ルーティングテーブルは、プロトコルファミリーまたはアドレスファミリーインジケーター (AFI) とそれに続くアドレスファミリ識別子 (SAFI) によって識別されます。AFI パラメーターは(l2vpn | inet | route-target)プロトコルの1つであり、safi パラメーターは inet ファミリのプロトコル、 (flow | labeled-unicast)または L2VPN family の(auto-discovery-mspw | auto-discovery-only | signaling) protcols のいずれかです。.

LLGR を設定する場合、BGP のグレースフルリスタートも設定する必要はありません。長期的に有効期間が長い再起動セクションは、l2vpn、inet というラベルが付いたユニキャスト、inet フロー、およびルートターゲットに対してのみ表示されます。Inet-mvpn、inet6 の vpn、および inet mdt では禁止されています。他のファミリーでは非表示になっています。

説明

再起動するルーターで長時間 BGP セッション用のグレースフルリスタート機能を構成し、BGP ルーティングの詳細を長期間保持することを可能にします。ルーターを長期間にわたってゆっくり再起動する理由で、BGP の制御プレーンに障害が発生した場合、BGP データを長期間保持することが重要です。古いルートを維持する必要がある期間を定義できます。

また、システム、論理システム、またはルーティングインスタンスのすべてのアドレスに対してこの機能を設定するのではなく、特定のアドレスファミリーに対して長期的に有効な restarter モードネゴシエーションメカニズムを BGP 構成することもできます。

LLGR restarter がファミリーに対して有効または無効になっている場合、または stale 時刻が変更された場合、セッションはリセットされ、新しい機能を近傍に送信できるようになります。

残りのステートメントは個別に説明されています。CLI エクスプローラーを参照してください。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定に表示します。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 15.1 Junos OSで発表されたステートメント。