Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

フォワーディング状態ビット (BGP の正常な再起動のためのファミリー当たり)

構文

階層レベル

説明

個々のアドレスファミリーの BGP に対して、転送状態ビットフラグネゴシエーションを構成します。転送状態ビットのグローバル設定のほかに、転送状態ビット動作は個々のシリーズに対して指定できます。転送状態ビットの設定を変更しても、既存のセッションに影響を与えることはありません。ファミリごとに BGP 設定オプションが追加され、転送状態ビットは、グレースフルリスタートおよび長期のグレースフルリスタート機能広告で制御できます。デフォルトの論理システム、特定の論理システム、プライマリ ルーティング インスタンスまたは特定のルーティング インスタンスに対してこれらのテーブルを指定できます。このper-family forwarding-state-bit属性によって、転送状態ビットを設定するためのデフォルトのルールまたはグローバル構成が上書きされます。

F ビットの設定 (および付属する GR 機能の「転送状態」ビット) は、導入時の考慮事項によって異なります。F ビットは、ヘルパールーターが関連付けられたルートをフラッシュする必要があることを示すものです (ビットがクリアされている場合)。LLGR が使用されている重要なシナリオは、従来のルーティング (トンネルベースのルーティングではなくホップバイホップフォワーディング) よりも構成が類似するルートを対象としています。そのようなルートの場合は、他の考慮事項に関係なく、常に F ビットを設定すると便利です。同様に、転送プレーンに関与しない、専用ルートリフレクタなどの制御プレーンのみのエンティティについては、F ビットが常に設定されるようにしておくことをお勧めします。全体的に採用するガイドラインは、再起動するルーターの状態の損失によってフォワーディング ループや null ルートが合理的に発生すると予想される場合、状態が保持されているかどうかに応じて、F ビットを思い切って設定する必要があるという考え方です。導入のニーズと設定に基づいて、F ビットを設定する必要があるかどうかを決定できます。CE がこの仕様をサポートしていない場合でも、一部の VPN 導入では、古くなったルートを CE に通知することが必要になる場合があります。このようなシナリオでは、このようなルートを提供するように PE を設定するネットワーク事業者は、ルートを受信する CE のオペレーターに通知する必要があります。また、CE はルートを設定しないように設定されている必要があります。通常、BGP 実装では、LLGR_STALE コミュニティーを照合してこの動作を実行し、LOCAL_PREF をゼロに一致させるルートに設定します。

オプション

set

この値は、関連付けられた FIB の状態に従って設定されます。ファミリごとの転送状態ビットの設定を変更しても、既存のセッションに影響はありません。

from-fib

転送状態ビットを強制的に1に設定します。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 15.1 Junos OSで発表されたステートメント。