Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

転送コンテキスト (プロトコル BGP)

構文

階層レベル

説明

MPLS フォワーディングタイプのルーティングインスタンスを使用することで、MPLS のスプーフィング防御を必要とする近隣ノードを分離して、パケットを他のピア BGP と区別しないようにすることができます。

近傍インターフェイスで転送コンテキストを設定すると、たとえば、共通の境界ルーターとして明示的にアドバタイズされている境界ルーターとして、ピアからのパケット MPLS のみを受け付けるように構成する場合などに便利です。

この文をとともmpls-forwardingに使用して、境界ルーターとしての As VPN オプション B のコンテキストで、境界ルーターとしてのラベルスプーフィングから保護します。オプション B ピアは、MPLS 転送タイプルーティングインスタンスの一部として設定されているローカルインターフェイスを経由してアクセスできます。

forwarding-context VPN BGP ピアに設定されていない場合は、ルーティングインスタンスと転送コンテキストの両方がマスタールーティングインスタンスによって提供されます。マスター インスタンスは、Junosを含むデフォルトのグローバル ルーティング インスタンス protocols bgp です。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定に表示します。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース16.1 で導入されました。