Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

file (Tracing for Origin AS Validation)

Syntax

Hierarchy Level

Description

リソース公開キー インフラストラクチャ(RPKI)の BGP ルート検証をトレースするためのファイル設定を構成します。

Options

Filename

トレース操作の出力を受信するファイルの名前。名前を引用符で囲みます。すべてのファイルがディレクトリに配置されます /var/log

ファイル 番号

(オプション)トレース ファイルの最大数。名前の付いたtrace-fileトレース ファイルが最大サイズに達すると、トレース ファイルの最大数に達するまで(xkKB を指定するか、MB を指定するかxgxmギガバイトを指定する)まで、そのファイルの名前が変更trace-file.0されますtrace-file.1。この時点で、最も古いトレース ファイルが上書きされます。ファイルの最大数を指定する場合は、オプションを使用して最大ファイル サイズも指定する size 必要があります。

  • 範囲:2~1000ファイル

  • 既定:3ファイル

世界で読み取り不可能

(オプション)ファイルを作成したユーザーへのファイルアクセスを制限します。

サイズ サイズ

(オプション)各トレース ファイルの最大サイズ(KB)、MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)単位。名前の付いたtrace-fileトレース ファイルが最大サイズに達すると、トレース ファイルの最大数に達するまで、そのファイルの名前が変更trace-file.0trace-file.1されます。次に、最も古いトレース ファイルが上書きされます。ファイルの最大数を指定する場合は、オプションを使用して最大ファイル サイズも指定する files 必要があります。

  • 構文:xk KB を指定するか、 xm MB を指定するか、または xg GB を指定します。

  • 範囲:10 KB~1 GB

  • 既定:128 KB

世界で読み取り可能

(オプション)無制限のファイル アクセスを有効にします。

Required Privilege Level

routing —このステートメントを設定で表示します。

routing-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 12.2 で導入されたステートメント。