Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

defer-initial-multipath-build

Syntax

Hierarchy Level

Description

すべてのパス パスを受け取るまでBGPマルチパス計算を行います。マルチパスが有効になっている場合は、新しいルートが追加されるたびに、または既存のルートが変更するたびに、BGP によってマルチパスキューにルートが挿入されます。BGP のパス機能で複数のパスが受信された場合、BGP は1つのマルチアドレスルートを複数回計算することがあります。これにより、RIB(BGP)の学習速度が遅ルーティング テーブルされます。この機能を有効にすると、ルーターはリブのマーカーを受信するまでのマルチパス計算 BGP 開始されません。マルチパス計算を遅延させるには、このオプションを構成します。

または、マルチパスの計算を遅延するには、階層レベルで[edit protocols bgp]のマルチパス構築優先度設定ステートメントを使用して、BGP マルチパスジョブの優先度を変更することもできます。

Options

最大遅延

ピアが稼働した後にデバイスがマルチパスの計算を遅延する必要がある最大時間を秒単位で指定します。

  • 1~ 3600

Required Privilege Level

ルーティング

Release Information

Junos OS リリース18.1 で導入された文