Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

damping (Protocols BGP)

Syntax

Hierarchy Level

Description

ルート フラップ ダンピングを有効にします。BGP ルート フラッピング は、BGP システムが過剰な数の更新メッセージを送信してネットワーク到達可能性情報をアドバタイズする状況を説明します。フラップ ダンピングにより、BGP ピア間で送信される更新メッセージの数が減少するため、安定したルートのルート コンバージェンス時間に悪影響を及ぼすことなく、これらのピアの負荷が軽減されます。

通常、外部 BGP(EBGP)ルート(つまり、異なる AS のルート)にフラップ ダンピングを適用します。コンフェデレーション メンバーの AS 間のコンフェデレーション内にも適用できます。AS内のルーティングの一貫性は重要であるため、内部BGP(IBGP)ルートにフラップダンピングを適用しないでください。(その場合は無視されます。このルールの例外は、アドレス ファミリ レベルでフラップ ダンピングが適用される場合です。アドレス ファミリー レベルでフラップ ダンピングを適用すると、IBGP と EBGP の両方で機能します。

Default

ルーティング デバイスでフラップ ダンピングが無効になっています。

Required Privilege Level

routing —このステートメントを設定で表示します。

routing-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 7.4 より前に導入されたステートメント。

Junos OS リリース 12.2 で導入されたアドレス ファミリー レベルでのフラップ ダンピングをサポート。