Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

bgp-error-tolerance (Protocols BGP)

Syntax

Hierarchy Level

Description

BGP 更新メッセージに対するエラー処理を有効にします。

Options

不正なルート制限

メモリに保存されている不正な非表示ルートの数を制限します。

注:

malformed-route-limit値が小さくなると、新しい不正な BGP 更新メッセージのみが影響を受け、既存の無効なルートは保持されます。

  • 1000

  • 0 ~ 4294967295

不正な形式の update-log-interval

無効な BGP 更新メッセージのロギングが抑制される期間を設定します。

不正な更新ログ間隔を設定するには、次のようにします。

  1. 最初の不正な BGP 更新メッセージがログに記録されます。

  2. ログ間隔が満了するまで、以後の不正な更新メッセージはすべて抑制されます。

  3. ログ間隔の期限切れ時に、このインターバル中に受信した異常な属性の総数がロギングされます。

このプロセスは、次の不適切な更新メッセージが受信されたときに繰り返されます。

  • 300秒

  • 10 ~ 65535 秒

異常のないルート制限

メモリに保存されている不正な非表示ルートの数の制限を無効にします。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース 13.2 Junos OSで発表されたステートメント。