Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

source-packet-routing

Syntax

Hierarchy Level

Description

セグメントルーティングをサポートするプロトコルのトラフィックエンジニアリングパケットに対して、ネットワーク (SPRING) またはセグメントルーティングで送信元パケットルーティングを有効にします。たとえば、BGP アドレスファミリーのセグメントルーティング機能を構成して、ネットワーク要件に応じてトラフィックを誘導することができます。

BGP シリーズでセグメントルーティングトラフィックエンジニアリングを有効にするにsegment-routing-teは、 [edit protocols bgp family inet|inet6] and [edit protocols bgp group group-name neighbor neighborfamily inet|inet6]階層レベルで構成します。また、 sr-preference-override階層[edit protocols bgp family inet|inet6 source-packet-routing]レベルで設定します。これにより、BGP はセグメントルーティングポリシーをサポートし、セグメントリストに基づいてトラフィックを誘導することができます。

注:

sr-preference-override は 、SRv6 LSP の静的 SR-TEには適用できません。

ポリシーアクションcolor: color-mode:color-valueは、セグメントルーティングトラフィック[edit policy-options community namemembers]を分類するために、階層レベルで設定されます。このカラー値は、inet ユニキャストおよび inet6 アドレスシリーズからプレフィックスをエクスポートし、BGP コミュニティーをセグメントルーティングポリシーパスの定義に関連付けるときに、BGP コミュニティーに関連付けられています。

Options

inherit-ラベル-nexthops

すべてのセグメントリストで、最初のホップの次ホップのラベルを継承します。

が階層に設定されている場合は、グローバルに適用され、個々segment-listのレベルの設定よりも優先されます。 [edit protocols source-packet-routing]inherit-label-nexthops

PCEP 駆動型セグメントルーティング Lsp である動的な非カラー静的 Lsp の場合、セグメントレベルinherit-label-nexthopsの設定が適用されていないため、このステートメントをグローバルに有効にする必要があります。

lsp-external-controller

外部パスコンピューティングエンティティ、通常はネットワークコントローラを指定します。

最大セグメントリスト深さ

セグメントルーティングトラフィックエンジニアリングポリシーの最大セグメントリスト深さを指定します。

  • デフォルト値は5です。

  • 1 ~ 16

maximum-srv6-segment-list-depth

セグメント ルーティング ポリシーに対して、srv6 セグメント リストの奥行き最大トラフィック制御します。

  • 低SRHの場合、デフォルト 値は6です。

  • 1~6。

  • 非削減 SRH の場合、デフォルト 値は 5 です。

  • 1~5 .

注:

階層レベルの下で設定されている場合は、セグメント リストに最大 5 つのSD を設定し、それ以外の場合はコミット制約を設定 no-reduced-srh[edit routing-options source-packet-routing srv6]maximum-srv6-segment-list-depth します。

]

セグメントルーティングトラフィックエンジニアリングルートのルート優先度です。

再試行-タイマー

前回の試行が失敗した場合に自動変換サービスへの再接続を試行するまでの秒数です。特定の IP アドレスのリンクまたはノードが存在しない場合や、リンクまたはノードが SID を持っていない場合、接続が失敗する可能性があります。

  • 30秒

  • 1 ~ 600

sr-優先度

静的なセグメントルーティングポリシーの環境設定を指定します。BGP は、値が小さいポリシーよりも高い値を持つセグメントルーティングポリシーを選択します。

  • 0 から 4,294,967,295

sr-優先度の上書き

セグメントルーティングポリシーを選択するために BGP 使用する静的セグメントルーティングポリシーの設定を指定します。BGP は、低い値のポリシーよりも高い値を持つポリシーを選択します。

  • デフォルト値は100

  • 0 から4,294,967,295

トンネル追跡

このオプション tunnel-tracking が有効になっている場合、SR-TEのルート解決に従ってファーストホップ検証を実行します。このオプションが有効になっている場合も、各パスのステータスが表示されます。

srv6 SR-TE ポリシーに対して SRv6 のサポートを指定します。静的に設定された SR-データ プレーン ポリシーに対して SRv6 サービス サポートを有効 srv6 TEします。
preserve-nexthop-hierarchy(ネクストホープ階層の保持) SR-ルーティング ルートに対して nexthop 階層TE指定します。

残りのステートメントは個別に説明されています。詳細については、 CLI エクスプローラーで文を検索するか、「シンタックス」セクションでリンクされた文をクリックします。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 17.4 R1 で、PTX-P1 とともに MX シリーズおよび PTX シリーズに導入された文。

telemetryJunos OS リリース 18.3 R1 の MX シリーズおよび PTX シリーズに導入されているオプション。 FPC-PTX を使用しています。

inherit-label-nexthopsまたretry-timer 、Junos OS で導入される文は、MX シリーズルーター上でリリース 19.1 r1 となります。

tunnel-tracking オプションは、Junos OS 21.2R1 で導入されました。

srv6 オプションは、Junos OS 21.3R1 で導入されました。