Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

advertise-inactive

Syntax

Hierarchy Level

Description

BGP によって学習された最適なルート BGP にエクスポートするようにルーティングテーブルを設定します。 Junos OS がこのルートをアクティブルートとして選択していない場合でも、それを対象とします。

マルチベンダーの互換性を実現する方法の 1 advertise-inactiveつとして、外部 BGP (ebgp) 構成にステートメントを含めることが挙げられます。デフォルトでは、BGP は、Junos OS ルーティングテーブルの更新メッセージから受信したルート情報を格納し、ルーティングテーブルはアクティブなルートのみを BGP にエクスポートします。これにより、ルーターはそのピアへの通知を BGP ます。このadvertise-inactiveステートメントによって、Junos OS は IGP の優先度により、アクティブでない最高の BGP ルートをアドバタイズします。ステートメントを使用すると、Junos OS デバイスは転送に OSPF ルートを、他のベンダーのデバイスは転送に EBGP ルートを使用 advertise-inactive します。しかし、隣接するネットワーク内の EBGP ピアAS、両方のベンダーのデバイスが同じように動作しているのを見えます。

注:

BGP はadvertise-inactive 、ネットワークレイヤーの到達可能性情報 (nlri) をラベル付きで通知し、アドバタイズルートを xxx に配置します。 3 (inet. 3 など) ルーティングテーブルには Junos OS、このような非アクティブルートが自動的にアドバタイズされていても、エフェクティビティステートメント.

Default

デフォルトでは、BGP は、Junos OS ルーティングテーブルの更新メッセージから受信したルート情報を格納し、ルーティングテーブルはアクティブなルートのみを BGP にエクスポートします。これにより、ルーターはそのピアへの通知を BGP ます。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。