Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

受け入れ済み-プレフィックス制限

構文

階層レベル

説明

BGP ピアセッションで受け入れることができるプレフィックス数の制限を構成します。この制限を超えると、システムログメッセージが送信されます。

このステートメントは、メッセージをログに記録する、BGP セッションをリセットする、またはその両方を実行する機能を提供します。ピアから受信し、ポリシーによって受け入れられるプレフィックス数が事前設定した制限を超えている場合に行います。この機能は機能と同じprefix-limitですが、受信したプリフィックスではなく、受け入れられたプレフィックスに対して動作するという点が異なります。

オプション

maximum number

プレフィックスの最大数を設定すると、その数値を超えた場合にメッセージがログに記録されます。

  • 1~4,294,967,295(232 – 1)

teardown <percentage>

teardownステートメントを指定した場合は、プレフィックスの最大数に達すると、セッションが破棄されます。割合を指定した場合、メッセージは、プレフィックス数がその割合を超えたときにログに記録されます。セッションが遮断された後は、そのidle-timeoutステートメントを含めない限り、短時間で再確立されます。その後、セッションを指定された時間だけ停止させることができます。指定foreverした場合、セッションは、コマンドのclear bgp neighbor発行後に再確立されます。

このteardownステートメントが構成されていない場合、プレフィックスの数がmaximumオプションに設定された値を超えたときに、メッセージがログに記録されます。

  • 1~100

idle-timeout (forever | timeout-in-minutes)

idle-timeoutステートメントを含めると、セッションは指定された時間だけ、または無期限に破棄されます。時間を指定した場合、セッションはこのタイムアウト期間後に再設定を許可されます。指定foreverした場合、セッションは、 clear bgp neighborコマンドを使用した後に再確立されます。

  • 1~2400

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 9.2 Junos OSで発表されたステートメント。