Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show v4ov6-tunnels

Syntax

Description

ルーティング プロトコル プロセス(rpd)で設定されたすべての V4oV6 トンネルを表示します。トンネル コンポジット NHINDEX0、転送テーブルとも呼ばれる FIB(転送情報ベース)にルートがまだインストールされていません。

Options

なし

パケット転送エンジン トンネルの動的トンネルローカリゼーション情報を表示します。

アンカー pfe

アンカー pfe に基づいて、ルーティング プロトコル プロセスの V4oV6 トンネルをフィルタリングします。

アンチスプーフィング IP

(オプション)アンチスプーフィング IP アドレスに基づいて、ルーティング プロトコル プロセスの IPv4-over-IPv6 トンネルをフィルタリングします。

ファブリック

(オプション)内部ファブリックの状態。

論理システム(すべて| 論理システム名

(オプション)すべての論理システムまたは特定の論理システムで、この操作を実行します。

tcnh-index

(オプション)tcnh-index に基づいて、ルーティング プロトコル プロセスの V4oV6 トンネルをフィルタリングします。

v6-dest

(オプション)IPv6 宛先アドレスに基づいて、ルーティング プロトコル プロセスの V4oV6 トンネルをフィルタリングします。

v6-source

IPv6 送信元アドレスに基づいて、ルーティング プロトコル プロセスの V4oV6 トンネルをフィルタリングします。

Required Privilege Level

ビュー

Output Fields

表 1 は、コマンドの出力フィールドを show v4ov6-tunnels リストします。出力フィールドは、表示される概算順にリストされます。

表 1: show v4ov6-tunnels

フィールド名

フィールドの説明

Destination

動的トンネルの宛先 IPv6 アドレス。

Source

動的トンネルの送信元 IPv6 アドレス。

Antispoof

動的トンネルのアンチスプーフィング アドレス。

Antispoof Status

アンチスプーフィング機能のステータス。

Mtu

動的トンネル用に構成された最大送信単位。

Anchor pfe

動的トンネルのアンカー PFE。

tcnh

トンネル複合ネクスト ホップ アドレス。

tcnh-index

トンネル複合ネクスト ホップ アドレスのインデックス値。

tcnh-refcount

トンネル複合ネクスト ホップ アドレスの参照カウント。

Sample Output

show v4ov6-tunnels information

Release Information

17.3R1 で導入されたコマンド。