Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ルートを表示

構文

構文 (EX シリーズスイッチ)

説明

ルーティングテーブルのアクティブなエントリを表示します。

オプション

なし

ルーティングテーブルのすべてのアクティブなエントリに関する概要情報を表示します。

すべての

ナプライベートまたは内部のルーティングテーブルを含む、すべてのルーティングテーブルに関する情報を表示します。

宛先プレフィックス

ナ指定されたアドレスまたはアドレス範囲のアクティブなエントリを表示します。

論理システム(全| 論理システム名)

ナこの操作は、すべての論理システムまたは特定の論理システムで実行します。

プライベート

ナすべてのプライベートまたは内部のルーティングテーブルに関する情報を表示します。

プログラムされた詳細

(オプション)API によってプログラムされたルートを表示します。

ディスプレイクライアントデータ

ナルーティングプロトコルプロセスクライアントアプリケーションによってインストールされたルートのクライアント id および cookie 情報を表示します。

te-ipv4-prefix-ip te-ipv4-prefix-ip

ナトラフィックエンジニアリングプレフィックスの IPv4 アドレスを表示します (ルーティングテーブルに存在する場合は、マスク長は含まれません)。

te-ipv4-prefix-node-ip te-ipv4-prefix-node-ip

ナトラフィックエンジニアリングノードから発生したすべての接頭辞を表示します。lsdist.0テーブル内のトラフィックエンジニアリングルートから IPv4 ノードアドレスをフィルタリングできます。

te-ipv4-prefix-node-iso te-ipv4-prefix-node-iso

ナトラフィックエンジニアリングノードから発生したすべての接頭辞を表示します。lsdist.0テーブルの指定した ISO サーキット ID を使用して、IPv4 ルートをフィルタリングできます。

rib-sharding(メイン |rib-shard-name)

(オプション)rib 断片名を表示します。

必須の権限レベル

'95'5c

出力フィールド

表 1show route コマンドの出力フィールドについて説明します。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: ルート出力フィールドを表示します。

フィールド名

フィールドの説明

ルーティングテーブル名

ルーティングテーブルの名前 (inet. 0 など)。

宛先 の数

ルーティングテーブルにルートが存在する宛先の数。

番号 ルート数

ルーティングテーブル内のルート数と以下の状態でのルート数の合計:

  • active(アクティブなルート)

  • holddown(非アクティブな宣言が行われる前に保留状態にあるルート)。Holddown ルートは、アクティブルートの1つとなり、アクティブなルートではなくなりました。プロトコルがルートに関心を持っているので、ルートは holddown 状態です。つまり、利息ビットが設定されます。プロトコルがルートをアドバタイズしているため、以前アクティブになっていたルートに対しても、目的のビットが設定されている場合があります。すべてのプロトコルがルートの提供情報を撤回し、利子ビットを削除すると、ルートは削除されます。持続的 holddown の状態は、多くの場合、関心のあるプロトコルがその関心を適切に解放していないことを意味します。

    しかし、 add-path or advertise-inactiveステートメントで複数のルートの提供情報を設定している場合、BGP がルートをアクティブルートとしてアドバタイズしているため、holddown ビットが設定される可能性が最も高くなります。この場合は、holddown 状態を無視できます。問題は何も発生していません。

    モードが設定さuRPF-looseれている場合、カーネルルーティングテーブル (krt) は、アクティブでないルートを使用して有効な受信インターフェイスを構築するため、holddown ビットがセットされている可能性が高くなります。この場合は、holddown 状態を無視できます。問題は何も発生していません。

  • hiddenルーティングポリシーのために使用されていないルートです。

宛先プレフィックス

ルート宛先 (例: 10.0.0.1/24) です。ルート情報は、次のような別の形式で提示される場合があります。

  • MPLSラベル (例:80001)。

  • インターフェイス名 (ge-1/0/2 など)。

  • neighbor-address:control-word-status:カプセル化タイプ:vc-id:送信元 (レイヤー 2 回線のみ)。たとえば、10.1.1.195: NoCtrlWord: 1: 1: ローカル/96):

    • ネイバーアドレス— 近隣のアドレス。

    • 制御語のステータス—この仮想回線で制御語の使用がネゴシエートされたかどうか: NoCtrlWord または CtrlWord。

    • カプセル化タイプ— 番号で表されるカプセル化のタイプ: (1) フレームリレー DLCI (2) atm AAL5 VCC transport, (3) ATM 透明セルトランスポート、(4) イーサネット、(5) VLAN イーサネット、(6) HDLC、(7) PPP、(8) ATM VCC セルトランスポート、(10) ATM VPC セルトランスポート。

    • vc-id— 仮想回線識別子。

    • 送信元— アドバタイズメントの送信元: ローカルまたはリモート

[ プロトコル設定 ]

ルートが学習されたプロトコルとルートの優先度値。

  • +—プラス記号は、アクティブ ルート(デバイスから転送テーブルにインストールルーティング テーブルを示します。

  • - —ハイフンは最後のアクティブ ルートを示します。

  • *— アスタリスクは、ルートがアクティブなルートと最後のアクティブ ルートの両方かどうかを示します。線のto前にあるアスタリスクは、ルートへの最適なサブパスを示します。

LocalPref 属性を除くBGPルーティング メトリックでは、より少ない値が望まれます。共通の比較ルーティンを使用するために、Junos OSは Preference2 フィールドに LocalPref 値の 1 の補足値を格納します。たとえば、ルート1の LocalPref 値が100の場合、Preference2 値は-101 です。ルート 2 の LocalPref 値が 155 の場合、Preference2 の値は -156 になります。ルート 2 が好ましいのは、LocalPref 値が高く、Preference2 の値が低いという点です。

数週間:日数:時間::

ルートの既知の時間(たとえば、2w4d 13:11:14、または2週間、4日、13時間11分、14秒)。

指定されたルートのコスト値。内のルートでは、コストは IGP と個々のプロトコルメトリックによって決定されます。外部ルート、宛先、ルーティングドメインについては、コストは優先度の値によって決定されます。

localpref

ルートに含まれているローカル優先値。

差出人

ルートが受信されたインターフェイス。

パスとして

ルートが学習されたパス。AS path の末尾にある文字はパスの原点を示し、AS path が送信された時点でのルートの状態を示しています。

  • I—IGP。

  • E—EGP。

  • ?—不完全、通常はASパスが集約されました

ルートにパス番号が含まれている場合、その形式は次のとおりです。

  • [ ]角括弧は、ルーティング デバイスで複数のAS番号が設定されている場合、またはASパスの未追加が設定されている場合に、ASパスに関連付けられたローカルAS番号を囲みます。

  • { }—中括弧はAS括弧で囲む。これは、番号のAS重要ではない番号のグループです。ルートアグリゲーションによる一般的な結果セットです。各セットの数値は昇順で表示されます。

  • ( )—括弧はコンフェデレーションを囲む。

  • ( [ ] )—括弧と角括弧は、コンフェデレーション セットを囲みます。

注:

Junos OS リリース10.3 以降では、BGP 属性 128 (属性セット) を受信し、ルーティングインスタンスで独立ドメインを構成していない場合、AS path フィールドに、認識されない属性と関連する16進値が示されます。

カプセル 化

IPv6 トンネルを介して IPv4 トラフィックをルーティングするために、指定した BGP コミュニティーに対して有効な拡張されたネクストホップエンコード機能。BGP がトンネルのコミュニティーを使用せずにルートを受信した場合、IPv4-0ver IPv6 トンネルは作成されず、BGP ルートはカプセル化しないで解決されます。

ルート ラベル

BGP の工順更新で運ばれるラベルのスタックです。

検証状態

(BGP 学習したルート)ルートの検証ステータス:

  • 無効 — プレフィックスが見つかったが、EBGP ピアから受信した対応する AS がデータベースに表示される AS ではなく、または BGP 更新メッセージ内のプレフィックス長さが、データベースで許可されている最大長よりも長いのいずれかを示します。

  • 不明 — プレフィックスがデータベース内のプレフィックスまたはプレフィックス範囲に含えられていないかどうかを示します。

  • 未検証 — プレフィックスの起点がデータベースに対して検証されないかどうかを示します。これは、データベースが作成され、BGP インポートポリシーで検証が呼び出されていないためです。送信元の検証が有効になっているか、BGP のピアに対して送信元の検証が有効になっていないことが原因です。

  • 有効 — プレフィックスと自律システムのペアがデータベースに見つかった場合を示します。

宛先

宛先への next-hop 山括弧 (>) は、ルートが選択されたルートであることを示します。

宛先が接続さDiscardれている場合、トラフィックは破棄されます。

Next-hop に到達するために使用されるインターフェース。ネクスト ホップに使用可能なインターフェイスが複数ある場合、実際に使用されているインターフェイスの後に Selected という単語が続きます。このフィールドには、以下の情報も含めることができます。

  • 重み — プライマリ、セカンダリ、バックアップ ルートの識別に高速再ルート値。重み情報は MPLS ラベルスイッチパス (LSP) リンク保護、ノードリンク保護、または高速再ルーティングが有効になっている場合、またはセカンダリパスでスタンバイ状態が有効になっている場合に使用できます。低重量値を使用することをお勧めします。同じ重量値を持つルートの中には、負荷分散が可能です。

  • バランス — ルーティング デバイスで等しくないコスト 処理を実行している場合に、ネクスト ホップ間で等しくないコストのトラフィックがどのように分散されるのかを示す係数ロード バランシング。この情報は BGP マルチパスのロードバランシングを有効にすると利用できます。

  • lsp-path-name— ネクスト ホップに到達するために使用される LSP の名前。

  • ラベルアクション—MPLSでのラベルと操作を定義します。操作には pop(スタックの一番上からラベルが削除されている場合)、プッシュ(ラベル スタックに別のラベルが追加されている場合)、またはスワップ(ラベルが別のラベルで置換されている場合)を選択できます。VPN の場合、VPN ルートに必要な内部ラベルと外部ラベルに対応する複数のプッシュ操作が必要になります(PE と PE 間の直接接続の場合、VPN ルートは内部ラベル プッシュのみを使用します)。

プライベート ユニキャスト

(モバイル ルーター用の加入者MX シリーズ拡張)アクセス内部ルートが拡張加入者管理によって管理されるかどうかを示します。これに対し、強化された加入者管理によって管理されていないアクセス内部ルートは、関連するネクストホップおよびメディアアクセス制御 (MAC) アドレス情報とともに示されます。

勘定

Nexthop ゲートウェイ全体で、コストのかかるマルチパス (ECMP) の基盤となるオペレーショナルインターフェイス帯域幅に基づく負荷分散の割合。

サンプル出力

ルートを表示

ルート (VPN) の表示

次のサンプル出力は、複合の次ホップが有効になっている VPN ルートを示しています。1つPush目の操作は、外側のラベルに対応します。2つPush目の工程は、内部ラベルに対応します。

ルート (宛先プレフィックスを含む) を表示

ルート宛先を表示-プレフィックスの詳細

さまざまなルートを表示

ルート プログラムされた詳細を表示

リリース情報

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド

Junos OS privateリリース9.5 で導入されたオプションです。

EX privateシリーズスイッチの Junos OS リリース9.5 で導入されたオプション。

Junos OS display-client-dataリリース 16.2 r1 で導入されたオプションは、MX80、MX104、MX240、MX480、MX960、MX2010、MX2020 シリーズルーターにあります。

te-ipv4-prefix-ip17.2 は、MX シリーズおよび PTX シリーズで Junos OS のリリースを公開していte-ipv4-prefix-node-ipte-ipv4-prefix-node-isoます。

rib-sharding リリースリリースでcRPDされたオプション20.1R1。