Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show route receive-protocol

Syntax

Syntax (EX Series Switches)

Description

特定の動的ルーティングプロトコルを使用して、特定の近傍を通して受信したルーティング情報を表示します。

Options

brief |詳細 |拡張可能な |かつ

ナ指定された出力レベルを表示します。

論理システム(全| 論理システム名)

ナこの操作は、すべての論理システムまたは特定の論理システムで実行します。

プロトコル近隣ノードアドレス

ルートのエントリを受信bgpdvmrpmsdp近隣pimルーター ripのルートripng(、、、、、または) とアドレスを送信するプロトコル。

Additional Information

この出力には、選択したルートと受信した属性が表示されますが、ルーティング属性に対するインポートポリシーの効果は示されていません。

Required Privilege Level

'95'5c

Output Fields

表 1show route receive-protocolコマンドの出力フィールドについて説明します。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: show route receive-protocol Output Fields

フィールド名

フィールドの説明

出力レベル

ルーティングテーブル名

フィールドの名前ルーティング テーブル例: inet.0。

すべてのレベル

宛先 の数

ルーティングテーブルにルートが存在する宛先の数。

すべてのレベル

番号 ルート数

ルーティングテーブル内のルート数と以下の状態でのルート数の合計:

  • active

  • holddown(非アクティブと宣言される前に保留状態にあるルート)

  • hidden(ルーティングポリシーのために使用されていないルート)

すべてのレベル

プレフィクス

宛先プレフィックス。

なし brief

LLDP-MED

ルートに複数の終了識別子の値が含まれています。

なし brief

宛先プレフィックス( エントリー、発表)

宛先プレフィックス。このentry値は宛先のルート数を示し、 announced value はその宛先に対してアナウンスされているルートの数を示します。

detail extensive

許可された LongLivedStale

LongLivedStale フラグは、ルートがこのルーターによって LLGR-古くとマークされていることを示します。 LLGR 受信モードの操作の一部として機能します。ルートに対して、このフラグまたは LongLivedStaleImport フラグが表示されることがあります。これらのフラグは、古い (通常の GR 古い) フラグと同時には表示されません。

detail extensive

許可された LongLivedStaleImport

LongLivedStaleImport フラグは、ピアから受信したルートまたはポリシーのインポートによってルーティング経路が LLGR-stale とマークされたことを示します。ルートに対して、このフラグまたは LongLivedStale フラグが表示されることがあります。これらのフラグは、古い (通常の GR 古い) フラグと同時には表示されません。

すべての受信 BGP、長期的なグレースフルリスタート (LLGR) および LLGR の古いルートを許可します。構成された近隣から学習し、inet にインポートしてください。0ルーティングテーブル

detail extensive

ImportAccepted LongLivedStaleImport

すべての受信 BGP、長期間のグレースフルリスタート (LLGR) および LLGR の古いルートを、構成された近隣から学習して inet. 0 ルーティングテーブルにインポートします。

LongLivedStaleImport フラグは、ピアから受信したルートまたはポリシーのインポートによってルーティング経路が LLGR-stale とマークされたことを示します。

detail extensive

ルート識別子

64ビットプレフィックスを IP サブネットに追加して、それらを一意にします。

detail extensive

ラベルベース、範囲

ラベルおよびラベルブロックサイズの最初のラベル。リモート PE ルーティングデバイスは、広告 PE ルーティングデバイスへのトラフィックを送信するときに、この最初のラベルを使用します。

detail extensive

VPN ラベル

仮想プライベートネットワーク (VPN) ラベル。VPN ラベルを広告することで、CE と PE ルーティングデバイスの間でパケットが送信されます。VPN ラベルは、RSVP または LDP ラベルスイッチパス (LSP) トンネルを経由して伝送されます。

detail extensive

次ホップ

宛先への next-hop 角括弧(>)は、ルートが選択されたルートかどうかを示します。

すべてのレベル

Localpref または Lclpref

ルートに含まれているローカル優先値。

すべてのレベル

パスとして

ルートが学習された自律システム (AS) パスです。AS path の末尾にある文字はパスの原点を示し、AS path が送信された時点でのルートの状態を示しています。

  • I—IGP。

  • E—EGP。

  • ?—不完全、通常はASパスが集約されました

ルートにパス番号が含まれている場合、その形式は次のとおりです。

  • [ ]—角括弧は、パスの前にある番号ASします。この数値は、RFC 4271 で定義されているように計算した場合に、AS path に存在する総提供数を表します。この値は、RFC 4893 で定義されているパスのマージプロセスとして使用されます。

  • [ ]—ルーター上で複数のAS番号が設定されている場合、または AS パスの未追加が設定されている場合、角括弧は、ルーター パスに関連付けられたローカル AS AS 番号を囲みます。

  • { }—中括弧はAS括弧で囲む。これは、番号のAS重要ではない番号のグループです。ルートアグリゲーションによる一般的な結果セットです。各セットの数値は昇順で表示されます。

  • ( )—括弧はコンフェデレーションを囲む。

  • ( [ ] )—括弧と角括弧は、コンフェデレーション セットを囲みます。

注:

Junos OS リリース10.3 以降では、BGP 属性 128 (属性セット) を受信し、ルーティングインスタンスで独立ドメインを構成していない場合、AS path フィールドに、認識されない属性と関連する16進値が示されます。

すべてのレベル

ルート ラベル

BGP の工順更新で運ばれるラベルのスタックです。

detail extensive

クラスター リスト

(ルートに反映された出力のみ)ルートリフレクタによって送信されたクラスター ID です。

detail extensive

発信元 ID

(ルートに反映された出力のみ)ルートリフレクタへのルートを最初に送信したルーティングデバイスのアドレスです。

detail extensive

コミュニティ

ルートのコミュニティーパス属性。

detail extensive

AIGP

累積された内部ゲートウェイプロトコル (AIGP) の属性を BGP します。

detail extensive

Attrset AS

ルートの発行元である AS の番号、ローカル優先度、およびパスです。これらの値は、 Attrset送信元ルーティングデバイスの属性に格納されます。

detail extensive

Layer2-info: encaps

レイヤー2カプセル化 (VPLS など)

detail extensive

制御フラグ

制御フラグ:noneまたSite Downはです。

detail extensive

ユニット

レイヤー2回線の最大転送ユニット (MTU) です。

detail extensive

Sample Output

show route receive-protocol bgp

Show route receive protocol (Segment Routing Traffic Engineering)

Release Information

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド