Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ルートのアドバタイズ-プロトコルを表示

構文

説明

特定の動的ルーティングプロトコルの特定の近隣ノードへのアドバタイズ用に準備されたルーティング情報を表示します。

オプション

brief |詳細 |拡張可能な |かつ

ナ指定された出力レベルを表示します。

論理システム(全| 論理システム名)

ナこの操作は、すべての論理システムまたは特定の論理システムで実行します。

近隣ノードアドレス

ルートエントリの送信先となる近隣ルーターのアドレスです。

protocol

ルートを送信するプロトコル:

  • bgp—境界ゲートウェイ プロトコル

  • dvmrp—Distance Vector Multicast Routing Protocol

  • msdp—Multicast Source Discovery Protocol(マルチキャスト ソース検出プロトコル)

  • pim—プロトコル独立マルチキャスト

  • rip—ルーティング情報プロトコル

  • ripng—Routing Information Protocol 次世代

その他の情報

表示されるルートは、ルーティングテーブルによってルーティングプロトコルにエクスポートされたルートであり、関連付けexportられたプロトコルのルーティングポリシーステートメントでフィルターを受けています。Junos OS リリース13.3 から始めると、任意のアドレスファミリのルーティングfooインスタンステーブル、vpn ルートリフレクタ、または vpn を境界ルーターとして表示して、ローカル VPN ルートをアドバタイズすることができます。ただし、コマンドtableでを指定しない場合は、各 VRF プレフィックスが2回出力されます。

必須の権限レベル

'95'5c

出力フィールド

表 1show route advertising-protocolコマンドの出力フィールドの一覧が表示されます。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: ルートの広告-プロトコル出力フィールドを表示します。

フィールド名

フィールドの説明

出力レベル

ルーティングテーブル名

inet.0 などルーティング テーブルの名前。

すべてのレベル

宛先 の数

ルーティングテーブルにルートが存在する宛先の数。

すべてのレベル

番号 ルート数

ルーティングテーブル内のルート数と以下の状態でのルート数の合計:

  • active(アクティブなルート)

  • holddown(非アクティブと宣言される前に保留状態にあるルート)

  • hidden(ルーティングポリシーのために使用されていないルート)

すべてのレベル

プレフィクス

宛先プレフィックス。

brief なし

宛先プレフィックス( エントリー、発表)

宛先プレフィックス。このentry値は宛先のルート数を示し、 announced value はその宛先に対してアナウンスされているルートの数を示します。

detail extensive

BGPグループとタイプ

BGP名とタイプ([Internal]または[External])を選択します。

detail extensive

ルート識別子

各 IP サブネットを補強する固有の64ビットプレフィックス。

detail extensive

広告ラベル

ラベル配布プロトコル (LDP) によって提供される着信ラベル。IP パケットがラベル交換パス (LSP) に入ると、受信ルーターはパケットを検査して宛先に基づいたラベルを割り当て、パケットのヘッダーにラベルを配置します。ラベルは、IP ルーティング情報に基づいて転送されたパケットを、ラベルに関連付けられた情報に基づいて転送されるものと変換します。

detail extensive

ラベルベース、範囲

ラベルおよびラベルブロックサイズの最初のラベル。リモート PE ルーターは、広告 PE ルーターへのトラフィックを送信するときに、この最初のラベルを使用します。

detail extensive

VPN ラベル

仮想プライベートネットワーク (VPN) ラベル。パケットは、VPN ラベルを広告することによって CE と PE ルーター間で送信されます。VPN ラベルは、リソース予約プロトコル (RSVP) またはラベル配布プロトコル (LDP) ラベルスイッチパス (LSP) のいずれかを介して伝送されます。

detail extensive

Nexthop

宛先への next-hop 山括弧 (>) は、ルートが選択されたルートであることを示します。

ピアへのネクスト ホップ アドバタイズメントが Self で、RIB-out ネクスト ホップが特定の IP アドレスである場合、RIB-out IP アドレスが広範囲にわたる出力に含まれます。

すべてのレベル

LLDP-MED

ルートに複数の終了識別子の値が含まれています。

brief

Lclpref または Localpref

ルートに含まれているローカル優先値。

すべてのレベル

キュー

ルートの優先度設定が有効になっており、ルートが優先キューに存在 BGP する場合、ルートがある優先キューが表示されます。

以外のすべてのレベルbrief

パスとして

ルートが学習されたパス。AS path の末尾にある文字はパスの原点を示し、AS path が送信された時点でのルートの状態を示しています。

  • I—IGP。

  • E—EGP。

  • ?—不完全、通常はASパスが集約されました

    ルートにパス番号が含まれている場合、その形式は次のとおりです。

  • [ ]—角括弧は、ルーターで設定されているAS場合、またはパスの未追加が設定されている場合は、AS パスに関連付けられたローカル括弧AS囲みます。

  • { }—中括弧はAS括弧で囲む。これは、番号のAS重要ではない番号のグループです。ルートアグリゲーションによる一般的な結果セットです。各セットの数値は昇順で表示されます。

  • ( )—括弧はコンフェデレーションを囲む。

  • ( [ ] )—括弧と角括弧は、コンフェデレーション セットを囲みます。

注:

Junos OS リリース10.3 以降では、BGP 属性 128 (属性セット) を受信し、ルーティングインスタンスで独立ドメインを構成していない場合、AS path フィールドに、認識されない属性と関連する16進値が示されます。

すべてのレベル

ルート ラベル

BGP の工順更新で運ばれるラベルのスタックです。

detail extensive

クラスター リスト

(ルートに反映された出力のみ)ルートリフレクタによって送信されたクラスター ID です。

detail extensive

発信元 ID

(ルートに反映された出力のみ)ルートリフレクタへのルートを最初に送信したルーティングデバイスのアドレスです。

detail extensive

Communities

ルートのコミュニティーパス属性。このフィールドに使用可能な値すべてについて、[ルート詳細の表示] コマンドの出力フィールドテーブルを参照してください。

detail extensive

AIGP

累積された内部ゲートウェイプロトコル (AIGP) の属性を BGP します。

detail extensive

Attrset AS

ルートを発信した自律システム (AS) の番号、ローカル優先度、およびパスです。これらの値は、発信ルーターの Attrset 属性に格納されます。

detail extensive

Layer2-info: encaps

レイヤー2カプセル化 (VPLS など)

detail extensive

制御フラグ

制御フラグ:noneまたSite Downはです。

detail extensive

ユニット

レイヤー2回線の最大転送ユニット (MTU) です。

detail extensive

サンプル出力

ルートアドバタイズ-プロトコル bgp (レイヤー 3 VPN) を表示

ルートアドバタイズプロトコル bgp の詳細を表示します。

ルートアドバタイズ-プロトコル bgp の詳細を表示 (拡張されたコミュニティー帯域幅の総計)

ルートアドバタイズ-プロトコル bgp 詳細を表示します (ユニキャスト)

ルートアドバタイズ-プロトコル bgp 詳細を表示します (レイヤー 2 VPN)

ルートアドバタイズ-プロトコル bgp 詳細を表示します (レイヤー 3 VPN)

ルートのアドバタイズ-プロトコル bgp 拡張すべてを表示します (次のホップは、リブの IP アドレスを使用)

リリース情報

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド