Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show policy

Syntax

Syntax (EX Series Switches)

Description

設定されたルーティング ポリシーに関する情報を表示します。

Options

なし

設定されたすべてのルーティング ポリシーの名前を一覧表示します。

論理システム(すべて論理 システム名|)

(オプション)すべての論理システムまたは特定の論理システムで、この操作を実行します。

ポリシー名

(オプション)指定したポリシーの内容を表示します。

統計

(オプション)コマンドと組 test policy み合わせて使用して、指定されたポリシーの評価に必要な時間(マイクロ秒)と実行された回数を表示します。この情報は、たとえば、ポリシーを効率的に評価するように構成するのに役立ちます。タイマーはルート単位で表示されます。時間は累積されません。ルーターがピアリング ルーターからのルートを学習(および評価)している場合でも、統計は増加します。

Required Privilege Level

ビュー

Output Fields

表 1 は、コマンドの出力フィールドを show policy リストします。出力フィールドは、表示される概算順にリストされます。

表 1: show policy Output Fields

フィールド名

フィールドの説明

ポリシー名

リストされているポリシーの名前。

用語

ユーザー定義ポリシー条件の名前。名前という用語 unnamed は、ユーザー定義の用語の外部で発生するポリシー要素に使用されます。

差出人

ポリシーの条件を照合します。

そうしたら

ポリシーのアクション。

Sample Output

show policy

show policy policy-name

show policy statistics policy-name

Release Information

Junos OS リリース 7.4 より前に導入されたコマンド。

statistics MXシリーズルーター向けJunos OSリリース16.1で導入されたオプションです。