Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show nonstop-routing

Syntax

Description

統計と状態の自動マージを含む、無着陸でアクティブなルーティングのステータスを表示します。

Required Privilege Level

'95'5c

Output Fields

表 1show nonstop-routingコマンドの出力フィールドについて説明します。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: show nonstop-routing Output Fields

フィールド名

フィールドの説明

ノンストップ ルーティング

NSR の状態。

有効桁数タイマーの状態

カーネルの精度タイマー機能の状態です。

  • 有効

    デフォルトでは、スイッチオーバー後に、自動キープアライブ精度タイマーがカーネルで有効になっています。

  • 無効

    自動キープアライブ精度タイマーは無効になっています。

  • なっ

    有効になっている場合、精度タイマーは無効になります。

  • 対応

    カーネル precision タイマーは準備できていますが、アクティブ化されていません。

  • InProcess

    カーネル precision タイマーは動作しており、スイッチオーバー後に RPD の代わりにキープアライブを生成しています。/カウントは、セッションの総数に対するサービスのセッション数を示します。

  • 終了

    カーネルは、スイッチオーバー後のすべてのセッションのキープアライブ生成を完了しました。 RPD はすべてを成功させました。

  • です

    カーネルの精度タイマーのステータスを取得中にエラーが発生しました。

有効桁数タイマーの最大期間

スタンバイ イベントからプライマリ イベントに切り替えてから、カーネルが仮想イベントに代わって自動生成する最大期間(秒)がBGP。

自動

自動マージのステータス。

  • アクティブ

    スイッチオーバー後のカーネルによるソケットの自動マージはアクティブです。

  • なっ

    スイッチオーバー後のカーネルによるソケットの自動マージは非アクティブです。

一括

バッチのステータス。

  • あり

    スイッチオーバー後のカーネルによるソケットの自動マージ

  • なし

    スイッチオーバー後のカーネルによるソケットの自動マージは非アクティブです。

バッチカウント

バッチごとにマージされたソケット数。

バッチ数の調整

バッチカウントが調整されるスピード。

  • 減速

    バッチごとにマージされるソケット数は、additively に増えています。

  • Pcon

    バッチごとにマージされるソケット数は指数関数的に増加します。

  • なし

    バッチごとにマージされたソケット数は変わりません。

バッチインターバル

自動マージ操作のバッチ間の時間間隔。

バッチインターバル調整

バッチインターバルが調整されるスピード。

  • Pcon

    バッチの自動マージの時間間隔が急激に増加しています。

  • なし

    バッチの自動マージの時間間隔は調整されません。

状態の自動マージ

自動マージの状態

  • 対応

    セカンダリルーティングエンジンからプライマリ routing engine へのソケットペアの自動的な自動マージの準備

  • InProgress

    スイッチオーバー後にカーネルが自動マージを実行している

  • スイッチオーバーの完了

    スイッチオーバー後にマージされたセッション

処理されたセッション数

自動マージされたセッション数。

Sample Output

show nonstop-routing (MX Series Router)

show nonstop-routing (MX Series Router)

Release Information

Junos OS リリース13.3 で導入されたコマンド