Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show bgp summary

Syntax

Syntax (EX Series Switch and QFX Series)

Description

BGP の概要情報を表示します。

Options

なし

すべてのルーティングインスタンスの概要情報を表示 BGP ます。

インスタンスの正確な名前

ナ指定されたインスタンスの情報だけを表示します。

コミュニティ

特定のグループの bgp 情報の概要を表示します。

インスタンスインスタンス名

ナこの文字列で始まる名前を持つすべてのルーティングインスタンスの情報を表示しcust1ますcust11(、 cust111 、など、 show bgp summary instance cust1コマンドを実行するとすべて表示されます)。インスタンス名は、メイン インスタンスのプライマリ、または有効な設定済みのインスタンス名またはプレフィックスに使用できます。

論理システム(全| 論理システム名)

ナこの操作は、すべての論理システムまたは特定の論理システムで実行します。

rib-sharding(メイン |rib-shard-name)

(オプション)rib 断片の名前を表示します。

Required Privilege Level

'95'5c

Output Fields

表 1show bgp summaryコマンドの出力フィールドについて説明します。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: show bgp summary Output Fields

フィールド名

フィールドの説明

デフォルト eBGP モード

受信およびアドバタイズ用のデフォルトEBGPモード。

Groups

BGP グループ数

Peers

BGP ピア数です。

Down peers

ダウンした BGP ピア数。

Table

ルーティングテーブルの名前。

Tot Paths

パスの合計数。

Act Paths

アクティブなルート数

Suppressed

減衰またはその他の理由によって現在アクティブになっていないルート数です。これらのルートは転送テーブルには表示されず、ルーティングプロトコルによってエクスポートされることはありません。

History

ローカルに格納されたウィズドロウルートの数。減衰履歴を追跡します。

Damp State

0より大きなメリットがあるルートの数。この値が抑制が発生するしきい値に達していないため、アクティブのままになっています。

Pending

プロセスのルートは、インポートポリシーを BGP しています。

Peer

各 BGP ピアのアドレス。各ピアには、1行の出力があります。

AS

ピアの電話番号AS番号。

InPkt

ピアから受信したパケット数。

OutPkt

ピアに送信されたパケット数。

OutQ

特定の近隣に送信するためにキューに入れられている BGP パケットの数。通常は0 、キューがすぐに空になるからです。

Flaps

BGP セッションがダウンし、その後再開された回数。

Last Up/Down

前回、近隣ノードが確立された状態に移行してからまたは終了した時刻。

State|#Active /Received/Accepted /Damped

BGP ピアセッションに関する情報を表示する多目的フィールドです。フィールドの内容は、セッションが確立されたかどうか、およびセッションがメイン ルーティング デバイス上に確立されたのか、ルーティング インスタンスで確立されたのかによって異されます。

  • ピアが確立されていない場合、このフィールドにはピアセッションの状態が示されます。ActiveConnect、またIdleはです。

    一般に、アイドル状態は接続の最初の段階です。BGP は開始イベントを待機しています。セッションは、他の理由でもアイドル状態になっている場合があります。セッションがアイドル状態になった理由が表示される場合があります。たとえば、以下のように記述します。Idle (Removal in progress)またIdle (LicenseFailure)はです。

  • BGP セッションがメインのルーティングデバイス上で確立されている場合、このフィールドには、近隣から受信しinet.0inet.2たアクティブ、受信、受け入れ、および damped のルート数が表示されます。たとえば、 8/10/10/2 and 2/4/4/0次のように指定します。

    • 8個のアクティブルート、10の受信ルート、10個の許容ルート、BGP ピアからの2つinet.0の damped ルートがルーティングテーブルに表示されます。

    • inet.2ルーティングテーブルには、2個のアクティブルート、4個の受信ルート、4つの許容ルートがあり、BGP ピアからの damped ルートは一切表示されません。

  • ルーティングインスタンスで BGP セッションが確立されている場合、このフィールドは(Establ) 、確立された状態を示し、BGP 更新を受信する特定のルーティングテーブルを特定して、近隣から受信したアクティブ、受信済み、damped の各ルートの数を表示します。. たとえば、 Establ VPN-AB.inet.0: 2/4/0次のように指定します。

    • BGP セッションが確立されます。

    • VPN-AB.inet.0ルーティングテーブルにルートが受信されます。

    • ローカルルーティングデバイスは、2つのアクティブルートと4つの受信ルートを持ち、BGP ピアからは damped ルートはありません。

    BGP セッションが確立されると、ピアは更新メッセージを交換します。

注:

グレースフルリスタートまたは LLGR ヘルパーモードがアクティブになっている場合は、リブshow bgp summary情報がコマンドによって表示されます。BGP セッションがメインのルーティングデバイス上で確立されている場合、このフィールドには、近隣から受信したアクティブ、受信、受け付け、および damped のルート数が示され、inet. 0 (メイン) ルーティングテーブルと inet. 2 (マルチキャスト (multicast) の両方になります。たとえば、8/10/10/2 と2/4/4/0 は次のことを示しています。

  • 8個のアクティブルート、10の受信ルート、10個の許容ルート、damped BGP ピアからの2つのルートが、inet. 0 ルーティングテーブルに表示されます。

  • damped ルーティングテーブルには、2個のアクティブルート、4個の受信ルート、4個の許容ルートがあります。また、BGP ピアからのルートは1つも含まれていません。

Sample Output

show bgp summary (When a Peer Is Not Established)

show bgp summary (When a Peer Is Established)

show bgp summary (CLNS)

show bgp summary (Layer 2 VPN)

show bgp summary (Layer 3 VPN)

show bgp summary (with rib-sharding configured)

show bgp summary group

show bgp summary (BGP Graceful Restart or Long-Lived Graceful Restart)

show bgp summary

show bgp summary (with the Default EBGP mode)

Release Information

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド

exact-instanceJunos OS リリース11.4 で導入されたオプションです。

groupJunos OS リリース13.3 で導入されたオプションです。

rib-sharding リリースリリースでcRPDされたオプション20.1R1。