Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show bgp neighbor

Syntax

Syntax (EX Series Switch, QFX Series, OCX Series, and cRPD)

Syntax (SRX Series)

Description

BGP のピアに関する情報を表示します。

Options

なし

すべての BGP ピアに関する情報を表示します。

インスタンスの正確な名前

ナ指定されたインスタンスの情報だけを表示します。

インスタンスインスタンス-名前

ナこの文字列で始まる名前を持つすべてのルーティングインスタンスの BGP ピアに関する情報を表示cust1cust11ます ( cust111 、、など、 show bgp neighbor instance cust1コマンドを実行するとすべて表示されます)。

論理システム(すべての| 論理システム名)

ナこの操作は、すべての論理システムまたは特定の論理システムで実行します。

近隣ノードアドレス

ナ指定された IP アドレスにある BGP ピアの情報だけを表示します。

orf(詳細|ネイバー アドレス)

ナ指定された IP アドレスにあるすべての BGP ピアまたは BGP ピアに対してのみ、送信ルートフィルタリング情報を表示します。デフォルトでは、短い出力が表示されます。オプションをdetail使用して、詳細な出力を表示します。

出力キュー

ナ17個の優先度 BGP 出力キューで現在キューに置かれているルート数に関する情報を表示します。

rib-sharding(| junos-bgpshardのシャード番号)

ナ特定のシャードのみに関する情報を表示します。たとえば、junos-bgpshard0 のようになります。省略した場合、メインシャードを含むすべての断片から集約されたデータを表示します。

Additional Information

、 および ステートメント については、 、 を参照してください。 ルーティング デバイスJunos OS local-address, nlrihold-time, プロトコル ライブラリ preferenceを参照してください

Required Privilege Level

'95'5c

Output Fields

表 1show bgp neighborコマンドの出力フィールドについて説明します。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: show bgp neighbor Output Fields

フィールド名

フィールドの説明

Peer

BGP の近隣アドレスです。このアドレスの後には、近隣ポート番号が表示されます。

AS

ピアのナンバーになります。

Local

ローカルルーティングデバイスのアドレス。アドレスの後にピアポート番号が表示されます。

Type

ピアのタイプ:InternalまたExternalはです。

State

BGP セッションの現在の状態:

  • Active—BGPピアへの接続を試みとして、トランスポート プロトコル接続を開始しています。接続が成功した場合、BGP はオープンメッセージを送信します。

  • Connect:BGP プロトコル接続が完了するのを待っています。

  • Established— セッションのBGP、ピアは更新メッセージを交換しています。

  • Idle:これは接続の第 1 段階です。BGP は開始イベントを待機しています。

  • OpenConfirm—BGPピアからのオープン メッセージを受信し、キープアティブ または通知メッセージの受信を待機している。

  • OpenSent—BGPメッセージを送信して、ピアからオープン メッセージを受信待機している。

  • route reflector client—ルート BGPリフレクタ クライアントを使用して、セッションの開始を開始します。

Flags

内部 BGP フラグ:

  • Aggregate Label—BGP受信ラベル(ピアから受信したラベル)のセットが、単一の転送ラベルに集約されました。

  • CleanUp—ピア セッションがシャットダウンされています。

  • Delete—このピアは削除済みです。

  • Idled—このピアは永久的にアイドル状態です。

  • ImportEval—最後のコミット操作で、このピアは受信したルートすべてを再評価する必要があるとして特定されました。

  • Initializing—ピア セッションの初期化中です。

  • PurgePending—このフラグは、削除する 1 つルーティング テーブル(ルーティング情報ベース [RIB] とも呼ばれる)エントリーをマークします。これらのエントリを削除するパージジョブは、ピアが閉じられた後に開始します。新しいルーティングテーブルエントリが削除するように設定されている場合、パージジョブは実行し続けます。

  • PurgeInProgress— パージ ジョブが開始され、まだ完了していない。

  • PurgeImpatient—パージは優先度の低いバックグラウンド ジョブとして開始されます。すべてのルートを削除する前に、背景で新しいピアリングを確立しておくことができます。ピアがダウンしてグループがクローズされた後、パージは通常の優先度の高いジョブになります。

  • SendRtn— メッセージがピアに送信されます。

  • Sync—このピアは、他のピア グループと同期されます。

  • RSync—バックアップ ノードのこのピアルーティング エンジン、ノンストップ アクティブ ルーティング用のプライマリ BGP ピア デバイスとルーティング エンジン同期されます。

  • TryConnect—もう 1 つの試みは、ピアへの接続を試み中です。

  • Unconfigured—このピアは設定されていません。

  • WriteFailed—このピアに書き込む試みは失敗しました。

Last state

BGP セッションの以前の状態:

  • Active—BGPピアへの接続を試みとして、トランスポート プロトコル接続を開始しています。接続が成功した場合、BGP はオープンメッセージを送信します。

  • Connect:BGP プロトコル接続が完了するのを待っています。

  • Established— セッションのBGP、ピアは更新メッセージを交換しています。

  • Idle:これは接続の第 1 段階です。BGP は開始イベントを待機しています。

  • OpenConfirm—BGPピアからのオープン メッセージを受信し、キープアティブ または通知メッセージの受信を待機している。

  • OpenSent—BGPメッセージを送信して、ピアからオープン メッセージを受信待機している。

Last event

BGP セッションで発生した最後のアクティビティ:

  • Closed—セッションBGP終了しました。

  • ConnectRetry—トランスポート プロトコルの接続に失敗しBGP接続を試みようとしています。

  • HoldTime—ホールド タイマーが期限切れになったため、セッションは終了しました。

  • KeepAlive—ローカル ルーティング デバイスが、BGPメッセージをピアに送信しました。

  • Open—ローカル ルーティング デバイスがメッセージをBGPピアに送信しました。

  • OpenFail—ローカル ルーティング デバイスが、ピアからメッセージをオープンBGP確認応答を受信しなかった。

  • RecvKeepAlive—ローカル ルーティング デバイスが、ピアBGPメッセージを受信しました。

  • RecvNotify—ローカル ルーティング デバイスが、ピアからBGP通知メッセージを受信しました。

  • RecvOpen—ローカル ルーティング デバイスがピアからBGPメッセージを受信しました。

  • RecvUpdate—ローカル ルーティング デバイスがピアからBGPメッセージを受信しました。

  • Start—ピアリング セッションが開始されました。

  • Stop—ピアリング セッションが終了しました。

  • TransportError—TCP エラーが発生しました。

Last error

BGP セッションで発生した最後のエラー:

  • Cease—バージョンが不一致などのエラーが発生し、セッションが終了しました。

  • Finite State Machine Error—セッションの設定時に、BGPが分からなかったメッセージを受信しました。

  • Hold Time Expired—セッションのホールド タイムが期限切れになります。

  • Message Header Error— メッセージのヘッダー BGP誤った形式でした。

  • Open Message Error— オープン BGPにエラーが含まれている。

  • None—このセッションのセッションでBGP発生しません。

  • Update Message Error—ユーザーがBGPメッセージにエラーが含まれている。

Export

ピアで構成されているエクスポートポリシーの名前。

Import

ピアで構成されているインポートポリシーの名前。

Options

BGP オプションの設定:

  • AddressFamily—設定済みのアドレス ファミリー: inet または inet-vpn。

  • AdvertiseBGPStatic—静的BGPに設定されたポリシーがアドバタイズされます。

  • AutheKeyChain—認証キーの変更が有効です。

  • BfdEnabled—BFD のステータス。

  • DontGRHelpFateSharingBfdDown—オプションの dont-help-shared-fate-bfd-down ステータス。このオプションが設定されている場合、デバイスは、グレースフルリスタートヘルパーモードになりません。

  • DropPathAttributes—特定のパス属性は、インバウンド処理中に近隣アップデートから削除するように設定されます。

  • GracefulRestart—グレースフル再起動が設定されます。

  • HoldTime—ステートメントを使用して設定した時間 hold-time を保持します。停止時間は、キープアライブメッセージが送信される間隔の3倍です。

  • IgnorePathAttributes—特定のパス属性は、インバウンド処理中の近隣更新では無視するように設定されます。

  • Local Address—ステートメントで設定 local-address されたアドレス。

  • LLGR—BGP長いグレースフル リスタート機能が設定されています。

  • LLGRHelperDisabled—BGPの長いグレースフル 再起動は、ネイバーに対して完全に無効化されます。

  • Multihop:直接接続BGPではない外部ピアへの接続の許可。

  • NLRI—BGP グループに MBGP BGP設定します。multicastunicastまたはその両方を設定nlri anyした場合は、

  • Peer AS—ピア自律システム(AS)を設定します。

  • Preference—ステートメントで設定された設定 preference 値。

  • Refresh:ポリシーが変更された場合に自動的に更新するように設定します。

  • Rib-group—設定された ルーティング テーブル グループ。

  • RFC6514CompliantSafi129—RFC 6514 に従って SAFI 129 を設定します(SAFI 128 を使用BGP VPN マルチキャストを使用します)。

Path-attributes dropped

近傍更新から削除されるパス属性コード

Path-attributes ignored

近傍更新で無視されるパス属性コード。

Peer does not support LLGR Restarter or Receiver functionality

BGP neighbor は、長期間のグレースフルリスタート (LLGR) restarter モードを完全にはサポートしていません。

Peer does not support LLGR Restarter functionality

BGP neighbor は、すべてのファミリーに対して長期間のグレースフルリスタート (LLGR) の restarter モードをサポートしていません。

Authentication key change

( authentication-keychain文が設定されている場合にのみ表示されます)有効になっている認証キーチェーンの名前。

Authentication algorithm

( authentication-algorithm文が設定されている場合にのみ表示されます)有効な認証アルゴリズムのタイプ:hmacまたmd5はです。

Prefixlimit configured for NLRI

(ステートメント内の または オプションが設定されている場合にのみ表示されます)ステートメントが設定されている drop-excess <percentage>hide-excess <percentage>prefix-limit NLRI。 prefix-limit

Acceptedprefixlimit configured for NLRI

(ステートメント内の または オプションが設定されている場合にのみ表示されます)ステートメントが設定されている drop-excess <percentage>hide-excess <percentage>accepted-prefix-limit NLRI。 accepted-prefix-limit

Action

(および および ステートメントで または オプションが設定されている場合にのみ表示 drop-excess <percentage>hide-excess <percentage>prefix-limitaccepted-prefix-limit されます)設定されたアクションを実行します。

  • teardown <percentage>— プレフィックスの最大数に達するとセッションが終了します。
  • drop-excess <percentage>— プレフィックスの最大数を超えた場合に、過剰なルートをドロップします。

  • hide-excess <percentage>— プレフィックスの最大数を超えた場合に、過剰なルートを非表示します。

Limit

(および ステートメント内の または オプションが設定されている場合にのみ表示されます) 最大プレフィックス数を超えた場合は、フィールドで設定されたアクションが drop-excess <percentage>hide-excess <percentage>prefix-limitaccepted-prefix-limitAction 実行されます。

Warning percentage

(および および ステートメント内の または オプションが設定されている場合にのみ表示されます) 最大で破棄または非表示のルートが超過した場合に占める割合は、ログに警告メッセージを drop-excess <percentage>hide-excess <percentage>prefix-limitaccepted-prefix-limit 表示します。

Count

(および ステートメントでまたは オプションが設定されている場合にのみ表示されます) フィールドで設定された制限を超えた後にドロップまたは非表示にされるルートの数を drop-excess <percentage>hide-excess <percentage>prefix-limitaccepted-prefix-limit 表示 Limit します。カウンターは、ピアがリセットされた後にのみリセットされます。

Address families configured

VPN 用に構成されたアドレスファミリーの名前。

BGP-Static Advertisement Policy

ピアで構成されている BGP 静的ポリシーの名前。

Local Address

ローカルルーティングデバイスのアドレス。

Remove-private options

remove-privateステートメントに関連付けられているオプション。

Holdtime

hold-time 明細書に設定された保留時間。停止時間は、キープアライブメッセージが送信される間隔の3倍です。

Flags for NLRI inet-label-unicast

ラベル付きユニキャストに関連するフラグ:

  • TrafficStatistics:ラベル付きユニキャスト トラフィックの統計情報の収集が有効です。

Traffic statistics

ラベル付きユニキャストトラフィック統計に関する情報:

  • Options—ラベル付きユニキャスト トラフィックに関する統計情報を収集するように設定されたオプション。

  • File—統計情報ログ ファイルの名前と場所。

  • size—すべてのログ ファイルのサイズ(バイト)。

  • files—ログ ファイルの数。

Traffic Statistics Interval

ラベル付きユニキャストトラフィック統計のサンプリング期間の間隔 (秒単位)。

Preference

preference明細書で設定された優先度値。

Outbound Timer

ルートが BGP にエクスポートされるまで Junos OS ルーティングテーブルで使用できる時間です。このフィールドは、 out-delayパラメーターがゼロ以外の値に設定されている場合にのみ出力に表示されます。

Number of flaps

BGP セッションがダウンし、その後再開された回数。

Threads related state

更新スレッドが有効になっている場合にスレッド関連の状態を表示します。

  • Thread sync pending—スレッド同期はまだ開始されていません。

  • Update thread sync:更新スレッドとピアアップを同期します。

  • Shard sync—同期インcgでは、断片とピアアップします。ピアがシャード同期状態である場合は、まだピアアップ確認応答を送信している断片を示す16進値も表示されます。

  • Thread sync complete—ピアは更新スレッドとシャードに同期されています。

  • Peer UP acknowledgement received from Update Thread—更新スレッドから受信したピア アップの受信確認を表示します。

Peer ID

ピアのルーター識別子。

Group index

BGP ピアグループのインデックス番号。グループとピアレベルでさまざまな構成オプションがあるため、1つの BGP グループが分割された場合に、グループ間でインデックス番号を区別します。

Peer index

そのピアが属している BGP グループ内で一意となるインデックス。

Local ID

ローカルルーティングデバイスのルーター識別子。

Local Interface

ローカルルーティングデバイス上のインターフェイスの名前。

Active holdtime

ローカルルーティングデバイスがピアとの間でネゴシエートされた時間を保持します。

Keepalive Interval

秒でのキープアライブ間隔です。

I/O Session Thread

更新スレッドが有効になっている場合に、i/o セッションの BGP スレッドとその状態を表示します。

I/O Session Thread

更新スレッドが有効になっている場合に、i/o セッションの BGP スレッドとその状態を表示します。

BFD

BFD 障害検知のステータス。

Local Address

直接接続されたインターフェイスの名前で、ダイレクト EBGP ピアリングが確立されています。

NLRI and times for LLGR configured on peer

BGP ピアまたは近傍に構成された BGP の長期間にわたるスムーズなリスタートを実現するために、アドレス・シリーズと古くなった時刻の名前。

時間は、ルーティングプロトコルデーモン (rpd)% #0T 形式を使用して表示されます。

<weeks>w<days>d <hours>:<minutes>:<seconds>

たとえば、1週間未満の値には週は含まれていません。

NLRI and times that peer supports LLGR Restarter for

Restarter モード BGP 長期間にわたるスムーズなリスタートを実現するために、BGP ピアがサポートするアドレス・ファミリーと古い時刻の名前。

時間は、ルーティングプロトコルデーモン (rpd)% #0T 形式を使用して表示されます。

<weeks>w<days>d <hours>:<minutes>:<seconds>

たとえば、1週間未満の値には週は含まれていません。

NLRI that peer saved LLGR forwarding for

BGP ピア保存されていて、寿命の長いグレースフルリスタート転送 BGP アドレスファミリの名前。

Graceful Restart Details

LLGR が期限切れになるまでの残り時間とリブの詳細が表示され、LLGR レシーバーモードがアクティブである間 (その場合は、その後、この相手が接続されていない状態で、その場合は、その交渉者は切断していません)。

NLRI we are holding stale routes for

、古くなったルートを保持または保持している (NLRIs) の名前。 BGP グレースフル再起動レシーバーモードが近傍でアクティブな場合に使用されます。

Time until end-of-rib is assumed for stale routes

古くなったタイマーの残り時間です BGP グレースフル再起動レシーバーモードが近傍の場合に有効であることを前提としています。

時刻は協定世界時 (UTC) 形式で表示されます (YYYY-MM-DD: MM: SS)。セッションがアクティブである場合は、停滞タイマー表示(「rib の終わりまでの時間」を想定)も表示されますが、ネイバーはまだエンド オブ RIB 表示すべて送信していない場合に注意してください。

Time until stale routes are deleted or become long-lived stale

古くなったルートが削除されるまでの時間と古くなったルートが期限切れになるのに BGP、近隣の受信者モードがアクティブになっている場合です。

NLRI for restart configured on peer

再起動用に設定されたアドレスファミリーの名前

NLRI advertised by peer

ピアによってサポートされているアドレスファミリー:unicastまたmulticastはです。

NLRI for this session

このセッションで使用されているアドレス・ファミリー。

Peer supports Refresh capability

完全なルーティング再送信(ルート更新機能)をルーティング テーブルピアの機能。詳細については、 RFC 2918, Route 更新 Capability for BGP-4 を参照してください

Restart time configured on peer

近隣ノードで再起動のために設定された時間

Stale routes from peer are kept for

グレースフルリスタートがネゴシエートされた場合は、BGP セッションがダウンした後、近隣からルートを保持するための最大時間が与えられます。

Peer does not support Restarter functionality

グレースフルリスタート restarter モードはピアで無効になっています。

Peer does not support Receiver functionality

グレースフルリスタートのヘルパーモードはピアでは無効になっています。

Restart time requested by this peer

機能のネゴシエーション中にこの近隣ノードによって要求された再起動時間です。

Restart flag received from the peer

このフィールドが表示されると、BGP スピーカーが再起動 (再開) しています。このend-of-ribピアは、スピーカーからルーティング情報を通知する前にスピーカーからマーカーを待つべきではありません。

NLRI that peer supports restart for

このアドレスファミリーの場合、近傍再起動がサポートされています。

NLRI peer can save forwarding state

このアドレスファミリーをサポートする近傍には、すべての転送状態が保存されます。

NLRI that peer saved forwarding for

Neighbor は、このアドレスファミリーのすべての転送ステートを保存します。

NLRI that restart is negotiated for

ルーターは、このアドレスファミリーのグレースフル再起動をサポートしています。

NLRI of received end-of-rib markers

近傍終了からのルーティングテーブルマーカーを受信するアドレスシリーズです。

NLRI of all end-of-rib markers sent

エンドオブルーティングテーブルマーカーが近隣ノードに送信されるアドレスシリーズです。

Peer supports 4 byte AS extension (peer-as 1)

ピアは、4バイトを BGP メッセージの番号として理解しています。ピアは Junos OS リリース9.1 以降で実行されています。

NLRIs for which peer can receive multiple paths

1つの宛先に対して複数の BGP ルートを受信するようにダウンストリームピアが設定されている場合は、アクティブなルートだけではなく、ローカルルーターのコマンド出力に表示されます。

使用可能な値は inet ユニキャストです。

NLRIs for which peer can send multiple paths: inet-unicast

ローカルルーターのコマンド出力に表示されるのは、アクティブなルートを送信するだけではなく、1つの宛先に複数の BGP ルートを送信するようにアップストリームピアが設定されている場合です。

使用可能な値は inet ユニキャストです。

Table inet.number

ルーティングテーブルに関する情報:

  • RIB State—BGPスフルリスタート プロセス中のデバイスは、次の手順にルーティング テーブル。restart is completeまたrestart in progressはです。

  • Bit—このピアの各エントリーを表ルーティング テーブルを表します。

  • Send state—BGP グループの状態: 、 in syncnot in sync 、 、 、 not advertising .

  • Active prefixes—デバイスでアクティブなピアから受信したプレフィックスルーティング テーブル。

  • Received prefixes—アクティブおよび非アクティブの両方で、ピアから送信されるプレフィックスの総数は、ルーティング テーブル。

  • Accepted prefixes—1 つのピアが受け入れたピアからのプレフィックスのルーティング ポリシー。

  • Suppressed due to damping:ダンピングなどの理由で現在非アクティブなルートの数。これらのルートは転送テーブルには表示されず、ルーティングプロトコルによってエクスポートされることはありません。

Last traffic (seconds)

最後にピアから受信したか、ピアに送信したか、または最後にローカルルーティングデバイスが確認された時刻。

Input messages

BGP したメッセージは、受信ソケットバッファーから受信したメッセージ数、更新メッセージ数、ポリシーが変更および更新された回数、およびオクテット単位のバッファーサイズを示しています。バッファー サイズは 16 KB です。

Output messages

BGP メッセージは送信ソケットバッファーに書き込まれており、メッセージの総数、更新メッセージ数、ポリシーが変更および更新された回数、およびオクテットでバッファーサイズを示しています。バッファー サイズは 16 KB です。

Input dropped path attributes

ドロップしたパス属性に関する情報:

  • コード — パス属性コード。

  • カウント — パス属性数。

Input ignored path attributes

無視されるパス属性に関する情報:

  • コード — パス属性コード。

  • カウント — パス属性数。

Output queue

特定のルーティングテーブルの特定の近隣ノードに送信するためにキューに入れられている BGP パケットの数。出力キュー 0 はユニキャスト NLR に、キューは 1 マルチキャスト NLR 用です。

また、ルーティングテーブル名と、テーブルがアドバタイズされた形式(routing table name, NLRI)の nlri も指定します。

更新スレッドが有効になっている場合、[出力キュー] フィールドには、更新スレッドからの出力キューカウントと、メインまたは断片からフェッチされたリブ当たりの出力キューカウントが追加フィールドとともに表示されることになります。

注:

アドバタイズされていないルーティングテーブルの出力キューは、出力レベルでextensiveのみ表示されます。

Trace options

BGP プロトコルパケットと運用のトレースを構成しました。

Trace file

トレース操作の出力を受信するファイルの名前。

Filter Updates recv

(orfオプションのみ)構成された各アドレスファミリーに対して受信したアウトルートフィルターの数。

注:

カウンターは累積されます。たとえば、このカウンターが増加するのは、リモートピアが送信ルートフィルタリングプレフィックスリストを再送またはクリアした後です。

Immediate

(orfオプションのみ)即時フラグセットを使用して受信したルート更新の数。即時フラグは、BGP ピアが更新されたルートを readvertise する必要があることを示します。

注:

カウンターは累積されます。たとえば、このカウンターが増加するのは、リモートピアが送信ルートフィルタリングプレフィックスリストを再送またはクリアした後です。

Filter

(orfオプションのみ)受信したプレフィックスフィルターのタイプ:prefix-basedまたextended-communityはです。

Received filter entries

(orfオプションのみ)受信したフィルターのリストが表示されます。

seq

(orfオプションのみ)受信ルートフィルタープレフィックスエントリすべてで、このプレフィックスエントリに割り当てられた番号順。

prefix

(orfオプションのみ)フィルタと一致するプレフィックスエントリのアドレス。

minlength

(orfオプションのみ)このプレフィックスを照合するために必要な最小プレフィックス長 (ビット単位)。

maxlength

(orfオプションのみ)このプレフィックスを照合するには、最大プレフィックス長 (ビット単位) が必要です。

match

(orfオプションのみ)このプレフィックスはpermit 、更新の有無denyにかかわらず一致します。

Sample Output

show bgp neighbor

Junos OS リリース 16.1 以降を実行している M Series、MX シリーズ、T Series ルーターの場合、出力には、ピアが属する BGP グループ、ピアが設定されているルーティング インスタンス(もし含む)、ピアが転送コンテキストに使用しているルーティング インスタンス(該当する場合)が含まれます。 show bgp neighbor 例を以下に示します。

show bgp neighbor (dont-help-shared-fate-bfd-down is configured)

show bgp neighbor (CLNS)

show bgp neighbor (Layer 2 VPN)

show bgp neighbor (Layer 3 VPN) (Not supported on the OCX Series.)

show bgp neighbor neighbor-address

show bgp neighbor neighbor-address

show bgp neighbor neighbor-address (BGP Graceful Restart Enabled)

show bgp neighbor neighbor-address (BGP Long-Lived Graceful Restart)

show bgp neighbor orf neighbor-address detail

show bgp neighbor logical-system

show bgp neighbor output-queue

show bgp neighbor (Segment Routing Traffic Engineering)

show bgp neighbor (with rib-sharding configured)

show bgp neighbor (with rib-sharding configured on crpd)

show bgp neighbor (with drop-excess <percentage> option configured and not exceeding the maximum configured percentage.)

注:

このような同様の出力は、オプションを設定するときに表示 hide-excess <percentage> され、設定した最大割合を超えはありません。この出力サンプルは、 と 設定 prefix-limit ステートメントの両方 accepted-prefix-limit に適用されます。

show bgp neighbor (with drop-excess <percentage> option configured and exceeding the maximum configured percentage.)

注:

この出力サンプルは、 と 設定 prefix-limit ステートメントの両方 accepted-prefix-limit に適用されます。

show bgp neighbor (with hide-excess <percentage> option configured and exceeding the maximum configured percentage.)

注:

この出力サンプルは、 と 設定 prefix-limit ステートメントの両方 accepted-prefix-limit に適用されます。

Release Information

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド

orfJunos OS リリース9.2 で導入されたオプションです。

exact-instanceJunos OS リリース11.4 で導入されたオプションです。

output-queueJunos OS リリース16.1 で導入されたオプションです。

DontGRHelpFateSharingBfdDownJunos OS リリース 18.3 R1 optionsのコマンド出力フィールドに追加されます。

PurgePendingPurgeInProgress、およびPurgeImpatientは、Junos OS リリースFlags 19.4 r1 のコマンド出力のフィールドに追加されます。

rib-sharding リリースリリースでcRPDされたオプション20.1R1。

Prefixlimit configured for NLRI、 、 、 、 、 、および のフィールドは Acceptedprefixlimit configured for NLRI 、Junos OS 21.2R1 の ActionLimitWarning percentageCountshow bgp neighbor 出力に導入されます。