Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

restart

Syntax

Syntax (ACX Series Routers)

Syntax (EX Series Switches)

Syntax (MX Series Routers)

Syntax (QFX Series)

Syntax (Routing Matrix)

Syntax (SRX Series)

Syntax (TX Matrix Routers)

Syntax (TX Matrix Plus Routers)

Syntax (QFX Series)

Syntax (Junos OS Evolved)

Description

Junos OS のプロセスを再起動します。

注意:

カスタマーサポートエンジニアから指示されない限り、ソフトウェアプロセスを再起動しないでください。再起動によって、ルーターまたはスイッチが停止と割り込み伝送をドロップすることがあります。その結果、データの損失が発生する可能性があります。

Junos OS 進化するためにrestart 、このコマンドは依存型アプリケーション (アプリ) の再起動もトリガーします。どの依存アプリケーションが再開されているかを通知するために、 restart次のメッセージがコマンドの使用時にログに記録されます。

App restarting <app name>. Related apps that may be impacted - <related-app name> 。たとえば、以下のように記述します。 Jan 14 11:42:08 RE0 sysman[5100]: SYSTEM_APP_RESTARTING_WITH_RELAPPS_EVENT: App restarting re0-ifmand. Related apps that may be impacted - aggd

Evolved Release Junos OS 20.1R1で、指定してアプリケーションをプラットフォームで実行するはずがなされている場合、次のようなエラー restart app-name メッセージが表示されます。

このrestartコマンドは、現在のプラットフォームで不要なアプリケーションを含むすべてのアプリケーション名を拡張します。そのため、ユーザーは、現在のプラットフォームで実行されていないアプリケーションの再起動を試みることができます。このエラーメッセージは、アプリケーションがシステム上で実行されていないため、再起動に失敗したということを伝えます。

Options

なし

gracefully同じです。

アダプティブサービス

ナアダプティブ・サービス・ PIC で、ステートフルファイアウォール、ネットワークアドレス変換 (NAT)、侵入検知サービス (IDS)、IP セキュリティ (IPsec) サービスの設定を管理する構成管理プロセスを再起動します。

すべてシャーシ

(TX マトリクスおよび TX マトリクスプラスルーターのみ)ナすべてのシャーシでソフトウェアプロセスを再起動します。

すべての lcc

(TX マトリクスおよび TX マトリクスプラスルーターのみ)ナTX マトリクスルーターの場合、TX Matrix ルーターに接続されているすべての T640 ルーター上でソフトウェアプロセスを再起動します。TX Matrix Plus ルーターでは、TX Matrix + ルーターに接続されたすべての T1600 ルーター上でソフトウェアプロセスを再起動します。

すべてのメンバー

(MX シリーズルーターのみ)ナバーチャルシャーシ構成のすべてのメンバーのソフトウェアプロセスを再起動します。

すべての sfc

(TX マトリクスプラスルーターのみ)ナTX マトリクスプラスルーターの場合は、TX マトリクスプラスルーター (またはスイッチファブリックシャーシ) のソフトウェアプロセスを再起動します。

ブランコ pd-サービス

ナ特別なインターネットグループ管理プロトコル (IGMP) セッションと連携して、拡張可能な方法でアウトゴーイングインターフェイスマッピングイベントを収集するために、アクセスノード制御プロトコル (お互いの通信) プロセスを再起動します。

アプリケーション識別

ナ侵入検知と防御 (IDP) を使用しているアプリケーションを特定するプロセスを再開し、標準または非標準のポートで実行されているアプリケーションに基づいてトラフィックを許可または拒否します。

アプリケーション セキュリティ

(オプション)アプリケーション セキュリティ プロセスを再起動します。

監査プロセス

ナ一般的なネットワーク監視、分析、および追跡に使用できる統計データを収集する RADIUS アカウンティングプロセスを再起動して、アクセスされる時間や種類に基づいてユーザーに課金します。

自動構成

ナインターフェイスの自動構成プロセスを再起動します。

自動インストール

(EX シリーズスイッチのみ)ナ自動インストールプロセスを再起動します。

bbe stats-service

(MX シリーズルーターのみ)ナA: statsd を再起動します。 BBE 統計の収集および管理プロセスを実行します。

専用ポータル-コンテンツ配信

(オプション)加入者の最初の Web ブラウザー セッションがリダイレクトされる場所を指定して、HTTP リダイレクト サービスを再起動し、最初のプロビジョニングとサービス選択を加入者に対して有効にします。

ce-l2tp-service

(M10、M10i、M7i、MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)L2TP(ユニバーサル エッジ レイヤー 2 トンネリング プロトコル)プロセスを再起動します。このプロセスでは、L2TP トンネルを介して L2TP トンネルと PPP(Point-to-Point Protocol)セッションが確立されます。

シャーシ制御

ナシャーシ管理プロセスを再起動します。

サービスのクラス

(オプション)ルーターやスイッチのネットワーク設定をCoSするサービス クラス(CoS)プロセスを再起動CoSします。

clksyncd-サービス

ナ同期イーサネット (SyncE) を使用する外部クロック同期プロセスを再起動します。

commitd-service

(オプション)コミットされたサービスを再起動します。

データベースのレプリケーション

(EX シリーズスイッチと MX シリーズルーターのみ)ナデータベースの複製プロセスを再開します。

datapath-trace-service

ナパケットパストレースプロセスを再起動します。

列挙

(EX シリーズスイッチのみ)ナ動的ホスト構成プロトコル (DHCP) サーバーのソフトウェアプロセスを再起動します。DHCP サーバーは、ユーザーが介入することなく、ネットワーク IP アドレスを割り当て、クライアントのホストに構成設定を配信します。

dhcp-サービス

ナ動的ホスト構成プロトコルプロセスを再起動します。

ダイヤラーサービス

(EX シリーズスイッチのみ)ナISDN ダイヤルアウトプロセスを再起動します。

直径-サービス

ナ直径プロセスを再起動します。

ディスク監視

ナルーティングエンジンのハードディスクドライブの状態をチェックするディスクの監視を再起動します。

dlsw

(QFX シリーズのみ)ナデータリンクスイッチング (DLSw) サービスを再起動します。

dot1x-protocol

(EX シリーズスイッチのみ)ナポートベースのネットワークアクセスコントロールプロセスを再起動します。

ダイナミックフローキャプチャ

ナ監視サービス III PICs の DFC 設定を制御する、ダイナミックフローキャプチャ (DFC) プロセスを再開します。

ecc-エラーロギング

ナエラーチェックと修正 (ECC) プロセスを再開します。これにより、ルーティングエンジンのメモリに ECC パリティエラーが記録されます。

イーサネット接続-障害管理

ナ802.1 ag の運用、管理、管理 (OAM) の接続障害管理 (CFM) データベース情報を IEEE 提供するプロセスを再開するには、CFM セッション内の CFM の保守関連エンドポイント (MEPs) を使用します。

イーサネット-リンク障害管理

(EX シリーズスイッチと MX シリーズルーターのみ)ナイーサネットインターフェイスの OAM link fault management (LFM) 情報を提供するプロセスを再起動します。

イーサネットスイッチング

(EX シリーズスイッチのみ)ナイーサネットスイッチングプロセスを再起動します。

イベント処理

ナイベントプロセス (eventd) を再起動します。

拡張可能な加入者サービス

(オプション)拡張可能な加入者サービス プロセスを再起動します。

ファイバチャネル

(QFX シリーズのみ)ナファイバーチャネルのプロセスを再起動します。

fipsd

(オプション)fipsd サービスを再起動します。

ファイア

ナファイアウォールの設定を管理するファイアウォール管理プロセスを再起動して、ルーターまたはスイッチ上でインターフェイスとしてはしているパケットを許可または拒否できます。

一般-認証-サービス

(EX シリーズスイッチと MX シリーズルーターのみ)ナ一般的な認証プロセスを再起動します。

gprs プロセス

(オプション)汎用パケット無線サービス(GPRS)プロセスを再起動します。

まま

ナソフトウェアプロセスを再起動します。

iccp-サービス

ナシャーシ間通信プロトコル (ICCP) プロセスを再起動します。

idp ポリシー

ナ侵入検出と防御 (IDP) プロトコルプロセスを再起動します。

同時

ナ直ちにソフトウェアプロセスを再起動します。

インターフェイスコントロール

(オプション)ルーターやスイッチの物理インターフェイス デバイスおよび論理インターフェイスを制御するインターフェイス プロセスを再起動します。

Ipmi

(オプション)インテリジェントなプラットフォーム管理インターフェイス プロセスを再起動します。

ipsec の鍵管理

ナIPsec キー管理プロセスを再起動します。

isdn 信号

(QFX シリーズのみ)ナIsdn シグナリングプロセスを再起動します。

jflow-service

(オプション)jflow サービス プロセスを再起動します。

jnu-management

(オプション)jnu 管理プロセスを再起動します。

jnx-jcd-service

(オプション)jnx サービス プロセスを再起動します。

jsrp-service

(オプション)シャーシ クラスタリングをジュニパー制御する jsrdp(Services Redundancy Protocol)プロセスを再起動します。

カーネルの状態監視

ナカーネルのコンポーネントからデータ収集アプリケーションに正常性パラメーターデータを送信できるように、ルーティングエンジンカーネルヘルスモニタリングプロセスを再起動します。を介してsysctl kern.jkhmd_polling_time_secsポーリングインターバルを変更した場合、新しいポーリング間隔を有効にするために、カーネルヘルスモニタリングプロセスを再起動する必要があります。

カーネルレプリケーション

ナグレースフルルーティングエンジンスイッチオーバー (GRES) が設定されている場合、バックアップルーティングエンジンの状態を複製するカーネルレプリケーションプロセスを再起動します。

l2-learning

ナレイヤー2アドレスフラッディングと学習プロセスを再起動します。

l2cpd-service

ナレイヤー2プロトコルトンネリングや無着陸ブリッジなどの機能を有効にするレイヤー2制御プロトコルプロセスを再起動します。

l2tp-service

(M10、M10i、M7i、MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)レイヤー 2 トンネリング プロトコル(L2TP)プロセスを再起動します。このプロセスでは、ネットワーク全体で PPP(Point-to-Point Protocol)トンネルを確立するためのクライアント サービスを設定し、マルチリンク PPP が実装されている場合はネゴシエートします。

l2tp-universal-edge

(MX シリーズルーターのみ)ナL2tp トンネルを介して l2tp トンネルと PPP セッションを確立する L2TP プロセスを再起動します。

lacp

ナリンクアグリゲーション制御プロトコル (LACP) プロセスを再起動します。LACP は、リンク上のパートナーシステム間で情報を交換し、リンクが属している LAG のアイデンティティについてリンクアグリゲーションコントロールインスタンスが同意を得られるようにするための標準化された手段を提供し、その後、リンクをその LAG に移動して、リンクの伝送と受信のプロセスが適切な方法で機能するようになります。

lcc 番号

(TX マトリクスおよび TX マトリクスプラスルーターのみ)ナTX マトリクスルーターの場合、TX Matrix ルーターに接続されている特定の T640 ルーターについて、ソフトウェアプロセスを再起動します。TX Matrix Plus ルーターでは、TX マトリクスプラスルーターに接続されている特定のルーターに対して、ソフトウェアプロセスを再起動します。

デバイス の設定 に応じて、番号を以下の値LCCします。

  • 0 ~ 3 は、T640 ルーターがルーティングマトリクスの TX マトリクスルーターに接続されている場合に使用します。

  • 0 ~ 3 は T1600 ルーターがルーティングマトリクス内で TX マトリクスプラスルーターに接続されている場合に使用します。

  • 0 ~ 7 は、T1600 ルーターがルーティングマトリクス内の 3D SIBs で TX マトリクスプラスルーターに接続されている場合に使用します。

  • 0、2、4、または 6 (T4000 ルーターがルーティングマトリクス内の 3D SIBs で TX マトリクスプラスルーターに接続されている場合。

ライセンスサービス

(EX シリーズスイッチのみ)ナ機能ライセンス管理プロセスを再起動します。

リンク管理

(TX マトリクスおよび TX マトリクスプラスルーターと EX シリーズスイッチのみ)ナLMP 制御チャネルを確立して維持するために、Link Management Protocol (LMP) プロセスを再起動します。

lldpd-サービス

(EX シリーズスイッチのみ)ナリンクレイヤー発見プロトコル (LLDP) プロセスを再起動します。

地元の

(MX シリーズルーターのみ)ナローカルバーチャルシャーシメンバーのソフトウェアプロセスを再起動します。

ローカルポリシーの意思決定機能

ナローカルポリシー決定機能のプロセスを再開します。これにより、アプリケーションやアプリケーショングループに関連する統計の収集と、動的加入者や静的インターフェイスに関する情報の追跡が可能になります。

論理システム サービス

(オプション)論理システム サービス プロセスを再起動します。

mac 検証

ナMX シリーズルーターの動的プロファイルで、demux インターフェイス上に作成された加入者インターフェイスの検証 MAC アドレスを構成する、Media Access Control (MAC) 検証プロセスを再起動します。

メンバー メンバー ID

(MX シリーズルーターのみ)ナバーチャルシャーシ構成の特定メンバーのためにソフトウェアプロセスを再起動します。またmember-id01の値で置き換えます。

mib プロセス

(オプション)ルーターの管理情報ベース II MIB II エージェントを提供する、ソフトウェア リリース(MIB)バージョン II を再起動します。

モバイル ip

ナモバイル IP プロセスを再起動します。これにより、モバイル IP の Junos OS 機能が構成されます。

mountd-サービス

(EX シリーズスイッチと MX シリーズルーターのみ)ナNFS マウントリクエスト用のサービスを再起動します。

mpls-traceroute

ナMPLS 定期 Traceroute プロセスを再起動します。

mspd

ナマルチサービスプロセスを再起動します。

マルチキャスト・スヌーピング

(EX シリーズスイッチと MX シリーズルーターのみ)ナマルチキャストスヌーピングプロセスを再起動します。これにより、VLAN スイッチなどのレイヤー2デバイスがマルチキャストグループのメンバーのメディアアクセス制御 (MAC) アドレスなどのレイヤー3情報を認識できるようになります。

名前付きサービス

ナルーターまたはスイッチによって使用される DNS サーバープロセスを再開し、ホスト名をアドレスに解決します。

ネットワークアクセスサービス

( QFX シリーズのみ)(オプション)ルーターの Challenge Chap(ハンドシェイク認証プロトコル)認証サービスを提供するネットワーク アクセス プロセスを再起動します。

ネットワーク セキュリティ

(オプション)ネットワーク セキュリティ プロセスを再起動します。

network-security-trace

(オプション)ネットワーク セキュリティ トレース プロセスを再起動します。

nfsd-サービス

ナリモート NFS サーバープロセスを再起動します。これにより、NFS ベースのトランスポートを必要とするアプリケーションにリモートファイルアクセスが可能になります。

ntpd-service

(オプション)NTP(Network Time Protocol)プロセスを再起動します。

パケットトリガーされた加入者数

ナパケットトリガー加入者およびポリシー制御 (PTSP) プロセスを再起動して、加入者終了デバイスによって制御される動的加入者にポリシーを適用できるようにします。

ピア選択-サービス

ナピア選択サービスプロセスを再開します。

pgcp-サービス

ナルーティングエンジンで実行されている pgcpd サービスプロセスを再起動します。このオプションは、モバイルステーション PICs で実行されている pgcpd プロセスを再起動するものではありません。モバイルステーション PICs で実行されている pgcpd プロセスをservices pgcp gateway再開するには、このオプションを使用します。

pgm

ナマルチキャストパケットの信頼性の高い配信を支援するために、実践的な汎用マルチキャスト (PGM) プロトコルを実装するプロセスを再起動します。

pic サービス-ロギング

ナいくつかの PICs について、ロギングプロセスを再開してください。このプロセスは、fsad (ファイルシステムアクセスデーモン) としても知られており、ハードディスクへのアーカイブ用に特別なログ情報をルーティングエンジンに送信しています。

pki-サービス

ナPKI サービスプロセスを再起動します。

ppp

ナポイントツーポイントのリンクに IP トラフィックを転送するためのカプセル化プロトコルプロセスである PPP (Point-to-point プロトコル) プロセスを再起動します。

ppp-サービス

ナユニバーサルエッジルーター全体に IP トラフィックを転送するカプセル化プロトコルプロセスであるユニバーサル境界 PPP プロセスを再起動します。

pppoe

ナPPPoE (Point-to-point Protocol over Ethernet) プロセスを再起動します。これは、通常、ブロードバンド接続を介して実行される PPP とイーサネットリンクレイヤープロトコルを組み合わせ、ブリッジまたはアクセスコンセントレーターを介してホストのネットワークに接続することを可能にします。

profilerd

(オプション)プロファイラ プロセスを再起動します。

保護されたシステム-ドメインサービス

ナ保護されたシステムドメイン (PSD) プロセスを再起動します。

冗長化インターフェイスプロセス

ナASP の冗長化プロセスを再開します。

リモート運用

ナPing と traceroute Mib を提供するリモート運用プロセスを再起動します。

rest-api

(オプション)残りの api プロセスを再起動します。

ルート・システム・ドメイン・サービス

ナルートシステムドメイン (RSD) サービスを再起動します。

ルーティング

(ACX シリーズルーター、QFX シリーズ、EX シリーズスイッチ、MX シリーズルーターのみ)ナルーティングプロトコルプロセスを再起動します。

ルーティング<論理システム名のルーティング>

ナルーターまたはスイッチ上で実行されるルーティングプロトコルを制御し、ルーティングテーブルを維持するルーティングプロトコルプロセスを再起動します。必要に応じて、指定した論理システムのルーティングプロトコルプロセスのみを再起動します。

サンプリング

ナ特定の入力インターフェイスとパケットヘッダー内のさまざまなフィールドに基づいてパケットサンプリングを実行するサンプリングプロセスを再開します。

サンプリング ルートレコード

(オプション)サンプリング ルート レコード プロセスの再起動

sbc 構成プロセス

ナ境界信号ゲートウェイ (BSG) のセッション境界コントローラ (SBC) プロセスを再起動します。

scc

(TXマトリクス ルーターのみ)(オプション)TXマトリクス ルーター(またはスイッチカード シャーシ)でソフトウェア プロセスを再起動します。

scc シャーシ

(オプション)scc シャーシ プロセスを再起動します。

sdk-サービス

ナSdk サービスプロセスを再起動します。これは、ルーティングエンジンで実行され、SDK アプリケーションと Junos OS 間の通信を担当します。SDK サービスプロセスはルーター上に存在していますが、デフォルトでは無効になっています。

secure-近傍検索

(QFX シリーズ、EX シリーズスイッチ、MX シリーズルーターのみ)ナNdp (secure Neighbor Discovery Protocol) プロセスを再起動します。これにより、NDMP p メッセージの保護がサポートされます。

セキュリティ インテリジェンス

(オプション)セキュリティ インテリジェンス プロセスを再起動します。

セキュリティログ

(オプション)セキュリティ ログ プロセスを再起動します。

sfc 番号

(TX マトリクスプラスルーターのみ)ナTX マトリクスプラスルーター (またはスイッチファブリックシャーシ) 上でソフトウェアプロセスを再起動します。とnumber0置き換えます。

サービス導入

ナサービスの導入プロセスを再開すると、セッションとリソースコントロール (SRC) ソフトウェアを使用して Junos OS を実行できます。

サービス

ナサービスを再起動します。

サービスpgcpゲートウェイ ゲートウェイ名

ナMS PIC で実行されている特定の境界ゲートウェイ機能 (BGF) に対して pgcpd プロセスを再起動します。このオプションは、ルーティングエンジンで実行されている pgcpd プロセスを再起動するわけではありません。ルーティングエンジンで pgcpd プロセスを再開するには、 pgcp-serviceオプションを使用します。

sflow-サービス

(EX シリーズスイッチのみ)ナフローサンプリング (sFlow テクノロジ) プロセスを再起動します。

simple-mail-client-service

(オプション)シンプルなメール クライアント サービス プロセスを再起動します。

snmp

(オプション)SNMP プロセスを再起動します。これにより、ネットワーク デバイスを一か場所から監視できます。これにより、ルーターまたはスイッチの SNMP マスター エージェントが提供されます。

ぼかし

ナソフトウェアプロセスを完全に再起動せずに、構成を再度読み取って再アクティブ化します。たとえば、BGP のピアは維持され、ルーティングテーブルは常に変化しません。このオプションを省略すると、ソフトウェアプロセスが正常に再起動されます。

スタティック ルート

(オプション)スタティック ルート プロセスを再起動します。

静的加入者

ナ静的加入者プロセスを再起動して、加入者を静的に構成されたインターフェイスに関連付け、これらの加入者に対して動的なサービスのアクティブ化とアクティブ化を提供します。

統計情報-サービス

ナパケット転送エンジン統計情報を管理するプロセスを再起動します。

加入者管理

ナ加入者管理プロセスを再起動します。

加入者管理ヘルパー

ナ加入者管理ヘルパープロセスを再起動します。

システムログバイタル

(オプション)システム ログの重要なプロセスを再起動します。

トンネル oamd

ナトンネル OAM プロセスを再起動します。これにより、レイヤー2のトンネリングされたネットワークの運用、管理、保守が可能になります。L2PT(レイヤー 2 プロトコル トンネリング)を使用すると、サービス プロバイダは、プロバイダの クラウド を通してレイヤー 2 プロトコル データ ユニット( PDUs)を送信し、ローカルブロードキャスト ドメインの一部ではない ジュニパーネットワークス EX シリーズ イーサネット スイッチ にレイヤー 2 データ ユニットを配信できます。

uac-サービス

(オプション)UAC(統合型アクセス コントロール)プロセスを再起動します。

usb 制御

(MX シリーズ ルーター)(オプション)USB制御プロセスを再起動します。

ユーザー広告認証

(オプション)ユーザー広告の再起動 認証プロセス

vrrp

(ACX シリーズルーター、EX シリーズスイッチ、MX シリーズルーターのみ)ナ仮想ルーター冗長化プロトコル (VRRP) プロセスを再起動します。これにより、LAN 上のホストが、ホスト上の単一デフォルトルートの静的構成を必要とせずに、LAN 上で冗長化ルーティングプラットフォームを使用できます。

web 管理

(QFX シリーズ、EX シリーズスイッチ、MX シリーズルーターのみ)ナWeb 管理プロセスを再開します。

Required Privilege Level

変更

Output Fields

このコマンドを入力すると、リクエストのステータスに関するフィードバックが提供されます。

Sample Output

restart interfaces

restart interface-control gracefully

restart interface-control (Junos OS Evolved)

Release Information

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド

追加されるオプション:

  • dynamic-flow-captureJunos OS リリース7.4 にあります。

  • dlswJunos OS リリース7.5 にあります。

  • event-processingJunos OS リリース7.5 にあります。

  • pppJunos OS リリース7.5 にあります。

  • l2aldJunos OS リリース8.0 にあります。

  • link-managementJunos リリース8.0 にあります。

  • pgcp-serviceJunos OS リリース8.4 にあります。

  • sbc-configuration-processJunos OS リリース9.5 にあります。

  • services pgcp gatewayJunos OS リリース9.6 にあります。

  • sfcまたall-sfc 、Junos OS リリース9.6 の TX マトリクスルーターを対象としています。

  • デバイス上でリリース9.2 Junos OS前に導入SRX シリーズされたコマンド。

  • bbe-stats-serviceJunos OS は、MX シリーズルーター上で 18.4 R1 を解放します。

  • kernel-health-monitoringJunos OS リリース 19.1 R1 に搭載されています。

  • Junos OS 進化したリリース 19.1 R1 で導入されました。